見出し画像

「A1明朝がウェイト展開されますように」という願い(への現実的な処方箋)

何を打ってもいい感じになる、と言い切っていい万能感あふれる「A1明朝」ですが、残念なのがウェイト展開がないこと。
「A1明朝がウェイト展開されたら…」という声を聞かない日はありません。

線に同じカラーに設定することで少しばかりの“太らせ”は可能ですが、画数の多い文字では厳しいです。

画像1


A1明朝にウェイトがなければ「筑紫Aオールド明朝」を使えばいいじゃない?

フォントワークスLETSをお使いであれば、「筑紫Aオールド明朝」を使うという選択肢があります。まったく同じではありませんが、ニュアンスとしては代替できるかと。

比べてみると、A1明朝は筑紫Aオールド明朝でいうと「DよりのM」くらいのウェイトです。

画像2


“墨だまり”の差

A1明朝をA1明朝たらしめている要素のひとつが“墨だまり”。A1明朝の紹介ページには次のように書かれています。

デジタル書体化にあたって、画線の交差部分に写植特有の墨だまりを再現するなどし、やわらかな印象と自然な温かみを感じさせる新しい書体として生まれ変わりました。

拡大すると、よりハッキリわかります。小さかったらわからないかというと、私たちはニュアンスとして感じるんでしょうね。

画像3

“墨だまり”を付加する(1)プラグイン

少し乱暴かもですが、「ないなら付けてしまえ」という方向性があります。

① プラグインで実現する(XtreamPath2の[スマートラウンド]効果)
② アピアランスで実現する

画像4

オススメは「XtreamPath2」というプラグインの[スマートラウンド]効果を使う方法。

効果として適用しますので、グラフィックスタイルとしても管理できます。Illustratorのデフォルトの[角を丸くする]効果に不満を持っている方は要チェックです。

画像5

“墨だまり”を付加する(2)アピアランス

「パスのオフセットの重ねがけ」を使うことで墨だまりを表現できます。

画像6

「A1明朝」は二度がけでOKなのですが、「新ゴ」などの場合には三度がけが必要。汎用的に使い回したい場合には「三度がけバージョン」を用意しておくとよいでしょう。

画像7

「しっぽり明朝B1」

FONTDASUさんがリリースされている「しっぽり明朝B1」を使うという方向性も。墨だまり(しっぽり明朝B1では「ボケ足」と表現)もデフォルトで再現されていますので、プラグインやアピアランスでがんばる必要がありません。さらに、ウェイトも揃っています。

画像9

比べてみると、「A1明朝」の代替というより、完成度の高い「しっぽり明朝」を積極的に利用するという切り替えもアリかと。

画像8

「しっぽり明朝」にはさまざまなバリエーションの感嘆符、疑問符が用意されているなど、逆に使い勝手がよい部分もあります。

画像10

おまけ

A1明朝に関して「もじの美貌録(備忘録)」さんの記事が興味深いので紹介します。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
DTP Transit 別館

定期マガジンをはじめました! 見逃さないように、ぜひ購読お願いします!! https://note.com/dtp_tranist/m/mebd7eab21ea5

「知っていたら早く終わる/キレイに仕上がる」など、見落としがちなポイントをおさえて効率的なデザイン制作を支援 ➡ Illustrator|Photoshop|InDesign|Acrobat|PDF|グラフィック|エディトリアル|フォント|執筆|編集|組版