新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

データドリブン時代に役立つツールについて

先行きが不透明なこんな時こそ、
あなたの会社もデータを再度分解することで
見えてくることがあります。

その最初の方法は、データドリブンマーケティングを
強化するです。

データドリブンマーケティングでは、
データが重要な役割を果たしますが、
実は分析ありきではありません。

活用ありきで考えることが重要です。

そしてデータを抽出する
ツールにもさまざまなものが存在します。

そんなツールもいくつかご紹介します。

1つ目は、DMP(データマネジメントプラットフォーム)
です。
DMPは自社サイトにおけるユーザの行動データと、
サイト外での検索語句などのデータを統合することができます。

よって、よりターゲットユーザ像が鮮明になります。

2つ目は、Web解析ツール
です。
Web解析ツールは、Webページに埋め込まれたタグをもとに、
Webページへのアクセス状況を定量的に集計するためのツールです。

3つ目は、MA(マーケティングオートメーション)
です。

MAツールは、営業商談を前提としたツールです。
すべてが自動化という訳にはいきません。

Webページのアクセス状況や顧客のデータから、
営業面談をおこなうべきか否かの優先順位を区分していきます。

4つ目は、SFA(セールスフォースオートメーション)
です。
SFAツールは、商談活動や売り上げ実績
などの営業活動を「見える化」することで、
活動の効率化を図るツールです。

5つ目は、CRM(カスタマーリレーションシップマネジメント)
です。
CRMツールも、SFAツールと同様に営業活動を
「見える化」して営業活動を支援するツールです。

決定的に違うのは、
BtoBに向いているのは、SFA
BtoCに向いているのは、CRM
です。

また、購買目的やニーズなども含めた定量的な
情報も管理することが可能です。

顧客そのものも「見える化」
することに向いているツールです。

最後の6個目は、BI(セルフサービス)
です。

BIは、事業活動によって得られる
データを事業改善に活用しようとする試みのひとつです。

BIとは、Business Inteligence
(ビジネス・インテリジェンス)」の略です。

企業間の各部署がそれぞれに蓄積している
膨大なデータを、収集・蓄積・分析・加工して
経営戦略のための
意志決定を支援することを指します

このような6個のツールを
ご紹介させて頂きました。

新型コロナで気分が落ち込んでいる経営者のあたは?
あなたのデータ分析やデジタル感度は間違っていませんか?

また、新型コロナはこの秋以降も
まだまだ継続するという問題が起こる可能性に準備をしていますか?

会社にテレワークの導入しても
ZOOMによるオンラインを導入しても
まして、
マスクや消毒液以外の物販を転売することを考えていたり
新型コロナをネタに小売り業に参入しているなら、

それはもう古いのでアップデートが必要ですね

具体的には、
負の二項分布という評価を受けた研究があります。

確率思考の戦略論という赤字のUSJを
黒字にした実績を上げた方法があります。

NDBモデルという調査結果があります。

Γ, γやΘ、θが意味不明でも
エクセルに数値を挿入するだけで
データを活用すれば、あなたの商材が何回
購入してくれるか予測ができるようになります。

あなたがデジタルとアナログを活用したいなら、
さらにOODAループやデジタルの切り口が分かる
というメリットが生じます。

新型コロナで景気が下振れするという間違いで、
これ以上、あなたの会社の社員やステイクホルダー
に損害を生じさせないために、デジタルとアナログ
のマーケティングの活用することを機会を会社に取り込んで
見てくださいね!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

インターネットを活用して自分の商品・サービスを売りたい! でもなかなか売れずにモヤモヤしている問題を解決する アドバイスをしています。 https://www.youtube.com/channel/UCxrQWY0HlXqFcOfe02_uztg/videos

10
上場企業から化粧品通販会社まで20年以上勤務。株式会社ルーチェ設立後、独自メソッド「6ステップ法ベルトコンベア理論」を提唱。書籍は「伝説の通販バイブル」(日本経済新聞出版社)、 「小さな会社ネット通販 億超えのルール」(すばる舎)。多摩大学 経営情報学部の非常勤講師も兼務する