見出し画像

社員紹介File(HRメディア&テクノロジー採用支援事業部/ディレクターグループマネージャー/大友千京さん)

こんにちは、エン・ジャパン新卒採用担当です。
前回の社員紹介Fileに引き続き、面接を実施している社員の紹介です!

前回の記事はこちら↓

まず初めに、簡単な自己紹介をお願いします!

東京都出身。2008年にエン・ジャパンに新卒で入社しました。
コピーライター/メンバー⇒コピーライター/リーダー⇒コピーライター/マネージャー⇒ディレクター/マネージャー⇒コピーライター/マネージャー⇒ディレクター/部長……と、エン転職を運営する事業部にて、クリエイティブ周りの職種を行き来しています。

高校生活や大学生活で注力していたことについて教えてください!

小学校から私立に通っており、とにかく文武両道が大変でした。毎朝校庭10周マラソン、夏休みには毎日10時間くらいやっても終わらないほどの宿題……。心身の強さは、ここで鍛えられたと思います。

小学生の頃からクラシックバレエを習っており、高校では英語ミュージカルの部活に、大学に入ってからはジャズダンスを始めました。また同時に放送研究会にも入り、年数本の映像作品をつくったりも。
予備校でインターン兼アルバイトをしていましたが、それはそこそこに、自分の好きなこと、興味を持ったことに全力で振り切った期間でした。

どんな就職活動をしていましたか?その中でエン・ジャパンに決めた理由を教えてください!

エン・ジャパンに応募した理由は「コピーライター募集」をしていたから。高校生の頃に見た東京ディズニーリゾートのアルバイト募集の広告コピーに感動し、「こういうのを書く人って誰なんだろう?」「自分も書いてみたい」と思ったのをきっかけに、コピーライターになることを目標としてきました。それに伴い、大学もメディア学を学べる学科に入学していたんです。

いざ就活をしてみると、たいていの広告代理店は総合職募集。コピーライターとして配属されるのはごく一部という現実でした。そんななかエン・ジャパンには「コピーライターコース」がありまして。
面接で「東京ディズニーリゾートのアルバイト募集の広告コピーに感動して」という話をしたら、「きっかけ、求人広告なんだ?」と当時の面接官に言われてハッとしました。まったく意識していませんでしたが、商品広告でもキャンペーン広告でもなく、求人広告だった……と。
「求人広告は仕事の広告。100円のお菓子とは違って、その人の人生に大きな影響を与える広告なんだよ」と教えてもらい、この仕事の価値の大きさを再認識し、入社を決めました。

現在の仕事内容について教えてください!

現在は、エン転職に掲載する求人広告を作成するにあたり、企業に取材をしたり、入社成功のための提案をするディレクターをまとめる仕事をしています。

企業は、人材に関する悩みをたくさん抱えています。「応募が来ない」「入社してもすぐに辞めてしまう」など。
企業が置かれている状況を明らかにしながら、社長でさえ気づいていないその会社の魅力を見つけてあげたり、その会社に合う人を考えてあげたり。ときには新しい福利厚生や制度の導入を提案することもあるのが、ディレクターです。
経営者や人事と対等に議論するポジションなので難易度は高いですが、自分の提案がその企業の成長に直結する仕事。
多くのディレクターメンバーが能力・スキルを上げ、早期にやりがいを感じられるよう、育成・マネジメントをしています。

最後に仕事以外の質問です!仕事以外でパーソナリティが分かる情報を教えてください!

どちらかというとインドア派で、月並みですが、本と映画が好きです。本は年100冊くらい、映画は年350本くらい見ます。

あと韓国文化も好きで、音楽・映画・ドラマ・食べ物ももちろん好きなのですが、北朝鮮との境界線(板門店)に行ったり、脱北者の方に話を聞いたりしたこともあります。

エン後輩と行った旅行

以上です!大友さんありがとうございました!


この記事が参加している募集

#社員紹介

6,652件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!