見出し画像

田沼武能写真展*

世田谷美術館で開催されている、田沼武能さんの写真展に行ってきました。
主な内容は1948年〜1964年の東京。戦後間もない頃の戦災孤児、コンクリートの敷かれていないぬかるんだ地面、開発に伴う環境汚染、そしてテレビの登場によって一変した人々の生活など…、たった70年でこんなにも私たちを取り巻く環境は変わっていったのだなと改めて思いました。
写真家として、あの頃の「日常」をしっかりと撮り残し、現代に伝えておられることに感化されました。毎日見ているものも、未来や過去から見たら特別なもの。常に新しい目で世の中を見ていたいし、それをきちんと撮れるようになりたいです。

ちなみに田沼さん、世田谷にも縁があったとか(^^)ちょっと親近感がわきました♪

美術館の詳しい情報↓
https://www.setagayaartmuseum.or.jp/exhibition/special/detail.php?id=sp00192

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

やったー(*'ω'*)
4
フリーランスのカメラマン。仕事の傍ら、他民族同士が共生するスリランカの村や、自然に溶け込むようなガラス作品を撮影しています。ポートフォリオサイトはこちら☞ http://fumikaseno.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。