見出し画像

noteでのルビ(ふりがな)対応の実験

お待たせしました! 蒼穹そうきゅうを切り裂く雷霆らいていごときき、大胆巧妙だいたんこうみょう驚天動地きょうてんどうち大実験エクスペリメント振り仮名ルビ実地検証ドッグフーディングを開始します!まさに舞い降りた天使エンジェル

一部の管理者うんえいアカウントを対象に、note記事に振り仮名ルビ解禁アンロック。いざ!刮目かつもくせよ!

ホットでクールなパーリィの始まりだHere we Go! Let's Party!!


なぜ今までルビがなかったのか

待望のルビ機能ですが、ずっと封印されしエクゾディア状態さきのばしでした。

これにはいくつか理由おとなのじじょうがあります。

理由1: 新エディターの開発スケジュール
以前から、現エディターV3はすでに新機能の開発がストップしており、新エディターV4の設計がスタートしています。

そんなわけで現行でのルビ対応は、新型の完成を遅らせるリスクがあったわけです。これが年単位でルビが実装されなかった、最大の理由Reason

ですが時間ときがたち、バージョン4の開発も進み、仕様が明確になってきました。

だから今、大地ガイアが俺にもっとルビをふれとささやいている!洗い出しテスト的な意味で!


理由2: noteのエディターがダイナミック編集であること
noteのエディタでは、直接タグHTMLを意識する必要がありません。ワープロ系のアプリのように、直接テキストを修飾できます。

実はルビをサポートすると、この編集がとても難しくなります。どう選択するのか?改行するとどうなるのか? ルビの編集は?など、UI上の課題ムリゲーが山積み。

ゆえにルビのサポートは、不可逆なイリバーシブル試みトライアルなんですね。いったん全ユーザーに解放アンロックしてしまうと、あとで零時迷子取り消すことができない。まさに帰還限界点なルビコン川をわたる施策なわけです。ルビだけに。

理由3: ディファクトスタンダードとなっている仕様の特殊性

実のところぶっちゃけ、世界中でルビを使う言語はあまりないので… ブラウザのルビ機能って、長らく仕様So long timeがあやふやだったり、表示が不安定だったのですよね。TwitterもFacebookもGmailテック・ジャイアントもサポートしてない… それが現実it's a real world。改行も編集も折り返しも資料が少ない・・・みたいな

そんなわけで、国内では逆に小説サイトが、自由奔放フリーダムな感じで仕様を作り、それが定着するという世界の選択けいいがありました。エル・プサイ・コングルゥとくにいみはない


今回は、そういった諸々を踏まえ、まずはエディター部分をキングクリムゾンすっとばし、表示部分だけを先行実験スニークプレビューしているしだいです。


ルビの振り方の暫定仕様

実験では、青空文庫、小説家になろう、カクヨムなど、既存のメジャー小説サイトと互換性がとれる方式を検討しています。つまり他サイトで書いていた原稿を、そのまま貼り付けコピペできるわけですね。便利。

つまり、文頭に|を置き、続く要素を《》くくる感じですね。

たとえば「運命石の扉シュタインズゲート」と、読み仮名をふらせたい場合、「運命石の扉」前に|を、後ろに《》でくくってシュタインズゲート と打ち込みます。


ルビの今後

まだまだ正式実装されるかどうかは、シュレディンガーの猫状態さっぱり不明。運用実験の結果と、皆さまの本気マブのリクエスト次第です。それが運命さだめ

noteチームは、完全無欠のアブソリュートなエディターとサービスを目指し、引き続き革新的イノベーティヴで、野心的チャレンジング率先励行ドッグフーディングに、戮力協心りくきょくきょうしんの心意気で注力コミットしていきたいと思います。

よっぽどの不運ハードラックダンスっちまわない限り、限界突破リミットブレイクできるといいなぁと。

七鍵守護神 ハーロイーンでも、約束された勝利の剣 エクスカリバーでも、空裂眼刺驚スペースリバー・スティンギーアイズでも、なんでもどんとこい。

<追記>
みんな社内報や開発報告をかくときに、難しく考えて筆が止まポイズンってしまいがちです。でも、書けなくなることに比べれば、これくらい自由奔放フリーダムでもいいと思います(もちろんテーマしだいですが)。難しく書こうとしてかけなくなるより、楽しく書いて、楽しく読めるのがイチバンです。

この記事が参加している募集

オープン社内報

note新エディタ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
深津 貴之 (fladdict)

いただいたサポートは、コロナでオフィスいけてないので、コロナあけにnoteチームにピザおごったり、サービス設計の参考書籍代にします。

オススメの本は「ファスト&スロー」
noteのCXO。THE GUILD。ユーザーの行動を設計するデザイナです。 サービス設計や日々の学び、note.comのカイゼン報告などについて書いていきます。