見出し画像

国産フローズンフルーツ「FARMERS CANDY」とともに

FARMERS CANDY

スムージーベースとフローズンフルーツ(Smoothy Base&Frozen Fruit)のFARMERS CANDYです。

私たちは、長野県志賀高原の麓で果樹栽培を営んでいます。
主な作物はシャインマスカット種を中心とするぶどうです。

この地域は冬は雪が降って冷え込み気温は氷点下以下、昼夜の寒暖差が大きい盆地です。
加えて晴天率が高いことで、しっかりとした甘みと程よい酸味がもつ奥深い味わいのぶどうが育ちます。

この土地を耕して120年以上になります。
2015年には法人化し、農業事業を主体としながら六次産業化にも取り組みはじめました。

そんな私たち生産者が、なぜ〖FARMERS CANDY〗という商品開発を始めたのか・・・
自己紹介を兼ねて記録しておきたいと思います。

目次_________________________

  1. FARMERS CANDY開発のきっかけ

  2. なぜ、”CANDY”なの?
    ・FARMERS CANDY商品の特徴

  3. 持続可能な農業の取り組みとして
    ___________________________

1.FARMERS CANDY開発のきっかけ

2020~2021年のコロナ禍、プロジェクトは動き出しました。
プロジェクトといっても、社長阿部と服部(管理栄養士)の2人。。。
ある意味、この世の中、この人材で挑戦でしかありません!
しかし、新しいことを始めざるを得ない状況がありました。

理由は、大きく3つです。
・コロナ禍での突然の売上減少。
・冷凍加工工場をもつ当園への近隣農家などから相談件数増加。
・気づけば(知ってはいたが直視できなかった)、減少し続ける国内の果物消費量。

果物の消費動向は、依然、横ばい・やや下降傾向であることに果物農家として危惧していました。現在、果物消費を支えている50代以上の人口が減ることで需要低下が加速し、国内自給率を支える生産農家も減りかねない状況にあります。

そんなさなか、コロナ禍のあおりをうけました。
幸いにも、コロナ以前より六次産業化(BtoB商品)に取り組み冷凍加工工場を持っていたため、ロスになりかけたフルーツを冷凍加工しながら新たな道(販路拡大)を探ることになったのです。

果物は、環境問題解決の糸口としても今や世界的に健康管理に必要な食べ物です。ビタミンA、C、機能性成分などの抗酸化物質、食物繊維が含まれ、病気予防に欠かせない栄養素の宝庫です。

免疫力アップ、病気の予防(健康管理)が叫ばれる中、もっと広い世代に果物の力を活用いただき、身近な食べものとして親しんでほしい思いから、国産フルーツのスムージーベース・フローズンフルーツ〖FARMERS CANDY〗の開発に至りました。

*参考資料:カナダ政府 フードガイド https://food-guide.canada.ca/en/  
     :Harvard T.H. Chan School of Public Health 健康的な食事プレート https://www.hsph.harvard.edu/nutritionsource/healthy-eating-plate/

大手のコンビニエンスストアが近年、市場動向にあわせて300円程度のスムージーを販売、また、冷凍果物(果物だけではなく冷凍品の需要がコロナ禍の影響で伸びている)の売り場面積を増やしました。

FARMERS CANDYのスムージーベースは、そのまま食べてもおいしい無添加の冷凍フルーツミックスです。冷凍保存のため食べたいときに手軽に食べられます。
アイスクリームを楽しむように手に取っていただけます。

市販で入手できる冷凍フルーツは多くが海外依存の状況ですが、〖FARMERS CANDY〗は規格外等作物の利用やサプライチェーンの短縮により、国産100%でありながら比較的購入しやすい金額を実現しました。
国内果物生産者として多様な食卓と健康を支える存在でありたいと願い、開発を進めました。

2.なぜ、”CANDY”なの?

健康とはほど遠いところにありそうな、「キャンディ」。
candyの語源はいくつかあるようですが、日本では1,000年以上も前からお供えものや縁起物、時には栄養源として、また時には非常食として親しまれています。

果物は一般的に甘みをもっています。
コロッとした冷凍果物は、赤や紫、黄色、オレンジ、赤などなど、まるで色とりどりのキャンディのようです。
そんなビジュアルとキャンディのように親しまれることを願い、FARMERS CANDYというブランド名をつけました。

●FARMERS CANDY(スムージーベース・フローズンフルーツ)商品の特徴
飴のキャンディと異なる点を挙げるとすると・・・

・常温では溶けてしまう
・天然のビタミン等、アンチエイジングに有効な成分が豊富に含まれている
・血糖値が上がりにくい
・1日量、200ℊを食べても健康づくりに役立つ
・食事として食べられる

FARMERS CANDYの商品特徴は、CAMPFIRE上でもご紹介しましたので
お時間ある方は合わせてご覧いただければと思います。

3.持続可能な農業への取り組みとして

持続可能な農業の実現には、環境課題への取り組みと人材確保の二つが必要です。言いかえるならば、ハード面とソフト面でしょうか。

農地となる土台の地球環境が健全でなければ良い作物は育たたず、農業を営むことはできません。
近年では、農業が地球環境に与えるインパクトは小さくなく、例えば、差し迫った課題として、温暖化防止のための脱炭素の取り組みが求められています。

FARMERS CANDYは、以下2つの環境課題への取り組みを兼ねた商品です。
・フードロスの削減→収穫物を冷凍加工することで活用用途を広げ廃棄を減らします。
・エネルギーロスの削減→農産物生産過程における剪定枝などの廃材や、フルーツ加工過程における残渣を利用し、エネルギーに変えたり、畑の堆肥として循環活用します。

※作物は、ただ廃棄すると、腐敗の過程で温暖化の元となるガスを発生します。一方で、生ごみとして廃棄すると焼却のためのエネルギーが必要です。

FARMERS CANDYを通し、引き続き課題解決の糸口を探っていきたいと考えています。

二つ目として、おいしい果物を生産する上で人材確保が欠かせません。
日本の果樹栽培は、繊細で多くの手がかかります。
収穫に至るまで何度も人の手が必要になります。

収入の大部分は人材確保のための人件費となり、前払いのようなもの。
ですが、収量等に影響を受ける農業収入は大変不安定です。

年間販売可能な商品を企画しお届けすることは、安定的な収入源確保につながります。
FARMERS CANDYは冷凍果物のため年間を通して販売が可能です。
売り上げの一部を、労働環境の整備や農業技術へ投資(設備投資)することで、農業の未来をこれからも考え行動することができます。

長くなりましたが、最後に
私たち生産者だけではなく、FARMERS CANDYを通して多くのお客さまとつながることで、農業に新しい何か?!や、面白いことがうまれたらなと考えています。

2022年6月28日正午 ECサイトプレオープン直前に
〖FARMERS CANDY〗
https://farmerscandy.jp/