見出し画像

083  あったかおうどん

年中無休でうどんがすきです。
すこし透き通るような色の出汁はじんわりと体をあたためてくれます。
麺はつるりと口の中をすべって、あっという間に胃におさまります。
うどんは遠慮しません。初対面でも、いつも親しくしてくれます。

暑い季節でも、あたたかいうどんを好んで食べる私にとって、秋冬の空気が冷たくなる季節はうれしいものです。これで心おきなくあたたかいうどんを食べられる!

きつねうどんやたまごうどんは定番で。
天ぷらやお肉はお腹がすいたときに。
とろろやおもちを入れたらやさしい気持ちに。
食欲があってもなくても食べられるうどんは大らかで、家にあると安心する存在です。

私は、おばあちゃんが作ってくれるうどんが大好きでした。
おつゆは、かつおぶしと昆布で出汁をひいて、お醤油で仕上げていました。
おもちも天ぷらも入っていないけれど、わかめとかまぼことねぎをどっさり入れたシンプルなうどんは、身に染みる美味しさでした。

おばあちゃんは、おつゆを作るときに出汁をたくさんひいていたので、うどんが入っているどんぶりにはいつもこぼれそうなくらいギリギリまで汁が入っていました。
「でも、足りないよりはいいでしょう?」
そう言いながら、ゆっくりと出してくれていました。

おばあちゃんが亡くなって、家の整理をしていたら、押し入れからだしをひくための乾物とお砂糖、お塩など日持ちする食品が大量に出てきました。戦争を経験しているおばあちゃんは、日持ちするものをたくさん蓄えていたのです。

「足りないよりはいいでしょう?」
そんな声が聞こえた気がしました。
足りないときを知っているおばあちゃん。平和はとてももろくて、決して当たり前ではないということを知っているおばあちゃん。そんなおばあちゃんは、もしものことがあっても、食べるものがなくならないよう備えてくれていました。

--------------------

さてさて、今日もお昼にうどんを食べます。
時間があるときは出汁をひきますが、ないときは楽ちんなレトルトを使うこともあります。おばあちゃんのうどんの味には到底およばないけれど、自分なりに工夫をしたうどんです。きょうもしみじみおいしいうどんを食べて、しっかりと体があたたまれば、午後からもきっとがんばれます。

今回も、最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

--------------------
きょうのイラスト通信

画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。ポタージュを食べたくなる季節ですね。
23
趣味は読書とお絵かき。マイペースな会社員です。 今日もゆるりと楽しく暮らしましょ♫Twitterはじめました→ https://twitter.com/fumu_moku

コメント2件

初めまして。松笹と申します。
いつもふむふむともくもくのこと様の柔らかで温かな文章に勇気づけられております。今回のおうどんの文章にとても共感し、衝動的にメッセージを書いてしまいました。
常日頃おうどんに対して漠然と抱いていた安心感や包容力が、より具体的に感じられて頼もしい気持ちになりました。
またお祖母様が作られていたおうどんを想像してみたり、自分の記憶の中にある和やかな食卓のおうどんを想像したりと、暫し楽しい時間に浸ることができました。
これからもふむふむともくもくのこと様の作品を拝読出来ればと思います。寒さの厳しい折ですが、どうぞご自愛ください。
長文失礼致しました。
>>松笹さん
こんばんは。はじめまして。
とてもうれしいコメントありがとうございます。
ここ最近、情けないことに本業に追われてしまい、文章も絵も少しずつしか進められませんでした。
そのことを歯痒く思いながらもこつこつと創作を続け、ようやく投稿できた記事に素敵な感想を寄せていただいて、しあわせな気持ちになりました。
いそがしくても、それで多少心がささくれても、やはり「かくこと」は楽しくてやめられません。
わくわくしながら書かずにはいられなかったイラストと文章を楽しんでいただけたことは、このうえない喜びです。
これからもマイペースに更新していきますね。
ありがとうございました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。