見出し画像

感情と感動をつくる

ー FIORAIA とは 『何者か』 ー

note を始めるにあたってまず自己紹介を。

イタリア語で「花の売り子」や「花屋」という意味を持つ、FIORAIA(フィオライア)というブランド名で主にレザーグッズとバッグをデザイン、製作、販売しています。

現在は東京都台東区蔵前〜田原町にアトリエ兼 ショップを構え活動しています。

ブランドとしては早5年目。

それまでの私個人の活動はというと、企業で会社員としてバッグと財布のデザイナーを10年ほどやっていました。たまに職人にもなったり。

百貨店にお店を構えるドメスティックブランドのデザイナーだったり、
ウンチク好きな男性が好みファッションビルでよく見かけるセレクトショップに置かれている国産ファクトリーブランドの企画だったり、
ショッピングセンターに入っている街のバッグ屋さんに置いてあるコストパフォーマンスを意識したバッグのデザインだったり、
価格帯もお客様層もお店の形態も様々な製品の企画デザインに携ってきました。

会社でのデザイナーを10年経た頃、物作りを志した当初からの想い

自分の手で一から作り出したものを直接届けたい

という気持ちが募り、強い決意のもと独立しFIORAIAをスタートさせることになります。

ものづくりの原点「感動と感情を作り出したい」

子供の頃から誰もが何かの体験で感動したり、
心を揺さぶられたり、
感激して泣いたりしてきたと思います。 
私もそんなことがあったし心が動かされることにとても影響を受けてきました。 

例えばスポーツで感動したり、映画を観て涙を流したり、音楽を聴いて陶酔したり、本を読んでその世界に連れて行かれたり、
そんな 
非日常へ連れて行ってくれる、心を動かされることに酔うことが私も大好きでした。

いつしかそんな風に
感情を動かし、非日常へ連れて行くような気持ちを作ることがしたいと思うようになっていました。

その気持ちが、ものを作り出すということに繋がっていきました。

何かをデザインし、形にして誰かが触れて、感動して気持ちが高揚し 喜んでくれて、その人の元で その人のモノになって 心を満たし 役立ってくれる。

そんなものづくりがしたい。

という想いでずっとデザイン活動をしています。

それが何故 お花やボタニカルモチーフの FIORAIA になったのか

そちらについてはまた、次回お伝えしていければと思います。

自己紹介としてSNSアカウントを貼っています。

よろしければtwitter、instagram もフォローお願いします!



https://www.instagram.com/fioraia_jp/





この記事が参加している募集

自己紹介

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?