インター今年最初の課題書は、映画 『ベイブ』の原作小説

year4(=grade3に相当)最初のEnglishの課題は、『Pig-sheeps』。映画『ベイブ』の原作です。

会話文等で所々イギリス英語だな、という箇所もありますが、全体的には平易で、なにより展開がいい。やっぱり面白いですね!

ちなみに、前学期最後のEnglishの題材は、『Charlie and the Chocolate Factory』。こちらもご存知、映画『チャーリーとチョコレート工場』の原作でした。やっぱり映画になる本は、馴染みもあるし、学校でも扱いやすいのかもしれないですね。

正直、私は『チャーリーとチョコレート工場』の話はあまり好きではなくて、ロアルド・ダールだと『George's Marvelous Medicine 』の方がおすすめ。

意地悪おばあちゃんを改心させようとオリジナルな薬を処方するのですが、その効き目が奇想天外で、引き込まれます。ロアルド・ダールは言われるほど児童文学の登竜門として優しいわけでもないのかな、と思いますが、娘もこれには声をあげて笑っていました。

ドライブ感ある物語の魅力ですね!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よりたくさんの良書をお伝えできるように、頑張ります!

Thanks! Have a nice day♡
3
育児本に欲しい答えが書いてあるか?その答えは、”maybe?”。「すぐに役立つものは、すぐに役に立たなくなる」…だから、私はよくビジネス書や小説にヒントを探しにいきます。一見関係ない本にこそ、突破口があるから。本好きの方、仲良くしてください♪良書の絶版断固反対。香港在住。