見出し画像

「〇〇〇を楽しむ心」とは...

たいっへんお久しぶりです!
花粉症に苦しんでます、Dブルです!

それではそれでは
早速、Dブルインタビュースタート!

🎤✨

【自己紹介】

D🐶:どうぞよろしくお願いします!
早速ですが、自己紹介をお願いできますか?

古川👨:1995年5⽉25⽇⽣まれ⼤阪府出⾝です!
⼩学校6年⽣でサッカーで全国優勝、その後は、⼤阪市⽴旭東中学、⼤阪市⽴桜宮⾼校(サッカー部)、追⼿⾨学院⼤学経済学部卒です!

【海外での活躍】

D🐶:ありがとうございます!
学生時代からいろいろ活動をされていたと聞いていますが、教えていただけますか?

古川👨:学生時代からネパールで孤児院を運営しています。
また、ツアー事業で100名以上の若者を動員したり、海外のサスティナブル素材の輸入事業、社会貢献型CAFE &BAR経営しています!
その他には、NGO GOODEARTHの理事や衣類貿易・通訳・学校建設に取り組んでいます。

画像1

【もらいもん酒とは?】

D🐶:(す、すごい、、、)
いろいろな活動をされていて、何から聞けばいいのか、、、という状態ですが、今はどんなことをされているんですか?

古川👨:「不条理な苦しみを無くす」ことをミッションに「人々がただ与え合う社会」をビジョンにこれまで様々な事業を展開。現在、力を入れているのは”優しさが循環する社会貢献型BAR”です。自らがBARに立ち、そこで売り上げた収益は最低限の経費を除いてネパールで孤児院を建設するための費用に充てています。特色は、人々が与えられる喜びを感じるとともに、与える喜びを感じられるような体験を作れることです。”もらいもん酒”というメニューがあり、BARには行くことができないけれども、子供たちの家を建てたい。という方が自分の地元のお酒を送ってくださったりします。それをお客さんに提供しています。

D🐶:“もらいもん酒”!すごい取り組みですね!
この記事を読まれていて、そういった応援をしたいという思いを持たれている方もいらっしゃると思うのですが、それはどのように行えばいいのですか?

古川👨:店名:CAFE &BAR SUNSHINE
〒530-0057 大阪府大阪市北区曾根崎1丁目7−20 津多家第2レジャービル 402号室
電話番号:090-8949-3523
にお願いします!

画像2

【活動の経緯】

D🐶:ありがとうございます!
次にお聞きしたいのですが、先ほどの海外でのでの学校への支援や孤児院の運営について、経緯やどんなことをされたのかお聞きしたいです。

古川👨:ネパールでは孤児院運営をしており、バングラデシュでは学校・食事の支援をしています。
大学1年生の時に、ネパールの文部大臣が、私が通う大学に教育視察に来られて、その際にアテンドしたことがきっかけでネパールを知ることとなり、興味本位でネパールに行ったことがネパールとの関わりの始まりです。
今サポートさせてもらっている孤児とは、その時に出会い、本格的に活動し始めたのは、初めてネパールに渡航した1ヶ月後にネパールで地震が起こり、緊急支援を始めたところからです。最初は子供たちが大好きなサッカーができるようにクラブ創設・指導者派遣・物品支援・大会開催などを行っていましたが、他にも支援していた団体が孤児院のサポートを辞めたことがきっかけで、サッカークラブをやめて、生活に関する全てのサポートを行なっています。また、より多くの若者がこういった問題に関心を持つ機会を作るために、実際に現地にいくツアーなども実施しました。

【若者向けの現地ツアーとは】

D🐶:行動力に実行力に、ただただ感服します🙇
若者に関心を持つ機会をつくるための現地ツアーとは、どういったことをされているんですか??

古川👨:ミッションベースのツアーなのですが、①孤児院の子供たちの運動会を作ろう!②ネパール&日本の交流フェスティバル③村へ行こう!のようなみんなが興味関心を持ちやすいプロジェクトを実施しています、
現地にいる1週間でそれぞれのミッションを完成させなければならなく、運動会をする目的とは?何を持って成功なのか?子供たちがどうなったらいいの?などをスタッフと共に休むヒマもなく考え続け、そして自分たちなりの答えを導き出し、実践にまで落としこむ。と言うようなことをしております。

画像3

D🐶:そのような体験をできる、特に若いうちにできるというのは、若者にとっても大事ですし、教育全般にとっても大事な気がします。
様々な活動をされている古川さんですが、今の目標や夢はありますか?

古川👨:特にありません。日々自分は変わり、それに伴って時代、社会も変わりゆくモノだと思っているのでやること言うことはコロコロ変わります。またいつ死ぬかわからないので、今日はやり切ったと言えるように真剣に生きるのみです。

【サッカーで身についた〇〇〇を楽しむ心】

D🐶:すごい。。。✨
サッカーをやられていたとお聞きしましたが、サッカーをやってきて得たもの、今でも生かされていることはありますか?

古川👨:ハードを楽しむ心です。ボクが今、やっていることは誰でもできること。何かをすると言うことは決して簡単なことばかりではありませんが、誰にでもできることを全力で行う、つまりハードを楽しむ心さえあれば、どんな困難も越えられると思っています。

画像4

【子どもたちへのメッセージ】

D🐶:「ハードを楽しむ心」💡うまくいかないことだったり、大変な時にその言葉は心強いです!
最後に、今、サッカーなどスポーツをやられている子どもたちへのメッセージをお願いします!

古川👨:大したことは言えませんが、誰にでもできることを全力で行ってください!あとは毎日、悔いの無いように生きること!
皆さんの活躍を応援しています。

D🐶:ありがとうございます。スポーツをしている人も、仕事をしている人も、ハードな状況がある中で、それを楽しむ心を持つことが大切だということ、強く刺さりました!全力で取り組み、悔いの無いように生きていくこと!ぼくも意識して頑張ります!
本日は、ありがとうございました!

画像5


【プロフィール】

〇1995年5⽉25⽇⽣まれ⼤阪府出⾝
〇⼤阪市⽴都島⼩学校、⼤阪市⽴清⽔⼩学校へ転校、⼩学校6年⽣でサッカーで全国優勝
〇⼤阪市⽴旭東中学
〇⼤阪市⽴桜宮⾼校(サッカー部)
〇追⼿⾨学院⼤学経済学部
・学生時代からネパールで孤児院を運営
・ツアー事業で100名以上の若者を動員
・海外のサスティナブル素材の輸入事業
・社会貢献型CAFE &BAR経営
〈その他〉
・NGO GOODEARTH 理事
・衣類貿易・通訳・学校建設

■Instagram:@vegetabel_ikemen
■支援ホームページ
https://anatatoboku.thebase.in/
■NGO GOODEARTH:
http://www.kaigaikigyou.com/

【一般社団法人 日本未来スポーツ振興協会】

画像6

HP https://jf-sports.or.jp
IG @jfsgram
TW @DUGOUT31791679


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
9
2020年5月9日スタート🎤32000pv突破✨元アスリートが社会で輝く姿をインタビュー形式で投稿♪【記者紹介】[名前] Dブル🐶[年齢]36歳(独身)[趣味]散歩、Netflix【運 営】:一般社団法人日本未来スポーツ振興協会 https://jf-sports.or.jp