見出し画像

優れた編集者は「引き算の技術」「割り算の技術」を持っている

興味のある情報であるのにも関わらず、その情報量の多さゆえにウッとなってしまうことが、たまにある。

今回は、優れた編集者は、そのウッを「引き算の技術」と「割り算の技術」で上手に取り除いているのではないか、という考察コラムである。

そもそも、そのウッの正体とはなんだろう。

例えば、長野県出身の私は、東京に初めて上京した時、景色の情報量が多すぎてウッ!!!となった。一つ一つの情報が新鮮でキラキラしていたからこそ、総カロリーの多さに脳がシャットダウンしそうになった。

その後、全ての情報になんて目を向けなくて良い、と割り切って何とかなっているのだが。

あと、それに似た気持ちが実家でもあって、ばあちゃんが出す飯が、結構そんな感じだったりする。美味いんだけど、多い。これは情報というか、単に飯の量だけれど。

つまり、一般化するとこういうことだ。「一つ一つの質は高くても、量が多すぎて、質を殺してしまっていること」が往々にしてある。これは非常に勿体ない。

だからこそ、メディアを扱う編集者は、読み手にとって余計な情報を削ぎ落とす「引き算の技術」が大事なのだと最近は痛感する。

引き算の技術

情報は、それ単体では文脈を持たない。情報を加工し、意味を持たせて言説にする。その言説を紡ぎあわせて、物語にする。そこに価値の拡張がある。

情報の編集者は、価値の拡張、すなわち「足し算の技術」と、その先にある「引き算の技術」を同時にやってのけなければならない。その二つを同時に出来てこそ、編集者であり、そこにシビれて憧れるのではないだろうか。

ちなみに、「足し算の技術」は比較的簡単だ。データを引用してきたり、修飾語を重ねれば、簡単に文字数を重ねることが可能だ。そこに高度なテクニックは要求されない。

しかし、「引き算の技術」はそうもいかない。文脈の中に本質を見出して、その本質の価値を最大化するために、適切に、余計な贅肉を削ぎ落とさなければならない。

誤って本質の部分を削ぎ落としてしまうと致命傷だ。文脈における、心臓や五臓六腑の位置を明確にした上で削ぎ落とす必要がある点で、「引き算の技術」には高度な観察力が求められる。

私が思う「優れた編集者」は、この「引き算の技術」がメチャクチャに上手い。更に言えば、診察のスピードも早い。「あー、ここが贅肉ですね」と、文章を流し読みするだけで分かったりする。

割り算の技術

ここからは「足し算」「引き算」からコンテンツ方面に発展した話をしてみたい。優れた編集者は「引き算の技術」だけでなく「割り算の技術」も持っているのではないか、という考察だ。

編集者は発想力に優れている傾向がある。コンテンツを作る上で、「ここ、あのアイデア使えるんじゃないか?」とか「ここ、このブームに乗っかった表現をすれば話題になるんじゃないか?」という発想は次から次へと出てきている(はずだ)。

しかし、作品に対して、思いついたことをアレもコレもと試してしまうようであれば、その編集者は「ただの試したがり」に成り下がってしまう。

もちろん、アイデアとアイデアを掛け合わせる「掛け算の技術」も、秀逸な作品を生み出す上で非常に重要と思う。

けれど、編集者は「割り算の技術」を掛け算以上に大事にする必要があるのではないかと思っている。

まず、「割り算の技術」とはどういう力かを私なりに定義しておきたい。「割り算の技術」とは、作品の魅力を薄めないように、「ヨソはヨソ、ウチはウチ」と割り切る能力だ。

例えば、あの大人気漫画「ワンピース」が「謎解き海賊ギャグアドベンチャー」みたいなジャンルだったら、みんな「はい???」となるだろう。男子中学生の作る合成ドリンクバーかよ、となる。

「一体、どんなマンガなの?」「色々と詰め込みすぎて、よく分からない」という印象だけが残り、ワンピースという作品が本来持つ魅力は伝わってこない。

これは、就活シーンで自分をプレゼンする時にも、企業の事業展開にも言えることだけれど、「魅力は、絞らないと、尖らない」。それは割と真理だと思っている。

アレもコレもと手を出してしまう欲望を抑えて、本質を見極めて、グッと割り切る。「割り算の技術」は、文字通り、思い切って割り切る力が寛容なのだ。

優れた作品を生み出す編集者は、今回定義した「引き算の技術」と「割り算の技術」を駆使している。周囲の編集者の皆様を見渡していると、そう感じる。

「足し算」や「掛け算」が得意なタイプにとっては簡単なことではないけれど、意識して「引き算」と「割り算」の力を手に入れれば、更に魅力あるコンテンツ制作が出来るのではないだろうかーーー。

という訳で、ローカルメディアの副編集長として気付いた編集論は以上です。まだ、というか、いつまでも発展途上の身なので、また気付いた点、やっぱ違うかもと思った点があればコラムを更新します。

現場からの発見は以上です。それでは。


#コンテンツ会議 #コラム #編集




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。頂いたサポートは、他のクリエイターさんの応援につなげていこうと思います。そうしたクリエイター同士の経済応援の循環が出来ると良いですよね。

嬉しいです…!
104
ライター/イラストレーター。エッセイ/コラム/イラスト/マンガなどの制作物をポートフォリオとしてマガジンにまとめながら、販売もしています。長野県出身在住。Mail:yamaoide@gmail.com

コメント2件

『必要なものは全てあり、不要なものは何ひとつない』
好きデザイン哲学の言葉です。スウェーデンの時計屋さんの。
引き算 と 割り算 の違いが 私には良くわからなかったのですが その点以外は理解できて、勉強になりました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。