見出し画像

鶴と亀

数年前、目の前に何度も亀のモチーフが現れるようになった。

友達がくれた小物入れ、スペイン土産の聖母マリアのメダイ、いただいたリュックの柄、すべてが亀の形を表していた。

「スピリットアニマル」という言葉を知ったのもその頃で、今の私を安全に導くガイドは亀の姿で現れるのだな、と理解した。

ある時、ハトヤへ行き「海底温泉」に入ると、がらんとした浴場内には白人の素敵なおばあさんがひとり佇んでいた。

その人は私を見るなり「あの端っこに行ってごらんなさい。亀がいるわよ」と英語で話しかけてきた。また亀だ。

言われた通り端っこへ行くと、ガラスの向こうで巨大な亀が一生懸命泳いでいた。


最近は、鶴がよく現れる。

友達から「鶴の恩返し」をモチーフにしたギャグ漫画が送られてくるし、自分の部屋に籠りがちな自分を「恩返し中の鶴みたいだな」と思ったりもする。

もちろん私は機織りも恩返しもしていないのだが、よく鶴を見かけるようになってから、鶴の絵がパッケージの中国のタロットも手に入れた。

その後に買ったイギリスのタロットを見てみると、大アルカナ最後の「世界」の絵柄にも、飛び立つ鶴が描かれていた。


友人でありクライアント様でもあるAちゃんは、数奇な運命に導かれる中で、やはり亀が度々現れていた。

彼女から亀の話を聞く時は、まるで私の前にも亀が現れているように思えた。物質でも話題でも、亀というエネルギーが現れていることには変わりないからだ。

ある時、セッションを通して、私は彼女に某所へ行ってくださいと告げた。

私の信念は「目の前のことがやるべきこと」なので、どこかへ行くべきだというメッセージは日頃ほとんど伝えることはないのだが、とにかく彼女のガイドはそこへ行って欲しいと言っていたのだ。

そして彼女は空がきれいな佳き日にそこへ向かい、海辺でまたしても亀の石に出会った。

「あなたは守護のもと、安全に導かれています」

ということを何度でも証明するかのようなスピリットアニマルの出現だった。


相変わらず私の前に鶴が現れている日々の中で、ある日Aちゃんから画像が送られてきた。

数年前に鎌倉の山中で見つけたという「大亀石」の写真と解説文だった。

そこには「鶴と亀は五芒星と六芒星を表し、陰陽のペアであり、世界を表す」と書かれていた。

そうか、鶴と亀は陰陽統合のシンボルなのだ。

だから亀だけではなく鶴が現れていたのか...。

イギリスのタロットの「世界」のカードは、下の方に牙をむく蛇がいるのだが、鶴は木漏れ日の世界へと颯爽と飛び立っている。

もしかしたら、鶴が向かうのは亀がいる場所なのかもしれない。

そう納得した時、夫と息子が部屋に入ってきた。ずっと計算問題を教えていて、やっと息子が腑に落ちてくれたのだと言う。

マイナスの捉え方をわかっていなかったためマイナスが出てくる計算でつまずいていたらしいのだが、

「陰陽統合で説明したらやっと伝わった」

と言われて驚いた。あまりにもタイムリーすぎる。

「-5」の概念を教えるのに、陰陽マークの片方ずつを「-5」と「+5」だと説明したらしい。

−5 + +5

答えはゼロ、つまり陰陽統合とはゼロのことだ。

ここ最近のテーマだった「ゼロポイント」とまたここで繋がった。


「ゼロポイント」について少し説明したい。これは精神的な在り方のことなのだが、実はこのスタンスはすべてに置いて非常に大切な状態である。

私はセッションでの霊視中、出てくるものをジャッジしない「ゼロポイント」をキープしている。

現代人は過剰に幸せや成功を求めてしまう生き物だけど、ある見方によれば嬉しすぎることは心臓に負担がかかる。

たくさんの家族や孫たちに誕生日を祝われた高齢者が翌日に亡くなるケースが時々あるけど、あれは自己肯定感と喜びが心臓に負担を与えたと考えることもできるのである。

もちろん、それすらもご自身で描いた魂の計画なのだが、とにかく怒りすぎは肝臓に負担がかかるし、喜びすぎは心臓に負担がかかる。

だから「ゼロポイント」を生きることは大切なことなのだ。

不安でも期待でもなく、悲しみでも喜びでもない。

だけどリラックスして、ハートは信頼に開いている状態。

「魂の目覚めの段階」の後半へ来ると特に「ゼロポイント」じゃなければクリアできない課題も出てくるのだが、それがなぜなのか今までは言語化できなかった。だけど、

統合とはゼロのことなのだと理解した今、すべてに納得がいくのである。

私と同じように鶴と亀についてご飯を食べながら考えていたAちゃんは、ふと見ると箸に鶴と亀が描かれていたと言って、その画像も送ってくれた。


かごめかごめ 籠の中の鳥はいついつ出やる

夜明けの晩に鶴と亀が滑った

後ろの正面だあれ?


かごめかごめの歌はオカルトや陰謀論でも度々取り上げられているけど、

『鶴と亀は滑った』のではない。

『鶴と亀は統べった』のだ。

『籠の中の鳥』とは、まだ目覚めない魂のこと。

その魂が『いついつ出やる』か、後ろの見えない存在たちや宇宙存在たちも待ちわびて見守っているのだろう。

『夜明けの晩』とはまさに苦しみを超えた後の魂の夜明けや、もしかしたらアフターコロナの新世界をも表し

『後ろの正面』にいるのは...

ずっと背中合わせで別次元を生きていた片割れ、もう一人の『わたし』


その時が今、もうそこまで近づいている。


画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
あなたの明日の運勢は最高!
26
画家/タロット占い師によるパラレルワールド・ノンフィクション。 絵はすべて私の作品です。 http://birthday-cake-twinkle.mystrikingly.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。