住宅の購入価格が高くなってしまう理由
見出し画像

住宅の購入価格が高くなってしまう理由

柴垣 和哉

家を買われるほとんどの方が、当初予定していた予算よりも

実際に購入した価格が200万円~300万円、

多い場合には500万円も高くなってしまいます。


これは、なぜなのでしょうか?


1番の理由は、当初の予算を

「なんとなく」で決めてしまっているからです。


「職場の人がそれぐらいの家を建てたから。」

「住宅ローンの毎月の返済額が今の家賃と同じだから。」

といったように特に根拠がないんですね。


また、なんとなくで決めているので

必ずしもその予算を守る必要がないのです。


家は、一生に一度の買い物なので

ちょっとでもいいものにしたいという気持ちが出てきます。

住宅(特に注文住宅)を建てる際には、

家の各設備において色々な候補から選択できます。

床材

システムキッチン

お風呂

断熱材

トイレ

など


それぞれについて住宅会社は

何種類かのグレードを準備しています。


その何種類かを比べてみると、

一番値段が低いタイプのものはどれも安っぽく見えてしまい、

真ん中あたりのグレードのものを選択したくなります。


それを繰り返していき、気がつくと・・・

当初の予算よりも300万円オーバー!

みたいな感じになってしまいます。


ですので、住宅予算はしっかり考えていただき、

その予算をオーバーしないように

家づくりをスタートしてもらいたいと思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキ、ありがとうございます!
柴垣 和哉
住宅専門のファイナンシャル・プランナー(CFP認定者)。 証券会社、外資系保険会社を経て、FPとして独立。現在、和歌山県で住宅専門FPとして500組以上の相談実績から、「家づくりにかかるお金」についてアドバイスや情報提供を行っている。飼っている猫とうさぎに毎日癒されています。