Fostex

フォステクスは1973年に誕生した音響機器専業メーカーです。 自作スピーカー情報をはじ…

Fostex

フォステクスは1973年に誕生した音響機器専業メーカーです。 自作スピーカー情報をはじめとする、ちょっぴりマニアックで、そしてちょっぴりためになる、そんな独り占めしたくなるようなオーディオ情報を、ま~ったりとお届けしてまいります。

マガジン

  • 20cmフルレンジスピーカーの魅力

    フォステクスの20cmフルレンジスピーカーの魅力に迫ります。

  • フルレンジスピーカーのススメ

    フォステクスのフルレンジスピーカーの歴史と使い方を紹介します。

  • FE108SS-HP特集

    ライター炭山氏と開発者による、10cmのフルレンジスピーカー「FE108SS-HP」の魅力に迫ります。

  • FE-NVシリーズ

    令和元年に生まれ変わったFE-NVシリーズ 開発の裏話や使い方など、ちょっとためになる情報を公開します!

    • 20cmフルレンジスピーカーの魅力

    • フルレンジスピーカーのススメ

    • FE108SS-HP特集

    • FE-NVシリーズ

最近の記事

  • 固定された記事

フォステクス公式 note

こんにちは。フォステクス公式 note 編集部です。 スピーカー、ヘッドホン、イヤホン等を製造販売する音響機器ブランドの フォステクスが、オーディオの楽しみ方を共有する場として、公式アカウントを立ち上げました。 音楽のジャンルが様々なように音楽の楽しみ方もまた様々。 好きな音楽に自分だけの楽しみ方をプラスするー。 フォステクスお得意の自作スピーカー情報をはじめとする、フォステクス 公式 note ならではの、ちょっぴりマニアックで、そしてちょっぴりためになる、そんな独り

    • JAPAN MEDIA ARTS FESTIVAL 25周年企画展のご案内

      JAPAN MEDIA ARTS FESTIVAL 25周年企画展が期間限定で行われております。 世界でご活躍中の平川紀道様の出展作品 datum に、FOSTEXのスピーカーをご使用いただきました。 アクティブスピーカー NF04R + PM-SUB8 音を担う部分でご協力できたことを感謝いたします。 展覧会 JAPAN MEDIA ARTS FESTIVAL     25周年企画展 会期 2023.2.4(土) - 14(火) 時間 日曜日 - 木曜日 11:00 -

      • 20cmフルレンジスピーカーの魅力 その2

        初の限定ユニット、FE206Superと方舟進水 乙訓 その後、1988年6月にFE206Superが発売されます。 炭山 方舟(長岡鉄男氏のVA<AV>ルーム)が1987年ですからその後すぐですね。 乙訓 このFE206Superが限定スピーカーとしては初めてのモデルになります。 炭山 そうですね。 乙訓 「Super」という名前自体は「UP203Super」というモデルですでに登場しています。 炭山 確かにそんなモデルもありました! 乙訓 これはスペシャル感

        • 20cmフルレンジスピーカーの魅力

          2023年にフォステクスは50周年の節目となる年を迎えることとなりました。 (フォスター電機株式会社が生んだ、フォステクス株式会社は1973年7月創業。)フォステクスブランドの商品を皆様にお届けして50年になります。 記念すべき節目の年に歴史を振り返りながら、大口径のフルレンジスピーカー(当時は中口径?)の魅力に迫りたいと思います。 懐かしい方も、これから知っていただく方にも当時の資料をご覧いただきながらたっぷりとお楽しみいただけたらと思います。 「フルレンジスピーカーのス

        • 固定された記事

        フォステクス公式 note

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 20cmフルレンジスピーカーの魅力
          Fostex
        • フルレンジスピーカーのススメ
          Fostex
        • FE108SS-HP特集
          Fostex
        • FE-NVシリーズ
          Fostex

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          スピーカー組立て体験会 参加者募集!in 長野県松本市

          長野県松本市で行われる、松本・冬のオーディオフェアにフォステクスが参加いたします。 同建物内の3階の会場で行いますので、奮ってご参加ください。 定員に若干の空きがございます。参加ご希望の方は「ロイヤルオーディオ」までお問い合わせください。 ※定員に空きがあれば当日にご参加いただけます。 開催日:2022年12月3日(土)     2022年12月4日(日) 場所:〒390-8585 長野県松本市中央2-20-2    信毎メディアガーデン3階キッチン 時間: 2022年1

          スピーカー組立て体験会 参加者募集!in 長野県松本市

          「FE108SS-HP」専用のダブルバスレフ型エンクロージャー「UK108SSHP-DB」が新登場!生形三郎設計モデル。コイズミ無線で独占販売!

          生形三郎氏が設計したフルレンジスピーカー「FE108SS-HP」専用のダブルバスレフ型エンクロージャー「UK108SSHP-DB」がコイズミ無線より発売となりました。 生形三郎氏より直々に設計の想いを綴っていただきました。 フォステクスから入魂のスペシャルユニットが発売されたので、筆者もその魅力に見合うようなエンクロージュアを設計してみました。それがこのキットのもととなるエンクロージュア作例「ブックシェルフ」です。こちらはもともと月刊ステレオ2022年4月号に掲載されたもの

          「FE108SS-HP」専用のダブルバスレフ型エンクロージャー「UK108SSHP-DB」が新登場!生形三郎設計モデル。コイズミ無線で独占販売!

          中学生のみんな、集まれ!フォステクス・スピーカー工房★本格スピーカーをつくって“音”を学ぼう【事前申込制11/13〆切・メンバー優先】

          音ってなに?音はどうして聞こえるの? 科学技術館にご協力いただき、スピーカー作りのイベントを開催します。 前半は、本物のスピーカー部品を使って、本格的なスピーカーを作成! 出来上がったスピーカーは持ち帰り、お気に入りの音楽を楽しむことができます。(※別途、アンプが必要です) 後半は、音やスピーカーの仕組み、そして、中学校でも学ぶ「フレミングの左手の法則」について、 講師が解説をしたことを、グループワークの中で理解を深めます。 楽しく学びながら、テクノロジーの世界をのぞいて

          中学生のみんな、集まれ!フォステクス・スピーカー工房★本格スピーカーをつくって“音”を学ぼう【事前申込制11/13〆切・メンバー優先】

          カナザワナイトミュージアム2022にフォステクスのスピーカー工作教室が登場します!

          アートのまち、石川県金沢市が舞台になります、カナザワナイトミュージアム2022にフォステクスが参加いたします。 北陸初?!のスピーカー工作教室です。 奮ってご参加ください。 開催日:2022年8月6日(土) 場所:金沢未来のまち創造館 多目的室2(野町3-11-1) 時間:    1回目 14:00~15:30    2回目 17:00~18:30 講師:フォスター電機株式会社 フォステクスカンパニー 定員:各回15組 参加費:2,000円 スピーカー工作教室はプログラム

          カナザワナイトミュージアム2022にフォステクスのスピーカー工作教室が登場します!

          FE108SS-HP特集 その4

          FE108SS-HP の試聴 D-101S(スーパースワン) で聴く FE108SS-HP乙訓 それでは試聴してみましょう。 炭山 まずは「古代ギリシャの音楽」から。 古代ギリシャの音楽 Tr.1 Anakrousis / Orestes Stasimo 炭山 物凄い精密感と力感、実体感ですね。聴き入ってしまいます。これは参りましたね。恐ろしいユニットです。 乙訓 怖い感じはしないと思います。スーパースワンとの親和性が高くないですか? 炭山 スーパースワンをここまで

          FE108SS-HP特集 その4

          参加者募集中!ヘッドホンを自分好みの音質に調整して組み立ててみませんか?

          来る7月24日(日)科学技術館にて、ヘッドホン組み立てキット「RPKIT50」を使用しての初のヘッドホン組み立て教室 ”フォステクス工房~ヘッドホン設計者と作ろう!あなだたけのお気に入りのサウンドを組み立てよう~” を開催いたします。 開催日: 2022年7月24日(日) 時 間: 13時00分~15時00分 ※終了時間は、前後する可能性があります 対 象: 中学生~大人 講 師: フォスター電機株式会社 フォステクスカンパニー ヘッドホン設計者 会 場: 科学技術館4階

          参加者募集中!ヘッドホンを自分好みの音質に調整して組み立ててみませんか?

          FE108SS-HP特集 その3

          エッジ乙訓 エッジは UDR タンジェンシャルエッジです。これは FE168SS-HP と同じです。 炭山 このエッジは FE108EΣ などで長いこと使っていますが劣化しないですね。 仲前 古くからのオーディオファンの方からもエッジについての問い合わせはきますが、このエッジは大丈夫ですね。 乙訓 北米大陸で問題のない素材でも高温多湿なアジアの地区ではダメということもあります。 炭山 そんなことがあるんですね。 乙訓 私たちが使う材料は日本の気候で使うことを前提に選

          FE108SS-HP特集 その3

          FE108SS-HP特集 その2

          測定値と設計の狙い乙訓 Mms(M0)になると単純に振動板の質量だけではありませんから、数値としては 3.0g とか 3.5g とかになってきます。振動板自体の質量は 0.5g くらいですからその他の部分も大きい訳です。Mms には空気の分も入っています。エッジやダンパー、ボイスコイルの分もあります。単純にMms(M0)だけをみて重い、軽いというのはまたちょっと違うわけです。単に軽くなったら良くなるというわけではありません。ここにはいろいろな要素が含まれていて、Mms(M0)

          FE108SS-HP特集 その2

          FE108SS-HP特集 その1

          2022年2月25日(金)に発売いたします、「FE108SS-HP」について商品について詳しくご紹介します。評論家の炭山アキラさんと、FOSTEXのメンバーで(技術部 乙訓と営業部 仲前) 対談させて頂きました。 仲前 2022年2月25日に、10cm 口径の限定フルレンジユニット、FE108SS-HP が発売されます。こちらは昨年発売された FE168SS-HP の 10cm バージョンと言えます。 炭山 FE168SS-HP は我が家でも 4wayで使っています。FE

          FE108SS-HP特集 その1

          バックロードホーンに好適なフルレンジ

          バックロードに好適なフルレンジとは? 司会 今回のテーマは「バックロードホーンに好適なフルレンジとは?」です。バックロードホーンにはどんなユニットを使ったら良いのか? という問いについてはいかがでしょうか。 炭山 エンクロージャーの設計の仕方によってはどのようなユニットでもバックロードホーンで使うことは可能です。それでもバックロードホーン向きのユニット、そこそこ使えるユニット、あまり向いていないユニットはあります。そういう意味ではマグネットが大きくて、振動板が軽くて、感度

          バックロードホーンに好適なフルレンジ

          スーパーツィーターのススメ

          司会 前回はバックロードホーンのエンクロージャーの設計や吸音材による調整について語っていただきました。今回はフルレンジをグレードアップする時の定番、スーパーツイーターの使い方や効果についてお話いただきたいと思います。 FE108NS に FT96H を加える 司会 いきなりですが、まずは早速聴いてみましょう。前回からそのまま FE108NS を炭山さん設計の「レス」に入れ、そこに Fostex FT96H を 0.1μF、逆相、面位置でセットしました。(炭山さんが普段使用

          スーパーツィーターのススメ

          バックロードホーンエンクロージャーのススメ

          炭山アキラ氏オリジナル「レス」で 「FE108NS」を聴く司会 前回はバスレフで FE103NV や FE108NS の質の良さを味わいました。今回は炭山さんオリジナルのバックロードホーン型エンクロージャー「レス*」にFE108NS を入れて、バックロードホーンを聴いてみたいと思います。 *初出『オーディオ超絶音源探検隊』(音楽之友社)P.117〜 ※詳細はそちらの雑誌にてご確認ください 炭山 この「レス」は FE108NS 用に設計したバックロードホーン型スピーカーです

          バックロードホーンエンクロージャーのススメ