見出し画像

豆のすすめ

こんにちは。emi-chanです。
最近は早くコーヒーを提供する日々が帰ってくることを願いながら、自宅で過ごしております。こんな今だからこそ何ができるかを日々考えるなかで、
「少しでもコーヒーに触れて楽しんでいただきたい」
「ホッとする時間をコーヒーを通して過ごしていただきたい」
そんな思いから何か提供できる情報はないかと先日、自社で仕入れている各ロースターの特徴とURLを記載したツイートをさせていただきました。


本日はこのツイートの追記として私の飲んだことのあるも豆のなかから、オススメと人気だったものを紹介していきます。ぜひ購入の際のアシストとなって頂けたら幸いです。
こちらは「豆の種類/農園名」の順で記載しております。


【SingleO】

・ケニヤ Gatuya AA
・ホンデュラス Agua Caliente
・エチオピア Aricha
・Killerbeeブレンド


SingleOの特徴として「豆がまるで生きてているかのようなジューシーさ」が味わえるのが最大の特徴です。
その中でも特にオススメしたいのが「ホンジュラス」
よりみずみずしさが感じられて旨味が口の中いっぱいに広がります。
思わず「うまい」という言葉が自然と漏れてくるほどの美味しさでした。
カシスやプラムといった甘酸っぱいフレーバーの中にも、シロップのようなとろける質感の豆となっています。
再販されたのでぜひ皆さんにもこのジューシーさを味わっていただきたいです。


【WEEKENDERS COFFEE】

・エチオピア Anasora Kelloo
・ホンジュラス Joaquina Montoya
・コロンビア Alberto Valenzuela (浅煎り)
・グアテマラ La Libertad Cuevitas

WEEKENDERSは香り高い浅煎りのコーヒーが特徴で、ラインナップも爽やかなテイストが多く揃えられています。
しかし、あえてここでオススメするのが「グアテマラ」
カフェでも人気だったこちらですが、めずらしく深煎りの豆となっております。ナッツやチョコレートなどのグアテマラの定番フレーバーですが、
この豆はなんと言っても、ブラウンシュガーまたはそれ以上の上品な甘さ、クリーミーさに虜になってしまうほどの美味しさです。
ブラックコーヒーは苦手だったけれども、これなら飲めるという声もたくさんいただきました。酸味が苦手な方にはとてもオススメのコーヒーです。


【ROKUMEI COFFEE CO.】

・ケニア Wachuri Factory
・エチオピア Sidamo Guji Shakiso
・コスタリカ Los Angeles Los Girasoles
・ROKUMEI BLEND
・KASUGA BLEND
・SARUSAWA BLEND

シングル、ブレンドともに旨味がたっぷりなROKUMEICOFEEでオススメするのは「ケニア」「エチオピア」「コスタリカ」「KASUGA BLEND」
このシングルの3つは絶対発注にかけるほどの安定した美味しさです。
特にコスタリカは群を抜いて信頼できる美味しさを持っています。
りんごのような甘さにキャラメル、チョコレート…甘さのオンパレードのようなコーヒーです。これは実は精製方法に秘密があるのですが…この話は次回させて頂きますね。
さて、もう1つのKASUGA BLEND。このブレンドの何がすごいのかというと
「エチオピア」と「ケニア」のいいとこ取りなのです。
コーヒーを思わせないようなティーライクなフレーバー。両方の豆のフルーツの香りが混ざり合ってできた旨味は、どのブレンドにもない特別な味わいとなっております。


【Lilo Coffee Roasters】

・ドミニカ共和国 Ramirez(浅煎り)
・メキシコ Guadalupe Zaju
・ペルー Cajamarca 
・インドネシア Wahana Long Berry

種類豊富、個性豊かな豆たちからどれを選ぶかとても苦労しました。
この中から特にオススメするのが「ドミニカ共和国」
名前だけではどんな味なのか想像しづらいですよね。このドミニカは、
色で例えるならピンク。フレーバーはストロベリー、ラズベリーといった甘酸っぱい旨味がぎゅっとつまっています。
飲んでいるものはコーヒーなのに、フルーツをそのまま食べているようなその味は癖になること間違いなしです。
その他にもLiloでは、同じ豆の焙煎違い、精製方法違いなど種類豊富に楽しめるラインナップが揃っています。


【REC COFFEE】

・エチオピア Chire
・ホンジュラス El Liquidamber
・エルサルバトル Monte Sion
・ブラジル Passeio
・博多ブレンド

RECはクリーンな味わいとしっかりとしたボディのコーヒーが特徴ですが、そのなかでもオススメするのが「ホンジュラス」「エルサルバトル」
この2つは絶対に発注リストに入れるほどの安定した美味しさです。
酸味の強い豆ながら、シロップを思わせるよなとろりとした質感が特徴な
ホンジュラス。
落ち着いた甘さの中にもグレープフルーツのような爽やかな酸が広がり、
クリーンな味わいを持つエルサルバトル。

天気の良い日の窓辺で飲むには抜群の爽やかテイストになっています。
両豆ともアイスコーヒーにもぴったりなので、暖かくなってきたらぜひお試しください。


【TAOCA COFFEE】

・TAOCA BLEND
・苦楽園ブレンド
・岡本ブレンド
・ブラジル カウモ農園

どのブレンドも美味しいTAOCAでどれが美味しいとは正直オススメするのが難しいですが、あえてオススメするならば「ブラジル」
TAOCAのブレンドにほぼ入っているこのブラジル(農園違いもあります)ですが、バランスがピカイチ揃っているのです。
ローストナッツやチョコレートのような重いフレーバーにオレンジの酸が爽やかに入ってくる。飽きのしないこの味は1日何杯でもいけてしまう美味しさです。
自宅コーヒーでは最も合うロースターかなと個人的には思うくらい、どの豆もホッとした温かい美味しさをくれます。


【タウトナコーヒー】

・グアテマラ コバン

 タウトナコーヒーで最も美味しい「グアテマラ」
落ち着いたその豆はホッとした味わいをくれます。
甘さを最大限に引き出したグアテマラはチョコレート、ぶどうのような甘みが口いっぱいに広がるのでやみつき間違いなしです。
ケーキなどのお菓子類にもぴったりなので、午後のおやつタイムにもいかがでしょうか。


【BONTAIN COFFEE】

・那古やブレンド
・ストロングブレンド

苦いコーヒーが飲みたい!と思ったらBONTAIN。
それくらい深煎の種類が豊富なロースターです。苦味の中にもナッツの甘さが含まれていて、あっという間に純喫茶にいるような気分にしてくれます。


【あとがき】

今回は自社で取り扱っているロースターと豆の種類に絞って、話させていただきました。正直すべての豆が美味しいため、どの豆をオススメするか絞るのはすごく悩みました。1つ1つ語りたいくらい全部のコーヒーが大好きです。中には美味しかったけれども、販売していない豆もあるのでそこらへんは割愛させて頂きます。
何よりも今、自宅で美味しいコーヒーを飲みたいという皆さんの購入の手伝いになっていただけたらという思いです。ぜひ購入された際はお話して頂けると私も嬉しいです。

フレーバーや味に関して、私個人の見解がとても含まれている記事になっておりますので、ご了承いただけたら幸いです。

それでは皆さん、よいコーヒータイムを!!

この記事が参加している募集

私のイチオシ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
16
オフィスのカフェでコーヒーを淹れてる人
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。