ライブコマースでできるLTV向上のヒントは、リアルのファンコミュニティから
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ライブコマースでできるLTV向上のヒントは、リアルのファンコミュニティから

LTV向上が重要視されるようになった背景は
広告費の高騰があります。

本題へ
企業が持続的に発展するためには、
ドラッカーの有名な言葉に、

企業の目的は顧客の創造である
というものがあります。

近年、顧客との関係性の中で
LTVに注目が集まっています。

顧客生涯価値と訳されるLTVは、
ある顧客が生涯を通じて企業に
もたらす価値のことです。

LTVが重要視されるようになった
背景について紹介します。

1:5の法則による既存客維持
の重要性があります。

新規顧客を獲得するためには、
既存顧客との関係を保って同じ金額の

収益を得る場合と比較すると、
5倍の費用がかかると言われています。

これが1:5の法則と言います。

既存顧客と長期的に良い関係を築ければ、
1人の顧客から継続的に収益を得られます。

全体的な利益は向上すると
考えられるようになったのです。

市場シェアの追求から
顧客シェアの拡大という
方向にシフトしつつあります。

特にコロナ禍において加速しました。

企業が事業を拡大し利益の向上を
目指すためには、新規顧客の獲得も当然重要です。

既存顧客との関係性を維持しながら、
同時に新規顧客へのアプローチも続ける必要があります。

既存顧客の関係維持で有効な手法があります。

中国では当たり前になっている売り方に
ライブコマースがあります。

ライブコマースは、長く続けるほど大きな
効果を得られる可能性が高いそうです。

そのためには、継続的にライブ配信を
実施する必要があります。

しかし、ライブコマースを初めて行う場合、
配信のやり方が分からない

続けられるか不安
といった課題をお持ちの方も多いと思います。

日本では、まだ積極的に
ライブコマースを実施している企業が少ないです。

ライブコマースで期待できるのは、
新規獲得よりも既存のお客様の
アップセルやクロスセルの増加だと思います。

利用法はこんな感じになると思います。
知見が集まればノウハウを共有したいと思います。

仮に、ライブ配信中にある既存の視聴者が
商品及びサービスを購入したとします。

ツールで購入を知らせるエフェクトを
表示させることができるので

他の人が買っているから自分も買って
みようかなと考えるユーザーも
現れる可能性があります。

販促につながる可能性がありので
ここを狙うのが一番簡単な方法です。

ライブコマースを実施すれば、
1度の配信でアップセルや
クロスセルの両方の増加が期待できます。

ライブコマースを継続して定期的に
実施することで、視聴数を増やすことができます。

視聴数の増加は、視聴者同士の繋がりを形成します。
ファンコミュニティの醸成に役立ちます。

ライブ配信を通して顧客と何度も接触することで
配信者のファンが増えます。

その結果、リピート促進に役立ちます。
ライブコマースを行うことで、

購入頻度と接客頻度を増加させ、
LTV向上を実現が可能になります。

まずは、コミュニティを
作ってZOOMのミーティングからスタート
してみてはいかがでしょうか?

詳しくは、こちらをご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://luceflix.com/optin-512178541634535982409?fbclid

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
通販プロデューサー&通販コンサルタント通販コンサル  西村公児

インターネットを活用して自分の商品・サービスを売りたい! でもなかなか売れずにモヤモヤしている問題を解決する アドバイスをしています。 https://www.youtube.com/channel/UCxrQWY0HlXqFcOfe02_uztg/videos

上場企業から化粧品通販会社まで20年以上勤務。株式会社ルーチェ設立後、独自メソッド「6ステップ法ベルトコンベア理論」を提唱。書籍は「伝説の通販バイブル」(日本経済新聞出版社)、 「小さな会社ネット通販 億超えのルール」(すばる舎)。多摩大学 経営情報学部の非常勤講師も兼務する