見出し画像

デザート・ネクロ

 人間でなくなったロジャーが遺跡から抜けると、ラクダの子どもが座り込んでいた。嫌がるラクダを拾うとオアシスに向かう。遊牧民がロジャーを見て不思議そうな顔をする。

「すまないが水をもらえないか」

 うまく飲まない。水でなくミルクが欲しいようだ。ロジャーが遊牧民を見ると、彼は長銃をこちらに向けた。

「この前奴隷が死んでな。代わりを補充したい」

「俺はもう人間じゃない。やめたほうがいい」

 遊牧民が撃つとラクダが吹っ飛んだ。遊牧民がリロードしている間にロジャーはラクダにしゃがみ込み、死体を撫でた。

「まだ死ぬ予定でないのに」

 もう一発放たれたが、それはロジャーの前で砂に落ちた。

「は?」という遊牧民に向き直ったロジャーは彼の耳に指を突っ込んだ。暴れる遊牧民が萎れ、砂になった。ロジャーは水めいた液体まみれの手のひらをラクダに塗る。ラクダは眼を覚ました。子どもはロジャーを嫌がったが、なんとか抱えられた。

「親を探そう」


【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
復路鵜

頂いたサポートで本を購入したり食費をアレコレします 他のnoterの記事も見に行きます

そのスキがわたしを救う
9
小説を書いて読んだり勉強しています。 自サイト(がらくた採掘場):http://clannadetc.s56.xrea.com/