濱野のりこ

ライティングセラピスト。自身の「書くことで癒えていく」体験からWriting Therapyを開発。どんな悩みも行き場のない感情も手放す体験を「書くセラピー」で提供中。#HSP http://www.writingtherapy.jp/member/cf/utsun
    • HSPで生きていく
      HSPで生きていく
      • 6本
    • ライティングセラピー実践
      ライティングセラピー実践
      • 4本

      私が提唱するライティングセラピー。私自身が実践者となって、日常の出来事を気付きへと変えるプロセスを実演しています。

    • 出版
      出版
      • 5本

      電子書籍の出版、私の著書についての記事をまとめています♡

固定された記事

出版した本のご感想いただきました!

令和元年 8/29に出版させていただいた私の著書、 『うつで自分を高める』〜絶望をチカラに変える方法〜 に、早速たくさんのご感想をいただいております。   ありがとうご…

HSPの気質と恋愛①「はじめに」〜またひとつ自分を認められる幸せ〜

『ひといちばい敏感なあなたが人を愛するとき HSP 気質と恋愛』というエレイン・N・アーロン博士の著書をもとに、「わたし目線でビビっときた箇所だけ」を自分勝手に考察…

トラウマは癒せる? あの時の真実を捉え直すのは今からでも遅くはない!

”トラウマに光があたる時 心から闇が消えて、真実が浮かび上がる” (by わたし) 長年引きずっているトラウマ ってあったりしません? “根に持つタイプ” って言われ…

人付き合いが苦手という思い込みがパカッと外れた「具体→抽象」の思考法

ええ、思い込んでましたとも。 生まれてこのかたうん十年。 私は、人付き合いが苦手なのだと。 人との関わり合いが面倒なのだと。 それが、さっき突然 「違う!」と パ…

ひとりでいるのが一番ラクなHSPだからこそ「疲れてでも会いたい人は誰か」を定義しておく

とっても繊細なHSPという 気質を持っている以上、 「人と一緒にいると疲れやすい」 からは、もう逃れられない と思った方がいいよね。 家族とでもそうだし 気のおけない…

繊細さんの "背中の羽根が痛い” の表現が圧巻だった件

『繊細さんの本』で一番痛感したところは、 みんな絶対ココのはず!(笑)    ↓  ↓  ↓ 繊細さんの訴えは、非繊細さんにとっては「背中の羽根が痛い」と言われ…