見出し画像

シードステージからの挑戦!開発者としての面白さと挑戦の日々

こんにちは!Fivot人事部です。

今回は初の社員インタビューということで、当社の積立アプリ「IDARE」のアプリのフロント・バックエンド開発を行っているエンジニアの古渕さんにインタビューをしました!

当社は2019年10月に創業しているのですが、古渕さんが入社したのはその1年後の2020年10月。まだ社員が4名しかいない時期から活躍しており、そんな古渕さんの入社のきっかけや、サービスローンチ開始後の苦労話などお話を聞いてみました!


Fivotに入社するきっかけを教えてください。

前職の同僚だった岩藤さん(CTO)の紹介がきっかけです。技術的なチャレンジに対して積極的な方だったので、自分にとって新しい事業ドメイン × 新しい技術でのチャレンジができる期待が大きく持てました。

もともと自分自身がシードステージの会社で働いてみたいという欲求があり、当時はまだプロダクトはなく、「IDARE」のデザインがあってアプリをこれから作るぞ!という段階だったんです。その見せてもらったプロダクトデザインの設計図がしっかりしており、利益を出す仕組みがしっかりと考えられたところに驚いたし、ユニークだと思ったところが最大の入社の決め手となりました。


Fivotで働くおもしろさとは?

エンジニアが経験できるものには大きく2つあると思っていて、すでにあるところに作ることと、ゼロイチで作ることがあり、特にゼロイチで作る場合、なかなか経験ができないこと、そして広いところに目を向けて作らないといけないと私は考えております。現在は、その貴重な経験ができていると感じながら仕事をしています。業務では、試行錯誤しながらも、ときに大胆に変更も加えていて、IDAREアプリのver1と比べると今は大きく機能が変わったと感じるくらいです。

とにかく作るということに夢中になって仕事をしていましたし、今もその挑戦は続いています。


古渕さんの1日のスケジュールやFivotでの働き方はどんな感じでしょう?

在宅勤務を主としていますので、朝ジムに行ってから仕事をしています。子供が生まれてからは、子供と触れ合う時間も大切にしていて、朝と夜は必ず触れ合う時間を作っています。緊急の障害等がない限り、週末土日は休みなので、休みと仕事をはっきりと区別できますし、平日はフレックスタイムを活用し、時間調整をしながら柔軟に勤務をしています。


古渕さんからみるFivotの雰囲気や印象を教えてください。

エネルギッシュにワイワイというスタートアップ企業が多いと思いますが、Fivotはみんな大人っぽく感じます。大人+知的ながら、盛り上げるところは盛り上げよう!というカルチャーがあります。

昨年、会社の合宿でValueをみんなで作りました。議論をするうえで、決めづらい状態が続きましたが、なんとか最後はみんなで意見を集めながらできあがりました。そのValueは、それぞれの社員が気に入っている部分がいろんなところで使われていて、事業を成長させていく上でとてもいい組織づくりができているなと感じています。自分自身は早くやるより深く考えてやるタイプなので、Valueの中のひとつである「あきらめない」はとても気に入っています。


これからのFivotにどんな期待をしていて、自身での目指したいことは何でしょう?

仕事においてもプライベートにおいても「結果こうなるとは思ってなかった」と想像を超えることがとても良いと私は思っています。そうなったんだ!と思いながら会社と共に成長していきたいと思っているし、この「思ってなかった」ことを増やしていきたいし、大切にしています。そういう意味で、IDAREのアプリもとてもユニークですし、Flex Capitalの事業もとてもユニーク。2つの事業をやっている当社だけのユニークさがあり、ここでしかできないことがたくさんあります。例えばIDAREに関していうと、個人のお客様向けのプリペイドサービスで、残高に対してボーナスを付与する仕組みがあります。それまでタンス預金などされていたお金でも、決済準備金として入金されたものにはそれだけの価値があるという表現でもあると思っています。

考え方の切り口を変えると、色んなポテンシャルを感じられるので、これからさらに何を生みだせるか、その結果また価値観が生まれて、という楽しみが常にあります。


【プロフィール】

入社年:2020年10月

担当業務:IDAREのフロント・バックエンド開発

京都大学大学院卒業後、ITベンチャー企業において広告・HR領域のプロダクト開発に従事。その後、Fivotのミッションに共感して入社。専門種目はバタフライ。


この記事が参加している募集

社員紹介

転職してよかったこと

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?