見出し画像

カバー付き文庫同人誌のすすめ(装丁・紙・印刷について+費用と部数)

文庫同人誌はいいよ!という記事を見かけたので、カバー付きもいいよ!という記事です。

オリジナル小説の同人誌は現在、すべてカバー付き文庫で発行しています。

A5の倍近い印刷費がかかる文庫、さらにカバー付きだとめちゃくちゃ自分の首を絞めるのですが、
比較的値段の手ごろな印刷所で、かつ早割を使うことで、少部数の発行でも何とか赤字にはならずに続けられています。

カバー付き文庫のいいところは、気軽に持ち歩きやすく、商業作品にも引けをとらない見栄えも期待できるところです。
文庫という汎用性の高い形式なので、市販のカバーも使いやすく、本棚にも納めやすいかと思います。

何より、私自身がカバー付き文庫が大好きなので!

カバー下にちょっとした工夫なんかがあるとにやにやしてしまうのですが、
形式の決まっている商業文庫はカバー下に印刷が何もなかったりしてちょっとがっかりしてしまいます。(でも新潮文庫のカバー下は好き…)

なるべく、そのままでかっこよく、かつカバーをめくって楽しい本を作りたいと思い、
細かく紙や設定も変えているので、今まで出した本についてまとめてみました。写真はカバー、カバー下、カバー下裏表紙とカバー裏表紙の順です。

恋のはけ口

画像1

画像2

画像3

カバー用紙:キュリアスIRパール103k
カバー下表紙用紙:OKマットポスト180k
本文用紙:淡クリームキンマリ70k
ページ数:200p
値段:1000円(初版は800円)
印刷所:STARBOOKS
いじめを扱った愛憎の話です。カバーはパール紙で華やかさを持たせつつ、
カバー下はしっとりとした手触りのシンプルな紙でクラシカルにまとめました。

すべての世界が終わるまで

画像4

画像5

画像6

カバー用紙:ニューエイジ135k
カバー下表紙用紙:ファンタスブラック200k
本文用紙:淡クリームキンマリ70k
ページ数:206p
値段:1000円
印刷所:STARBOOKS
夢の中の世界でヤンデレ幼馴染から何度も殺される……という、ちょっと不思議でダークな物語なので、
恋のはけ口とは反対に、カバーはシンプルなマット紙にして、表紙用紙はめくると黒く艶やかな面が見えるようにしました。(つやつやした黒い紙の裏面に表紙を印刷している)

画像7

やりたかった装丁なので満足ですが、若干文庫の表紙としては固いかもしれません。

春より早く[増補版]

画像8

画像9

画像10

カバー用紙:雷鳥コート135k+マットPP
カバー下表紙用紙:エンボスあられ180k
本文用紙:淡クリームキンマリ70k
ページ数:180p
値段:1000円
印刷所:STARBOOKS
カバーをめくると人物が消えるデザインです。
イラスト担当のしんかわさよ様にお願いして、人物のいないバージョンのイラストを作成していただきました。(ありがとうございました!)
角度を変えるとキラキラするエンボスあられという紙と、人物のいない背景で青春の甘酸っぱい話をイメージしています。

方舟はもう来ない

画像11

画像12

画像13

カバー用紙:コート紙135k+マットPP
カバー下表紙用紙:色上質紙 最厚口135k空
本文用紙:淡クリームキンマリ62k
ページ数:284p
値段:1500円
印刷所:BRO's
10万字を超える内容になったため、本文用紙をより薄い紙に変更しました。キンマリ62kはかなり薄くめくりやすいですが、やや波打ちやすい欠点もあります。
主人公が監禁され嘘の物語を吹き込まれる、というダークさと「物語」の飛躍性をモノクロのカラスで表現しています。

約束と拘束

画像14

画像15

画像16

カバー用紙:コート紙135k+クリアPP
カバー下表紙用紙:色上質紙 最厚口135k 白茶
ページ数:256p
値段:1400円
印刷所:BRO's
ラブコメなので、明るく見えるようクリアPPを採用しています。(つるつるしている)ただ、クリアPPをかけたことでカバーが丸まりやすいのが玉に瑕です。
明るくポップなイメージのカバー下にしました。

嘘とピグメント

画像17

画像18

画像19

カバー用紙:コート紙135k+マットPP+カレイド印刷
カバー下表紙用紙:色上質紙 最厚口135kg 銀鼠
ページ数:262p
値段:1400円
印刷所:BRO's
デザイン:welca
この本については、デザイン担当のwelcaさんにほとんどお任せしています。カバーはカレイド印刷を使用し、通常の印刷では出にくい明るい黄色を特色よりも手軽に表現しています。

共通設定

本文フォント:リュウミン12Q

画像20

(本文組版についてはIndesignを使用、welcaさん発行のSILFANY別冊の組版紹介を参照しています)

※値段はイベント価格です。記載のないもののデザインはあいだが担当しています。

ここには書けなかったのですが、トレペカバーや、クラフト紙のカバーの文庫も二次創作で作成しています(印刷所は日光企画さん)

カバー、表紙とデータを二種類作成する分大変ですが、出来上がりがとにかく楽しい本が作成できるので、
もっとカバー付き文庫同人誌を作る人が増えてくれたら嬉しいなと思います!

続編の記事はこちら

最新の記事はこちら

続きに、実際に刷った部数と印刷費、早割のプランについて掲載しました。
あまり幅広くお伝えするようなことでもないので、有料にしています。

もし実際作ってみたいけど印刷費高すぎるんじゃない…?って思われた方がいたら参考になればと思います。
相対的に少部数であるオリジナル同人誌の一例としてご覧ください。

あらすじなどはHPに掲載しています→http://aida-a.jimdo.com/

2018.05.25 23:50 追記:あまり幅広くお伝えするつもりはなかった内容なので、思ったより購入する方が多いので値上げします。すみません。

この続きをみるには

この続き: 934文字

カバー付き文庫同人誌のすすめ(装丁・紙・印刷について+費用と部数)

あいだ

400円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは新しい本作りのために使わせて頂きます……!

127
本作り、装丁、創作の話をします。本を作ってイベントで売ったり、電子書籍を発行したりしています。amazon著者ページ→ https://amzn.to/2VrzOCM 同人誌作りの本→https://elsur00.booth.pm/items/948325