見出し画像

ニューヨーク・ニューヨーク

ほったらかしにしていたANAマイル。クレカSPUの恩恵で50,000マイルたまったので、おもいきってニューヨーク便に振替えました。留学中に何度か訪れたけど、真冬のニューヨークは初めてかもしれない。しかもひとり旅。ひさびさだな!

実質負担は38,100円也。

↓内訳はこちら

コード 名目      費用
SW 空港施設利用料   2,570   *羽田空港
US  米国出入国税    1,970*2回分
XY 入国審査料      750
YC 税関審査料      620
AY テロ対策米国民間保安料(出発毎)600
XA 検疫使用料      420
XF 空港使用料      N/A
TK 国際観光旅客税    1,000 *2019年1月から開始(出国税)

YQ 航空保険料      200
YQ 燃油特別付加運賃*  28,000 

サーチャージ参考*
https://www.etour.co.jp/surcharge/
https://www.jal.co.jp/inter/fare/fuel/detail.html

調べたら、10月以降の発券はサーチャージが片道3,500円(往復7,000円)も下がっていた…ショック!こればかりは価格変動が読めないのでしょうがない。もし10月1日まで発券待ったとしても、そこからマイル航空券が取れる確約もないし、ニューヨークのお宿もどんどん埋まっている。安全安心ANAですからね、航空券費用が浮いただけお得だと思わなきゃ!

それにしても税金とりすぎじゃないですか?
出国税とかすっかり忘れてたよ…


今回は1週間ほどの滞在でホテルはブルックリンに決定。ダウンタウンまで電車で20~30分かかるけれど、ウェブサイトみるかぎりいい感じ!

勤務先から周年ポイントがもらえたので、換金して旅のおこづかいにぶっこもうと思います。交通費、お土産代、食事代、観光(ブロードウェイかライブとバー)で10万くらい飛ぶ気がする。もしボストンの友人に会いに行くことになれば+2万くらい。アムトラックかグレイハウンドで日帰りトリップになりそうな予感。

楽しみです。


追記:航空券について。国内線は10%の影響を受けるが、国際線は消費税非課税。ただし、空港税(上記では空港施設使用料)は増税される。国際線においては羽田空港が2,570→2,610円、成田空港は、第1・第2ターミナルが2,090円→2,130円へ、LCC専用第3ターミナルは1,020円→1,040円と改定される。結論:税金はどこにでも転がっている。




参考写真



Have a nice day ! (´∀`*)ウフフ
1
as Reyna💄Paris is a movable FEAST! 恋愛理論と英語と読書と映画まみれ。poet & stranger. 1982年世代

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。