見出し画像

映画「ダークナイト」

友人に勧められて観てみたよシリーズ。第2弾。

第1弾はこちらのエントリーをどうぞ。

友人曰く、本作「ダークナイト」から面白さが段違いらしい。格段ってやつか。

それなりに期待して観てみたら期待通りの面白さ。なるほど。すごいね。

人間の内面に触れるシーンがさらに増えたような印象。悪役のセリフが自分を代弁しているような気持ちになったりならなかったり、その意味で感情移入の対象があちこちに移ろう映画である。

前作観たときも似てるなーって思ってたらやっぱゲイリー・オールドマンだった。「シド・アンド・ナンシー」最高だったな。

Amazonプライムじゃ観れないみたいね。権利関係なのかな。

「ダークナイト」に話を戻して。

なんかね、狂気に対する憧れめいたものがね、どうも心地悪いというか重いものをひとつ飲み込んだ気分というか、映画自体はとても面白く楽しめたんだけど、ちょっと独特の印象が残ったね。

あと、タイトルは夜のこと言ってるのかと思い込んでたけど違った。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
くわばらかずひろ(くわちゃん)

世界のゴキゲンが増えるといいなって考えたりしゃべったり書いたりしてます。ありがとうございます。

まじですか!うれしいです!
9
桑原和弘 職業=社長の相談相手 陽明学・交流分析・労働法務 のんきに過ごす ゲラゲラ笑う モリモリ食べる 株式会社フリスコ代表取締役 一般社団法人ストロークフルライフ協会代表理事 1969年1月広島生まれ https://kuwabarakazuhiro.com/