見出し画像

2年付き合った彼氏と結婚できるでしょうか?

※この記事は最後まで無料で読むことが出来ます
※お悩み相談フォームはこちら

大変ご無沙汰しております。
フェルディナント・ヤマグチでございます。
ご存知のように、cakesで炎上案件が連続して発生いたしまして、このままでは「フェル先生のさわやか人生相談」への類焼も時間の問題……と編集部が懸念して身動きが取れなくなるという、実に由々しき状態が続いております。何しろ好き放題に書いて来ましたからね。放っておけばその内炎上するのは間違い有りません。
炎上しようが非難されようが、私は一向に構わないのですが、cakesを運営するnote社はそうは行きません。出たとこ勝負のスタートアップ企業ならいざ知らず、今やnoteも優良企業。多くの企業と提携し、外部の資本もジャブジャブ入っていますから、炎上上等で突っ走るにはステークホルダーが多過ぎる。より上を目指す会社として、危険と思われる要素は排除しなければいけないのです。社員の雇用も守らなければいけませんしね。規模が大きくなると、それだけ身動きは取り辛くなるのです。こればかりはどうしようもありません。

編集部と協議した結果、「フェル先生のさわやか人生相談」はcakesからnoteへ疎開することとなりました。noteは編集が関与しませんから、燃えようが非難されようが“箱”の方に累は及ばない。全ては書き手の責任という訳です。

創刊以来の書き手として、cakesを去るのは実に残念なことですが、どこで書こうがフェルはフェル。今まで通り歯に衣着せぬスタイルで、読者諸姉諸兄のお悩みにバシバシ回答して行こうと存じます。
また、せっかくnoteに引っ越ししたのですから、人生相談に留まらず、「週刊フェル」というマガジン形式でコンテンツを拡充して行こうと思います。今後の展開にご期待下さい。面白そうだと思ったら、ぜひ登録もして下さい。

さあさあ、それでは記念すべき引っ越し第一号のご相談にお答えいたしましょう。34歳のOLさんからのご相談です。この方、実は私がよく知っている人なんです。「人生相談を再始動するから、何か悩みは無い?」と相談したら、快くお悩み相談を送って下さいました。相談を相談するというのも妙な話ですが、次号以降は皆様から寄せられたお悩みに広くお答えして行こうと思います。

フェル先生、こんにちは。わたしは34歳の会社員です。2年ほど前に離婚し、バツイチです(子なし)。
離婚直後に、学生時代の友人と再会し、共通の趣味が多いことに気が付きました。一緒に映画に行ったり、飲みに行ったりするうちに、付き合うことになりました。
彼は同い年で初婚なのですが、「結婚願望はない、子どももほしいと思えない」と当初から言っていました。わたしも離婚したての頃は、特に再婚を焦っているわけでもなかったので、「わたしもいまは結婚願望はない」と伝えていました。
しかし、付き合って1年以上経ち、年齢も35歳が間近に迫り、「そろそろ次のステップを考え始めたほうがいいのかな」と思うようになりました。いまは仕事が楽しく、子どもがどうしてもほしい!という考えにはなっていませんが、周りの友人が次々に子どもを産み、女友だちと集まっての会話が子育てのことばかりになると、「自分もそろそろ再婚のことを真剣に考えないと……」と焦ります。
ただ、いまの彼との関係がとても居心地よく、将来の話を切り出すことで気まずくなったりすることは避けたいと思うと、なにも話ができないでいます。このままなんの保証もなく付き合い続けて、ある日突然フラれてひとりになる恐怖と、いま彼と別れてコロナ禍でひとりになる恐怖を天秤にかけて、どっちも選択できずにいる状態です。フェル先生、なんの選択もできないどっちつかずのわたしの背中を押してください。
(34歳、女性、会社員、エミコ)

エミコさんと片仮名書きで来ましたか。顔を思い浮かべながら返事を書くのは何とも不思議な気持ちになりますね。今までは知らない方へ向けての回答ばかりでしたから。
それにしても早いなぁ。もう離婚して2年になるんですね。当初はメソメソ泣いてばかりおられましたが、お元気そうで何よりです。エミコさんには一問一答形式でお答えいたしましょう。

フェル先生、こんにちは。わたしは34歳の会社員です。

はい。知っています(笑)

2年ほど前に離婚し、バツイチです(子なし)。

まさか仲の良かった二人が離婚してしまうとは。私だけでなく、周囲の人間はみんな驚いていますよ。

離婚直後に、学生時代の友人と再会し、共通の趣味が多いことに気が付きました。

お!

一緒に映画に行ったり、飲みに行ったりするうちに、付き合うことになりました。

映画でデートですか。良いですなぁ。映画を見た後に感想を述べ合うのって、最高に有意義だし楽しいですよね。相手のことも良く分かるし。

彼は同い年で初婚なのですが、「結婚願望はない、子どももほしいと思えない」と当初から言っていました。

イキナリですか。でもそれって“2年前の彼の意見”ですよね。若い男性の意見はコロコロ変わりますから、あまりその言葉に囚われ無いほうが良いと思います。

わたしも離婚したての頃は、特に再婚を焦っているわけでもなかったので、「わたしもいまは結婚願望はない」と伝えていました。

うんまあそう答えますよね。「わたしも“いま”は結婚願望はない」と、きちんと将来への布石を打っている所がエミコさんらしい。

しかし、付き合って1年以上経ち、年齢も35歳が間近に迫り、「そろそろ次のステップを考え始めたほうがいいのかな」と思うようになりました。いまは仕事が楽しく、子どもがどうしてもほしい!という考えにはなっていませんが、周りの友人が次々に子どもを産み、女友だちと集まっての会話が子育てのことばかりになると、「自分もそろそろ再婚のことを真剣に考えないと……」と焦ります。

35歳。いろいろ悩むお年頃ですよね。友人の動向も、そりゃ気になるでしょう。出産を真剣に考えるのであれば、今の彼で行くのかどうかを早急に判断しなければなりません。逆算してみると分かりますが、これから新しい男性を探して、恋愛をして、結婚、出産となると、それなりに時間がかかります。となると、年内にははっきりカタを付けたい所です。

ただ、いまの彼との関係がとても居心地よく、将来の話を切り出すことで気まずくなったりすることは避けたいと思うと、なにも話ができないでいます。

それは逃げですよ。厳しいことを言いますが、マイルドな現実逃避です。いま気まずくなるのと、大きなライフイベントの判断と、どちらが大切であるかをよく考えてみて下さい。

このままなんの保証もなく付き合い続けて、ある日突然フラれてひとりになる恐怖と、いま彼と別れてコロナ禍でひとりになる恐怖を天秤にかけて、どっちも選択できずにいる状態です。

もともと男女交際には何の保証も無いんですよ。「結婚しようね♡」「うん、嬉しい♡」なんて話していても、一発壊滅的なケンカをしてしまったら、簡単に破綻してしまうんです。コロナで不安なお気持ちは良く分かりますが、そこは冷静にならなければなりません。どっちも選択しないでいると、どっちも得ることは出来ませんよ。

フェル先生、なんの選択もできないどっちつかずのわたしの背中を押してください。

はい、これはもう簡単です。春までに「私はあなたと結婚したいです」という意思を明確に表明をして下さい。それで彼が逃げ出すようであれば、所詮はそれだけの関係だった、という事です。いまウジウジ判断しない男が、例えば3年後、あなたが38歳になった時にバシッと「結婚しよう!」と言ってくれると思いますか? 言いませんよ。保証します。2年も付き合った段階で“結婚臭”を必死になって消そうとする男は、3年後も消臭活動を継続するだけで、何もアクションは起こさない。
エミコさんは、いまの快適さと将来の生活のどちらが大切なのか。繰り返しますが、よく考えて下さい。
もちろん「今が良ければ良い」という考えだって有るんですよ。「将来」は「今」の延長線上に有るのだし、老後のために結婚相手を探すというのも何だか世知辛いし。
でもエミコさん。私はあなたをよく知っていますから。早い時期に意思表明をする方をお薦めします。

今週のフェル

ランド・ローバーのディフェンダーというクルマでスノードライブを楽しんで来ました。とても楽しかったです。みなさまお悩みのところ、本当に申し訳有りません。

画像1

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
週1の人生相談に加え、適当な.....いえ適度なペースで,,,,

週刊フェル

月額800円

フェル先生のさわやか人生相談に加え、色懺悔や清廉潔白な日常をチマチマと公開していきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
268
習慣フェル……もとい。週刊フェルをはじめました!