見出し画像

41歳キャピタリストが転職活動してみて思い知ったこと

みなさんこんにちは。ゲーマーキャピタリストのふっでぃ〜です。この4/26にリリースされるDay Goneが楽しみで仕方ありません。

さて、僕が働いているCVCが近々親会社に吸収合併され、スタートアップ投資事業から撤退することになりました。出資先の起業家にも多大なご迷惑がかかるし本当に残念なんですが、そんな状況をFacebookでつぶやいたところ、非常にありがたいことに友人知人から「それだったらウチのVC(CVC)受けてみたら?」とちらほらと声をかけていただくこことがあります。で、いざお話しを伺いに行っても、これから書く内容がネックになってなかなか話が進まないということが多いので、今後のためにもnoteに書いておこうと思います。

僕は今41歳なんですけど、例えばこれまでVC『だけ』やってきた人にとってはもうかなりのExitのトラックレコードなり大きなホームラン実績なりが出てて然るべき年齢なんですね。年だけ見ると。

しかしながら僕の場合は、大企業(日系・外資共に)に入ったり、VC出資のスタートアップに入ったり、それをM&Aで大企業にExitしてそこでPMIやったり、買収側に転籍してからは他のM&A案件もやったり、ついでに財務部門兼務しながら複数の新規事業開発やったり、そのうちの1つを実際に経営するなどして、色々と遠回りしてきた後にようやく2年前CVC設立でキャピタリストやってる状況なんですね。

だから総合格闘技と呼ばれるスタートアップ投資とか支援の領域では、これら随分と遠回りして実際に経験して得てきた知恵なり知識なりスキルなり人脈なりをフル動員して、ふんだんに惜しむことなくスタートアップに還元することでValue-upに貢献していきたい、延いてはLP投資家にも大きなリターンをお返ししたいと思っている次第なんですけど、41歳キャピタリストとしてのB/S、のように今ある断面だけ見られると正直キツいなと。

今まで好き勝手生きてきたせいで、こういう状況がむしろ不利になるんだなというのはまったく考えもしなかったので、市場の要請というか、要求というか、ようやく自分でも理解してきた感じではあります。恥ずかしながら。

何が言いたいかというと、「カラオケに行きたい」ということですね。できればCHAGE&ASKAと米米CLUBしばりがやりたいと思っていますけど、別にあいみょん歌われても大丈夫なんで、僕と一緒に行っても良いという方はぜひDMください。

あと上記のような僕でも興味があってちょっと話を聞いてみたいという希有なVC/CVCの方々はお気軽にご連絡くださると嬉しいです。その際は次の点には予め留意いただいてお声がけいただけるとありがたいです。

●キャピタリストとして『だけ』の経験は2年程度であること
●Exitのトラックレコードも担当7社のポートフォリオのうち2020年春にIPO見込の1社のみであること
●色々と(極めて有益な)経験をしてきているため既に41歳であること
●東大卒でもなく弁護士でもない、またアイビーリーグのMBAでもないこと

上記が直接的な障壁にならないVC/CVCのHR担当者さんがいらっしゃいましたらお気軽にご連絡ください。改めて詳細な職務経歴書をお返しいたします。連絡先は次の通りです。

[Facebook] https://www.facebook.com/hiroyuki.fujiwara
[Twitter] https://twitter.com/fuddy

そんなゴチャゴチャ言ってないで自分でLPまわってファンド立ち上げたらどうや?っていう指摘もまったくその通りなんですが、膝に矢を受けてしまってな・・・

--- 2019/5/6 追記 ---
ありがたいことに、お誘いいただいた数社の中から行き先を決定する段階になりましたので、上記募集はいったん終了とさせてください。色々とありがとうございました。今回はもう皆様に感謝しかありません。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポート代は大好きなスタートアップへの取材費に充てさせていただきます

ありがとうございます!これからも頑張ります!
12
1977年大阪生まれ。スタートアップと投資家のための学びの場を創ってます。GCP出資のスタートアップ(M&A Exit)からCVCを経由し再度スタートアップなのが今。工学部卒経営学修士。元プログラマーの元ベンチャーキャピタリスト。FC東京SOCIO12年目兼ビッグフレームス。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。