見出し画像

U-12,U-15,U-18日本選手権開催について→大会名称を「ジュニアトレイルランチャンピオンシップ」と改めて開催します。

2020/11/29(日)更新
①大会名称を「ジュニアトレイルランチャンピオンシップ」と改めて開催します。
②12歳以下、15歳以下の2種に絞り開催します。
③21年のジュニアトレイルラン各大会の開催についてやなぜこうした取り組みをしようとしているか?を知っていただくのは重要だと思いますのでこちらの投稿は残します。*その他更新情報は新たに投稿するnoteをご覧ください。

先日触れた選手権開催について。
21年のスケジュールが少しづつ動き出してきたので、
参加資格や対象レースなどについてもこの投稿(2020/10/30)時点
出来る限りの発信をします。

2021年スケジュール


・1/31(日)  第2回YOKOSUKA Jr TRAILRUN in田浦・梅の里
・4月  第6回KANAGAWA Jr TRAILRUN in 逗子・神武寺
・5月  第7回YAMANASHI Jr TRAILRUN in 武田の杜
・9/26(日) 第6回NAGANO Jr TRAILRUN in 富士見高原
・10月 第13回TOKYO Jr TRAILRUN
・11月 逗子トレイル駅伝2021

参加資格

選手権該当レースまでにその年のジュニアトレイルラン
いずれかのレースに出場していること。

参加資格はこの1点です。
*駅伝種目での出場も参加資格を満たします。

開催の理由と目的

ジュニアトレイルランでは長年、未就学〜中学生までを対象に実施してきました。

しかし、小学校高学年あたりから部活や習い事、塾などで忙しくなり同時に小中学生の出場できる大会が限られていることからトレイルランニングを継続的に取り組むのは難しいのが現状です。

そこで、21年から日本選手権も行うこととしました。これによりジュニア世代のトレイルランニング人口の増加と盛り上がりを目指します。

また、ジュニアトレイルランに事前に1レース以上出場を求める理由は、あくまでもジュニアトレイルランは勝負だけではないからです。勝負だけでなく、山で気をつけることや強さと優しさを持ち合わせたそんな大人に育って欲しいと思い、ジュニアトレイルランを継続しています。ですので、そのエッセンスを理解してもらうために事前にいずれかのレースに参加することを要件として決めました。

U-12日本選手権について

11月の逗子トレイル駅伝もしくはそれ以降に個別で開催予定。

10月の東京大会までに1レース以上出場することが参加要件です。

対象学年:小学3〜6年生 *選手権は学年関係なく競います。

また、選手権出場希望者はその旨いずれかの大会にエントリーの際に
必ずFUJIO PROJECTまでご連絡ください。

なお距離は3~5km程度を想定しています。

U-15日本選手権について

10月の東京大会もしくはそれ以降に個別で開催予定。

9月の長野大会までに1レース以上出場することが参加要件です。

対象学年:中学1〜3年生 *選手権は学年関係なく競います。

また、選手権出場希望者はその旨いずれかの大会にエントリーの際に
必ずFUJIO PROJECTまでご連絡ください。

なお距離は4~6km程度を想定しています。

U-18日本選手権について

開催未定。対象学年:高校1〜3年生 *選手権は学年関係なく競います。


今後に向けて

2021年、今まで以上に子どもたちの目標になるように、
ジュニアトレイルランに出たい!!と思っていただけるように
よりエキサイティングで
もっともっと皆さんに楽しんでいただけるものを目指して行きます。

たくさんのエントリーをお待ちしています!!


最後まで僕のnoteを読んでくださりありがとうございます!!

「スキ」や「フォロー」していただけると励みになります。
過去のnote記事はこちら
instaアカウント:@fujiomiyachi

この記事が参加している募集

スキしてみて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでくださりありがとうございます。僕の経験や感じていること考えをいろいろと書いていきます。noteの記事を通じて一緒に楽しんでいただけたら嬉しいです!「スキ!」や「サポート」はとても励みになりますので、宜しければ応援の気持ちも込めてよろしくお願いします!

良い1日になりますように!!
6

こちらでもピックアップされています

ジュニアトレイルランとトレイルランニングの普及啓発について
ジュニアトレイルランとトレイルランニングの普及啓発について
  • 41本

僕のライフワークであるトレイルランニングの普及啓発と次世代育成について。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。