見出し画像

トークン販売時に獲得できるトークン数について解説

トークンはFiNANCiEにおいて最も重要な要素、オーナーを応援する証です。

トークンは、オーナーのトークン販売時点、もしくはマーケットブレイスでの二次流通購入によって獲得することができます。

ここでは、オーナーのトークン販売時に購入した際に、どのような仕組みで獲得トークン数が決定するかについてご説明いたします。(ちょっとわかりにく部分なので)

まず、「トークン販売での購入額=獲得できるトークン数」では無いことをお伝えいたします。

ではどのようなロジックかと言いますと、トークン販売終了時点で、支援者全員のトークン販売総額(いくら集まったか)の内、自分の購入額(いくら分トークンを購入したか)が販売総額の何%であるかで、獲得できるトークン数に決定します。

以下、具体例です。

■具体例
①初期のトークン販売で発行・販売される総トークン数は200万です。(追加売出時はこれより少ないことが多いです)              
②200万トークンを全体とし、自分の購入額(いくら分トークンを購入したか)が販売総額の何%であるかで、獲得できるトークン数に決定します

例)Aさんに配布されるトークン数はそれぞれ以下のように決まります。
200万トークン×(Aさんの支援pt÷トークン購入総額pt)=Aさんに配布されるトークン
※トークン販売画面に表示されている支援総額は特典に対する金額も含まれていますので、トークンの購入総額と金額が異なる場合がございます。

無題

トークンを保持することで、応援するオーナーにより様々なメリットがあります。是非、トークンをご利用いただき応援頂ければと思います!

■関連記事

■アプリはコチラ!

FiNANCiE
▼iOS

▼Android


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!!!
4
ブロックチェーン技術を活用した、新世代のクラウドファンディング2.0 「FiNANCiE(フィナンシェ)」は、夢を実現したいオーナーがトークン(FT&NFT)を発行・販売し、サポーターを募集、夢の実現に向けて、サポーターと一緒に歩む、新世代のクラウドファンディングサービスです。