マガジンのカバー画像

京都くらしの編集室

京都に住むフリーライター江角悠子が、日々考えたことや人生の気付き、仕事についてのメモ。ブログには書けない本音をつづっています。最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HS… もっと読む
このマガジンを購読すると、月に約8本前後のコラムをお届けします!購読初月は無料(カード払いの方)。… もっと詳しく
¥500 / 月 初月無料
運営しているクリエイター

記事一覧

意識すると、引き寄せる。

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
6

無自覚に飲み込まれる。

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
3

強制的、母の日。

なんか居心地が悪かった。 母の日、母の日って。 みたいな。

スキ
3

「類は友を呼ぶ」と「引き寄せ」

5月になりました! 今月もどうぞ、「京都くらしの編集室」をよろしくお願いいたします。 このマガジンでは、月に約8本前後のコラムをお届けします。購読初月は無料(※カード払いの方)です。単体で購入できない記事も多いため、月額購読がオススメです。 内容は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパス、インナーチャイルドについて考察することが多いです。 -------------------- 最近、立て続けに引き寄せの本が手元に届いて、それを面白く読んでいる。

スキ
12

わざと間違える。

ヒップホップダンスを習い始めて半年。 一番最後に入会したので、一番下手っぴなところからスタート。みんなに追いつきたくて、家でも練習をしていって、何とか追いつけたような気がしている。 でも、クラスで一番うまい人になりたくて、っていうか、BTSを目指しているので(笑)もっともっと練習をしなければいけなくて、家での練習は続けている。

スキ
3

もう毒親と言いたくない。

祝福されて生まれてきたかどうかが、その後の人生を大きく左右すると思う。 実際に祝福されていたかどうかじゃなくて、本人がそう思えるかどうか。 親がどんなに子どもの存在に感謝し、愛していると思ったとしても、愛しているからこそ、イイ子になってほしい、(自分の考える)理想の子になってほしいと思って、無理やり暴力でしつけようとしたら、本人は「愛されている」とは思えない、だろう。 そこは絶対に間違えたらいけないのだ。 でも、人は誰でも間違える。 当然、私も間違える。 その間違い

スキ
6

沖縄に行きたい。

なんとなく、昨年くらいから沖縄に行きたいと漠然と思っている。 沖縄に行きたい。 3年前に、ダイヤモンドクルーズに乗ったとき、那覇市に10時間ほど船が寄港した。そのとき、船を降りて国際通りを観光したけれど、本当にチラッと、チラッと寄っただけ。 満喫できていない気持ちもあって、もっとしっかり行きたいなぁと、漠然とずーっと思い続けている。

スキ
7

認知の問題。

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
4

私が本を出版するまでにしたこと。

すごいタイトルだけど。 まるで本をすでに出した人みたいなタイトルだけど、これから私が自分の本を出すためにすることを、つぶさに書き残しておこうとふと思いついたので、書いてみる。

スキ
4

覚悟を決めてから起こったこと。

4月になりました! 今月もどうぞ、「京都くらしの編集室」をよろしくお願いいたします。 このマガジンでは、月に約8本前後のコラムをお届けします。購読初月は無料(※カード払いの方)です。単体で購入できない記事も多いため、月額購読がオススメです。 内容は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパス、インナーチャイルドについて考察することが多いです。 ------------------- ずっと自分の本を出したいと思っていた。頭の中では思い描いていたけど、な

スキ
8

あなたが、一生かけて叶えたい夢は何ですか?

3ヶ月にわたる、さとゆみさんのライティング・ゼミが終了した。最後の課題は、書籍の企画書を作り添削してもらうというものだった。 企画書をなんとか書き終えたとき、これまで自分の本を出したいと思い続けていたわりに、企画書すら書いたことがなかった自分に改めて驚いた。 思ってることと、やってることが、全く一致していない。 そりゃ、叶うわけないわ。 今回、ゼミの課題で締切があって、やっと取り組めた。 いつもそうだなぁと思う。「京都ライター塾」もずっとやってみたいと思っていたけど、

スキ
7

チャネリングと直感。

一粒万倍日+天赦日+寅の日が重なるという、何だか縁起のいい3/26に、前々からやりたいと思っていた「お手紙チャネリング」を始めてみました。 まずはメルマガに登録してくれている人に先行してお知らせ。 チャネリングを自分がどのくらいのペースでできるのか、まだ計りかねているところもあり、あと需要もどのくらいあるか分らないし、ひとまず限定10人としたのだけど、あっという間にSold outとなって、なんか感激。 開運日が、さらに良い日になったなぁと思いました◎ 「チャネリング

スキ
9

私はもう自由だった。

チャネリングをして、気が付いたことがあった。 その話。

スキ
6

やっぱり嫌だよね、ということを体験することで気が付く自分の本当の気持ち。

1月から受講しているライター、さとゆみさんのライティングゼミ、最終日が対面で実施されるとのことで、東京へ行ってきた。 会いたい人に会い、行ってみたかったところに行き、学び、飲んで食べて、3年ぶりの東京を大満喫。

スキ
6