マガジンのカバー画像

下町そぞろめぐり

23
2022年10月に開始する「下町そぞろめぐり」のマガジンです。 スタンプラリーと不定期マルシェを開催します。このマガジンではイベント作りの舞台裏もご紹介する予定です。ご質問や書い… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

下町そぞろめぐり2023 #19 縁の木

人々を珈琲の縁でつなぎ、アップサイクルで地域の大きな木を育てる取組み 縁の木さんは、お子…

下町そぞろめぐり2023#18 KONCENT駒形本店

モノを創る人と造る人、そしてモノを使う人をつないでゆく、それかKONCENT「コンセント」です…

下町そぞろめぐり2023 #16 麺処 むささんじん

お客様のおなかと心を満たすラーメン店の取組み 2010年よりこの地で開店。以来今年で14年を迎…

下町そぞろ歩き 2023 #17 古書みつけ浅草橋

 書店の空白地帯とされる台東区の浅草橋エリアに2021年10月8日、古書店「古書みつけ」(浅草…

荒川光一
2か月前
5

下町そぞろ歩き2023年 #15 KAKUUCHI CAFE FUTABA(カク…

 当社は、蔵前の新堀通り沿いに店を構え、1944年(昭和19年)に創業し、80年近い歴史を持ちま…

下町そぞろめぐり2023 #14 東京東信用金庫 三筋支店

縁 あたたかく ー 人へ・街へ  経営理念の「縁 あたたかくー人へ・街へ」のテーマと、信…

下町そぞろめぐり2023 #13  ライオン

ライオンさんが蔵前にやってきた!ライオンさんと言えば、家庭のどこかに使われている製品があると思います。オーラルケア、ビューティケア、ファブリックケア、リビングケア、薬品など、私たちの生活になくてはならない製品を提供してくれる会社です。 そんなライオンさんですが、2023年4月、蔵前一丁目に本社が移転してきました。オフィスは東京エリアにあった4つのオフィスを集結し、環境にも配慮したものです。社員どうしがつながりやすく、共創に向けた仕掛けづくりに配慮したオフィスです。 スタン

下町そぞろめぐり2023 #12  イーストサイドトーキョー

花とクラフトの新しい文化を下町から発信イーストサイドトーキョーは、2009年9月、東京の下町…

伊井 憲一
2か月前
5

下町そぞろめぐり2023 #11  Little Shop 蔵花

店主セレクトの素敵な生花とドライフラワーお花が大好きな清水さんがお花屋さんをやりたい、と…

伊井 憲一
3か月前
7

下町そぞろめぐり2023 #10 佐野印房

御徒町から世界へ印鑑文化を  「佐野印房」は一生の供(友)となる印鑑を、伝統に裏打ちされ…

下町そぞろめぐり2023 #9 コトノハ‐studio kotonoha-

書道そして反故紙から始まる地域の輪 ~「書く楽しみ」から「つくる楽しみ」そして「集う楽し…

下町そぞろめぐり2023 #8  シモジマ浅草橋本店

何でも揃う包装資材のお店シモジマ浅草橋本店は文具、オフィス用品、日用品なども扱い、環境配…

伊井 憲一
3か月前
5

下町そぞろめぐり2023 #7 KAWA KITCHEN …

 「お客様に気軽にサステナブルな食のひとときを堪能してもらいたい」  KAWA KITCHENは、隅…

志村昌子
3か月前
10

下町そぞろめぐり2023 #6  リンネバー/Rinne.bar

アップサイクルなもの作りが楽しめる日本発のモノづくりバーリンネバーはゴミになってしまうはずだった素材を、自らの手でアップサイクル作品に甦らせる、新御徒町にあるモノづくりバーです。 誰かの不要となったものが、誰かの価値あるモノに生まれ変わる「アップサイクル」、そんな作品づくりが楽しめます。 お酒やドリンク飲みながら、自分だけの手作り作品が作れます。工作が得意でない方も、いろいろなキットもあるので、素材を選ぶだけであなただけのオリジナル作品が作れます。もちろんスタッフが丁寧に