見出し画像

村の旅人


どうも、tokusanです。


急に1日に二回投稿って、マイペースすぎですね。


今回は、来年度からの自分の生活スタイルについて、こうしたら面白いかな?というアイディアを書きます。
一応実践するつもりです。



タイトルにもあるように、村の旅人になります。


どういうことかと言うと、

バック一つにすべての持ち物を詰め込み、生活する。

ここまでは普通のバックパッカーです。


しかし、普通のバックパッカーとの相違点は、

移動範囲を村内に絞る

という点です。


自分の目指すところは、あくまでも地域に定住し、より良い社会構造について考え、構築することです。


そのためには、まずその地域の人・モノ・コトを理解しなければなりません。

どのように地域を理解するのが良いか?という疑問に対しては、
"地域住人と関わること"が最も手っ取り早いと考えます。


なので、バック一つを背負い、村の人たちの仕事や困りごとなどを手伝いながら、
食と住の提供をしてもらい、地域住人との交流を図ります。

かなり悪く言うと、バックひとつで人様の家に転がり込んで、「助けて、、」と言って生活する訳です。



「みっともない。バカじゃないか。甘えるな。」

いくらでもアンチが湧くことは想定済みです。


しかし、裏のテーマとして、そんな生活でも生きて良いんだ。ということも示せたら嬉しいですね。

お金を稼がないと生きてはいけない。
努力をし続けないと生きてはいけない。

そんなのは幻想にすぎず、生きることについて考えさせるコンテンツを提供していきたい。



バックパッカーは究極のミニマリストであり、"足るを知る"の精神を無意識に理解しているのかもしれません。

所有の概念を持つことをやめて生きていくことが、どんなことなのか、肌で感じたいと思います。



ちなみに、村から町に出るには車で30分かかりますが、車も手放すつもりです。

スマホも解約します。(wifi環境では使います)


しかもそんな状態で、

食料の自給自足・木工で月3万・youtube登録者1万人

を達成するらしいです。


果たして一年後どうなっているのでしょうか。

まったく意味不明で理解不能です。



楽しみだなあ(白目)




それでは、また(吐血)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
地球上で人間はどう生きるべきか?を追求中の新卒フリーランス。半農半木工の自給的な暮らしを求めて。脳内の考え事を雑に吐き出します。
コメント (1)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。