見出し画像

「リゾートでリモートワーク」だけが、ワーケーションではない、と気づいた話

こんにちは。昨夏、萩市で子連れワーケーションをして以来、すっかりハマっている編集部のコダマです。

いやはや、世の中予測不能とは言われますが、想定外だったのは、ここ最近のワーケーションの過熱ぶり。

それまで、「フリーランスだからワーケーション行けるんでしょ」と若干冷ややかな目を背中に感じながら、アウェイ環境の中で普及活動をしてきたわけですが、今年は、な、なんと、あの『現代用語の基礎知識』が選ぶユーキャンの「新語・流行語大賞」にもノミネートされているのだとか!!

スクリーンショット 2020-11-18 0.17.39

なんという追い風でしょう。まさか、「あつ森」や「アベノマスク」の対抗馬となるとは……。我が子の成長を見守る母のごとく、小鼻を膨らませている筆者なのでございます。

と、前置きはこれぐらいにして、今回、このコラムで何を伝えたいかと言うと、「ワーケーションをブームで終わらせたくない!」ってことなんです。

GO TOキャンペーン施策も重なって、SNSでワーケーション体験者の投稿を目にする機会も増えました。それはとっても喜ばしいこと。
ただ、日本において、まだワーケーションの定義が定まっていないうえに、それが浸透もしていないため、明らかに観光ツアーっぽいものがワーケーションツアーと謳われていたり、リゾートライフも満喫できて仕事の生産性も上がるあの働き方でしょ、と期待が大きく膨らみすぎてしまっていたり。
言葉だけが一人歩きしてしまっているように感じる、昨今です。

かく言う、私も先月まで、ワーケーションを「非日常の場で日常の仕事をリモートですること」と狭義に捉えていました。
気づいたのは、2泊3日の「ワーケーション視察ツアー@兵庫県新温泉町」にの参加したことがきっかけでした。

その気づきを与えてくれたのは、一緒に視察した仲間たちです。
参加した仲間は、普段の生活では出会えないような他業種の人たちばかりでした。寿司職人、日本酒ソムリエ、研修事業経営者、和菓子屋さん、映像クリエイター、音楽コンポーザーなど。その人たちにとってワークは、私の想像していたワークより、ずっとずっと広義だったのです。

寿司職人にとっては、地元の美味しい魚を発掘できることもワーク。
酒屋さん&日本酒ソムリエにとっては、地元の酒蔵をまわることもワーク。
音楽や映像クリエイターにとっては、地元でしか見られない景色や音と出会えることもワーク。
研修事業の経営者にとっては、地域課題を解決する研修の企画を発想することもワーク。

つまり、これだけ職種によってワークの定義が変わるのであれば、リモート環境の整備だけが、ワーケーション先の魅力向上に繋がるわけではないのです。もちろんリモート環境は大事。でも、それだけが最重要課題ではないのです。

その土地でしか見られない景色、音、匂い、光、空気、そして人との出会い。それらを、暮らしながら、働きながら、感じることができるのが、ワーケーションの真の価値であり魅力なのだと思いました。

以前、自治体の方に「どうしたらワーケーション先としての魅力が上がりますか?」と聞かれた際、リモート環境の重要性を語ってしまったことがありましたが、この場を借りてお詫びしたいと思います(ぺこり)。

「ワーケーション先として魅力的かどうか」は、職種によってさまざま。加えて、本人の捉え方次第でいくらでもワークにすることができることも分かりました。

たとえば、編集や執筆を生業にしている私の場合、地元の課題に触れたり、地元の面白い人と出会ったりする中から、新しい企画を発想することができました。

つまり、たとえリモート環境が現段階で十分に整っていなかったとしても、打ち出し方次第では、今のままで、誰かのワーケーション先候補になり得るのではないでしょうか(むしろ、リモートワーク環境を整備することだけに頑張ると、他の地方との差別化にならずに埋もれてしまうので危険!)。

ワーケーションの価値とは、「ワークとバケーション両方楽しんじゃおう」という表面的な話ではなく、越境経験をすることで、イノベーション創出だったり、社会課題解決だったり、もっともっと可能性を秘めたものなのだと思います。

そんなことを考えながら、昨日、「【働き方をアップデート!】ワーケーションって楽しいの?そのメリット・デメリット~働くを考えるvol.2」のイベントを拝聴。最近、noteの投稿を見つけて気になっていた、関西大学社会学部教授の松下慶太氏も登壇されていて、非常に面白い内容でした。

そこで発表された「ワーケーションにおける活動の整理」が非常に分かりやすかったのですが、松下氏がnoteにも公開されていたので、そちらを引用にてご紹介(表の解説は省きます。元記事をご参照ください)。

ワーケーションの活動の整理

この表は、主にオフィスワーカー向けの分類になると思いますが、オフィスワーカーだけでも4つに分けられるほど、ワーケーションの「ワーク」には、いろんな活動が内包されていることが分かります。

だからこそ、松下氏は次のように締め括ります。

実際はどれかだけではなく、混じり合いながら過ごしていくことも多いかと思います。しかし「とりあえずワーケーションにいって普段の仕事をする」ではなく、出かける前にどういったものをしようかとイメージしていくと思っていたのとは違う、ということが少し和らぐのではないかと思います。

いやー、共感しかありません。
こうやって、ワーケーションを広義で捉え、それを発信していくことが、ブームで終わらせないために必要なのでしょう。ということで、その発信をこちらで続けたいと思います!!


【執筆】児玉真悠子(フリーランス協会「フリパラ編集部」&地方創生チームメンバー/「新しい働き方」を実践する編集者&ライター
慶應義塾大学文学部卒業後、出版社に勤務。ビジネス系出版社で書籍編集に従事。2度の産休を取得後「仕事も暮らしも犠牲にしない働き方」を模索し独立。現在、旅行会社勤務の友人と共に、親子向けのワーケーションに特化したツアー企画や情報発信事業を構想中。Twitter:mayukoda


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
15
一般会員5,600人&フォロワー41,000人の一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会の公式note「フリパラ」です。フリーランスやパラレルワーカーが明るい未来を描けるような情報を発信します。https://www.freelance-jp.org/

こちらでもピックアップされています

旅しながら働いてみた!〜ワーケーション体験記〜
旅しながら働いてみた!〜ワーケーション体験記〜
  • 12本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。