収入をあげるために必要なこと

藤原です。

今年からお付き合いさせていただく方が
ガラッと変わりました。

・年商10億円規模の経営者

・年商5億円規模の経営者

と、一気にお付き合いしていただく方の
ステージが変わったんですね。


で、話す内容もどちらかというと、
プロモ全体の話だったり、
事業拡大の話だったりします。

会話の中で、
数百万円代の話は一切でこなくて、
最低でも数千万円で、数億円とか、、、

そんな金額ばかり聞いています。

ただ、これって収入を
あげるためにはすっごく大事。

というのも、

お金の価値観をぶち壊さなければ
収入をあげることはできないからです。

だって毎日、10億円、5億円、1億円、
5000万円という数字を聞いてみてください。


おそらく月収50万円という数字が
ものすご〜く小さく感じるはずです。

すると、
月収50万円が遠く感じていたのが、

「月収50万円なんて当たり前だろ」

みたいな感覚になるんですね。


例えば、
僕と同じ師匠から学んでいる人の場合。

まず師匠が
セールスコピーライターとして
1億円に届く勢いです。

その時点で、正直意味がわからないんですね。

だって、世間では

年収1000万円で成功!

みたいな感じがあるじゃないですか。

その10倍ですからね^^;

なので、
それが基準となりますから、

月収10万円、15万円とか
本当に情けなくなるんですよ。

僕も月商200万円に到達した時に、
一緒に学んでいる方とお話しすると、
相手は確実にお金の価値観が変わっていました。

月収30万円を目指していた方が
会話を終える頃には、

目標が月収100万円に
なっていたりするわけです。

このように大きな金額を耳に入れて
意識することはとても重要なのです。

昨日、ダイレクト出版・代表取締役の
小川さんのYouTubeをみていました。

セミナーの一部を
公開しているものだったんですが、

テーマは

「競合が自分を作る」

とかそんな感じだったと思います。

その話の内容は、

「隣のライバルを意識して何になる?」

という話でした。

どういうことかというと、
隣のライバルを基準にすると

自分の基準は
ライバルの基準になるんですね。

つまり、どんぐりの背比べです。

ですから、小川さんは
こんなことを言っていました。

業界トップ、
もしくは今後ライバルに
なり得る企業はどこか?


それがあなたのライバルです、と。

例えば、ダイレクト出版は
創業当初にベンチマークしていた企業は、
ユーキャンだったそうです。

そして、

今はベネッセやリクルートらしいです。

大企業をライバルに設定しているのです。

ダイレクト出版は
たしか累計で100億円を売り上げたと
数年前に言っていました。

(今はかなり売上も伸びているはず)

それに対して、
ベネッセやリクルートは
「兆」を超えるレベル。

このように大企業をライバルに設定すると、
間違いなく今のやり方では
ライバルとして並ぶことはできません。

だから、
行動の内容がガラッと
変わってきます。

なので、あなたも
現在意識しているところはどこなのか?

がとても重要なのです。

これはお金も目標も同じです。

さて、月収50万円なんか
ちっぽけに感じてきませんか?

だったら、
月収50万円をあっさり達成して、

100万円、200万円と
達成していきましょう。

それでは!

藤原

P.S

駆け出しセールスコピーライターのための
クライアント獲得術をメルマガでお伝えしています。


毎日のメールを読んで行動に起こすだけでも
今までより仕事を獲得できるはずです。


興味がある方は
こちらから今すぐ登録してください。

https://bit.ly/3uTH60x


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
小学5年生の時、クラスメイト30人の前で先生に作文を破られ、文章を書くことを放棄。 その約20年後、29歳でコピーライターを目指すも2年半で2万円しか稼げず... しかし、なぜかコピーライターとして活動中。 最高で20案件まで受けてさすがに無理だと思った経験あり。