見出し画像

週末農業 - 2019 年 9 月

2019 年 9 月 8 日

周囲に立派なブタクサがあるので、新しく出てきている小さいブタクサの除去はあきらめ(まるでカレンダーに忠実に従うかのように、高さ 10 cm 以下でも花粉をつけている)、ブドウの根(幹)、蔓、葉の除去をすることにした。

根(幹)または蔓が数メートルの長さになって地上を這っていた。

画像1

1 房だけブドウがなっていた。「収穫」したが、どこかに落としてしまったようで、味はわからない。このように枯れた蔓を先に切らなければならなかったりする。

画像2

正体不明の蔓があるのも発見した。

画像3

画像6

作業後(作業前と、もう 1 箇所の写真を撮るのを忘れた)

画像4

画像5

Facebook の日本語のグループで教えてもらったように、土地の下の方に生えているスベリヒユ(上の写真)を上の方に植えてきた。

画像10

画像11

画像12

画像13

今日の収穫(やっぱり「週末農業」というタイトルながら、自分で栽培したものは来年まで収穫できなさそうである)

画像7

画像8

画像9

2019 年 9 月 15 日

この日もブドウを除去した。何年も放置していた代償は大きかった。

作業前(手前は前回除去した)

画像14

このアーモンドの木の下の部分はブドウのせいで葉も実もつかない。下の部分は枯れたブドウの蔓である。

画像15

1 本の根(本来は幹?)から何本も蔓が伸びている。

画像16

この日切った最大の根(幹)で、直径 7 ~ 8 cm ぐらいある。このように除去作業のたびに切り戻してはいるので、数年後にはすべて除去できるかもしれない。

画像17

根(幹)が地上を這うように伸び、節目で根を下ろしている。

画像18

以前に切った太い蔓(幹)も除去しなければならないが、後回しにしている。

画像19

このような太い根(幹)は、ノコギリでは大変なので(ブダペストまで運転するエネルギーをキープしておかなければならない)、機械を購入してから切ろうと思っている。

画像20

別のエリアの作業前

画像21

別のエリアの作業後

画像22

失敗したチコリーとミミズを埋め(※ミミズの写真あり)、その上にブダペストの歩道で見つけたスベリヒユを植えた。

画像23

画像24

この日の収穫

画像25

2019 年 9 月 16 日

ブドウの除去は、お隣りさんに迷惑をかけているかもしれないので(境界はない)、早く済ませたい。

画像26

ブドウの蔓がエグランタイン(ノバラ)にしっかり巻き付いている。トゲが危ないので厄介である。

画像27

約 1 か月ぶりにヤマちゃんと再会した。

画像30

画像28

画像29

画像31

画像32

画像33

画像34

キャットフードをあげてから、途中でトカゲ狩りにいった以外は、ずっと私のそばでまったりしている。余程さびしそうに見えるのかなあと思っていたら、翌日にこんな記事を見つけた。

ローズヒップを収穫してきた。

画像35

2 種類あることに初めて気づいた。右は確実にイヌバラで、左は確証はないがエグランタイン(ノバラ)と呼んでいる。

画像36

2019 年 9 月 22 日

この日はこのエリアのブドウを除去した。この木はエノキで、沢山なる小さい実が簡単に育ち、田舎では世話が行き届いていない場所の象徴なので(ブダペストでは世話が不要だからか街路樹である)、切り倒す予定である。

画像37

春に切った根(幹)からこんなに大量の蔓が伸びている。

画像38

このエリアは木に育つ植物の苗があちこちにあり、また刈った後の硬いアワダチソウもあり、足元が最悪である。写真は左からオウシュウサンザシエグランタインセイヨウスモモで、これに加えてエノキも生えている。

画像39

作業は大変だけど、合間に平和なひとときを満喫する。

画像41

画像42

画像43

画像45

そろそろ帰ろうと、トカゲ狩りに夢中のヤマちゃんにバイバイし、駐車場まで降りていったところ、別の猫がいた。お腹にベイビーがいるようである。「さらにもう一匹」の最初の 2 文字をとって「サラちゃん」にした。「ヤマちゃん」と韻を踏んでいる。ヤマちゃんと同じように、キャットフードをあげたらモリモリ食べていた。車から遠ざけるためでもあったが、野良(野生)猫にキャットフードを与えても良いものなのだろうか(ブダペストでは与えない)。新鮮な餌を食べている猫の体に賞味期限が 2 年後のキャットフードは合うのだろうかとか、村の住民は迷惑していないのだろうかとか考える(土地は村のはずれで、近くに常時住んでいる人はいない)。だが、猫か犬を飼いたくてしかたない次男に体験させてあげたいという気持ちが強い。

画像47

画像48

画像49

画像49

朝晩は寒く、うちでも 2 週間ほど前に暖房を入れたぐらいだが、チェリートマトはまだ元気である。

画像44

ヒマワリはこの通り真っ茶色に枯れている。

画像42

2019 年 9 月 29 日

11 月 15 日に掲載されていなかったのに気付いたので、作業の詳細を覚えていない。主にフェンス内の雑草を手で抜いていたようである。

画像51

画像51

あと、食廃油キャンドルと同じ配合で、トイレットペーパーの芯を芯にして作ったバディバーナーを試した。残念ながら、火力はあるものの、黒煙が酷く、料理には使えそうにない。

画像53

画像54

画像55

自然は少しずつ色づいてきた。

画像52

トマトはまだ元気である。

画像57

画像58

ヒマワリは刈られていた。

画像56


関連記事


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
8
ハンガリーの首都ブダペストに 2000 年末から在住、京都市出身、O 型、山羊座、本業は英日翻訳業、副業は週末農業の予定。note ではばったりの出会いを楽しんでいるため、スキやフォローのお返しはしていませんが、何卒ご了承ください。※現在一時的にこのニックネームにしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。