見出し画像

【前編】Blue Noteをほぼコンプした私が勝手に選ぶベストアルバムTop10

ジャズをもっと知ってみたい皆さんは、Blue Note(ブルーノート)というとどんなイメージがありますか?

Blue Noteは、ジャズの世界では圧倒的な知名度を誇る人気レーベルです。

1939年にドイツ人 アルフレッド・ライオンが米国ニューヨークでBNを設立してから、傑作と評されるアルバムを数々生み出してきました。

そんな筆者も、ある日その奥深さと”凄み”に興味を持ちオリジナル盤(最も時代の古い貴重なレコード)の収集を開始。

何作品聴いても、何回聴いても飽きることがないその素晴らしさから、私自身もあっという間に虜になりました。

当時20代前半だった私はHip HopとR&Bを熱心に聴いていましたが、「ジャズを勉強したい」という小さな”熱い”興味が沸いてから、所有するレコード・コレクションは約15年かけてBNの主要な作品をほぼ集めきるほどまでに。


ほぼというのは、私が集めたのは全てではなく、

・10インチ作品(1955年までの作品)を20~30タイトル

・1500番台(55年頃からの作品)約100タイトル全部

・4000番台(59年から作品約400タイトル全部

・LAシリーズと呼ばれる70年代の作品を50タイトルくらい

ではありますが、一枚ずつ、全てオリジナル盤でコレクションしてゆきました。


途方もない労力と資金が掛かったのは言うまでもありません。

中古レコード店に通って、時に国内のネットオークションで、時に海外のネットオークションで。「血眼になって探すというのはこういうことか」と気付くことすらないくらい夢中で探しました。

瞬く間に私の部屋はBlue Noteのレコードでいっぱいに。今思えば、寝ても覚めてもBNのことを考えていた15年間だったでしょう。もはや恋愛です。

そんなBlue Noteが世に送り出した名作を「筆者が選ぶトップ10」と題して、ジャズを楽しんでみたいというあなたのためにこちらで紹介してみたいと思いました。

今回はその前編、10位から6位までの作品を並べます。




10. Donald Byrd / Stepping Into Tomorrow / BN-LA368-G

画像1

1975年発表。58年に『Off To The Races(BLP 4007)』を吹き込んで以来、長年にわたりBNから作品を発表し続けたベテラン Donald Byrdによる快作。Larry Mizellがプロデュースを担当。

2000年代にErykah BaduやJ Dillaにもカバーされた「Think Twice」がハイライトともいえる、ジャズファンのみならずクラブ・ミュージック・ファンにも好かれている一枚です。

Donald Byrd(tp), Gary Bartz(as), David T. Walker(g), Chuck Rainey(b), Harvey Mason(ds) ほか参加。





9. Horace Silver / Song For My Father / BLP 4185

画像2

1964年録音。ポルトガルで生まれ西アフリカにあるカーボベルデ共和国という国で育った、自身の父への想いが込められたHorace Silverの名盤。Silverは52年に10インチアルバムでデビューして以降、Lou Donaldsonと並んで同レーベルで長く活躍したアーティストでした。

タイトル曲「Song For My Father」では、Joe Hendersonのテナーサックスがソロで熱を帯びるのに加え、Silverの左手と右手が生み出す独特のリズムが最高にクセになるアルバムです。ジャケット写真の男性はそのSilverのお父様ご本人とのこと。





8. Lonnie Smith / Think! / BST 84290

画像3

1969年発表。オルガンの名手、Lonnie SmithのBN初リーダー作。Ray Charlesの片腕的な存在でもあったサックス奏者 David "Fathead" Newmanと、BNではすっかりお馴染みの天才トランぺッター Lee Morganというフロント2人の参加が何とも嬉しい一枚。

1曲目のHugh Masekela作「Son Of Ice Bag」は、熱波のようなグルーヴが押し寄せる中で各々のソロが際立つ素晴らしい楽曲。タイトル曲はAretha Franklinのカバー。





7. Hank Mobely / S.T. / BLP 1568

画像4

1957年発表。ファンの間では通称1568(イチゴーロクハチ)として知られる、モダンジャズのレコードでは最も高額なことで有名な作品。

今となってはCDでもレコードの再発盤でも比較的容易に入手できるアルバムですが、81年に日本のキングが国内盤を発売するまで四半世紀近くも廃盤の憂き目にあっていた、オリジナルではプレス枚数も少ない大変希少なLP。

Sonny Clark(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds)というリズムセクションも申し分ないうえに、Hank Mobleyのテナーサックスがきらりと光る素晴らしい内容です。





6. Paul Chambers / Bass On Top / BLP 1569

画像5

1957年発表。Miles Davisのバンドをはじめ、その実力から当時あらゆるレーベルから引っ張りだこで活躍した名ベーシスト、Paul ChambersのBNでの3枚目となるリーダー作。

それまでの2枚とは異なり、管楽器が抜け、代わりにギタリスト Kenny Burrellが参加したカルテットでの演奏。Cole Porter作曲の名スタンダード「You'd Be So Nice To Come Home To」でのChambersとBurrellのソロが秀逸な出来です。

Chambersの巧みなピチカート(弦を指で弾く奏法)を、あなたも是非このアルバムでお楽しみあれ。





Blue Noteの有名な楽曲・アルバムは、歴史の中で数多くあれど、ひとつとして同じものはありません。

鬼気迫るハードバップもあれば、ゆったりとしたバラードもあります。

あなたにとってジャズへの興味の入り口となるような素敵な曲を、ここで一緒に探してみましょう。


文:福田俊一(Ecostore Records)



※【後編】5位~1位はコチラから



【Blue Noteのことをもっと詳しく知りたい方はあわせてコチラもどうぞ


ヤフオクバナー


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキをありがとう♥
191
いま大人気のレコードを、まだご自宅で眠らせ続けますか? エコストアレコードは渋谷を拠点に置く、国内最大級の中古レコード・CD買取専門店です。 買取のご依頼・ご相談は当店までお気軽にお問い合わせください。 https://ecostorecom.jp/