持ち物も考え方もミニマルに - ローレンスさん | dripユーザーの愛用品
見出し画像

持ち物も考え方もミニマルに - ローレンスさん | dripユーザーの愛用品

 drip では、日頃から皆様の声を製品作りなどに反映しています。

そんな中で、より drip ユーザーの生の声を聞きたい...!ということで、この企画では、普段から drip 製品を愛用してくださる皆さんにインタビューを行っています。

普段の生活に drip 製品はどのように馴染んでいるのか?
そして、drip 製品を使ってくれている方はきっと他の持ち物にもこだわりがあるはず...。

drip 製品を使っていただいている皆さんにインタビューを行い、こだわりのモノやライフスタイルについてお話を伺っていきます。

今回、お話を伺った drip ユーザー

画像13

第3回でお話を聞いたのは、ローレンス さん。

本業として会社内でシステム関係のインフラに関わっているほか、副業としてブログでの発信活動なども行っています。

どんな drip 製品をお持ちですか?

今年引っ越しをして、クローゼットが新しくなったんですが、今まで使っていたハンガーが数が足りなくなってしまったんですよね。新しいものを買おうとしたんですが、なかなか良いハンガーを見つけられなくて。

そんな中で、たまたまdripの商品を見つけました。

画像3

最初はデザインに惹かれたんですが、oneger を紹介する動画をみて、見た目だけではなく機能性を兼ね揃えていることを知りました。「ミニマルだけど機能的」というコンセプトにも共感して、購入しました。


ーーなるほど...。そうすると、普段から他の持ち物でも「ミニマル」を意識していたりするんですか?

そうですね。色々な物を削ぎ落として最終的に生まれる価値に魅力を感じるタイプです。

例えば、洋服も悩まないために全部黒で同じものを揃えていたり、寝具も無印良品で揃えています。統一感を持たせるのが好きで。

まあ奥さんもいるので、家の中では奥さんの好みもあるから全て統一できるわけではないんですが...笑。自分のスペースだけは好きなもので固めてます。

ーーそのせめぎ合いありますよね。笑

画像14


ーー実際に oneger を使ってみてどうですか?

「結構重たいな」っていうのが第一印象でした。でも、洋服の重さに負けないようにあえて重くしているんだろうな、と思って。

あと、やはり「楽だな」とも思いました。パンツを横から入れられるのが一番気に入っているポイントです。

普段、ジャケットから先に脱ぐのに、普通のハンガーだと後からパンツを通すのが面倒だったりするので、この機構は買ってよかったなと思いましたね。

ーーその点に気づいていただいているのは嬉しいです。ちなみに、白を選んだ理由はあるんですか?

画像5

ローレンスさんのご自宅のクローゼット内(本人撮影)

クローゼットの中が黒い服ばかりなので、白だとハンガーが一目瞭然なんですよ。黒い服が多いからこその選択ですね。クローゼットの雰囲気作りにもなっていて気に入ってます。

ーーなるほど!色も含めて、洋服を統一している人にはすごく相性のいいハンガーかもしれませんね。

画像13

ーー ローレンスさんは他にお気に入りのモノはありますか?

1つはこのスマートウォッチですね。「Samsung Galaxy Gear S3 Classic」という Galaxy シリーズのものです...が、多分他に誰も使っていないと思います。笑

画像7

ーー確かに見たことないアイテムです...笑。天気とか日没とかを表示してくれるんですね。

画面は色々とカスタムできますよ。文字盤の色も変えられるので、ファッション感覚でその日の気分に合わせて選んだりしています。

スマートウォッチは好みのデザインになかなか出会えなかったんですが、ゴツさと洗練された雰囲気が一緒にあってすごく気に入ってます。

画像12

ーーわかります...!大抵のものって、デザインがまさに「スマートウォッチ」って感じですが、もっと時計感が欲しいですよね。

そうそう。別にスマートウォッチじゃなくても良いよね?っていう考えで避けてたんですけど、このくらいのバランス感がちょうど良いですね。

タッチパネルと、時計の外側部分を回して操作するんですよ。

画像14

ーーへえ!!このクリック感良いですね!僕もあんまりスマートウォッチとかつけてないけど、これならありだなあ。

画像10

あとはKindleを気に入ってますね。「Kindle PaperWhite」です。

ーー良いですよね、このサイズ感。

使い始めたのは最近なんですが、毎日持ち歩いちゃいますね。最初は紙の本派だったが、意外とそんなに変わらないな、と買ってみて思いました。

画像11

ビジネス書とかが多いんですが漫画も好きなので、漫画で難しい本が解説されているシリーズで内容を理解したりしてます。

バックライト式なので、ブルーライトとかを気にしなくてもいいし、SNSとかを見れないので、逆に本に集中できるんです。

ーーすごくわかります...。スマホだとすぐSNSいじっちゃいますもんね。

終わりに

画像15

ーー ローレンスさんがモノにこだわっている理由はなんですか?

ガジェットとか小物とかを揃えていると、生活の中でちょっとした嬉しさみたいなのが増えるんですよね。

もちろん、これを持っていると人生がポーンと変わる、というわけではないんですが、幸福感みたいなのを増やしてくれるのがこだわりのアイテムなのかなって。

ーーいや〜、めちゃくちゃわかります。僕らもものづくりを通してそういった日常での小さな幸せを増やしたいな、と思ってます。

ローレンスさん、お忙しい中ありがとうございました!

▶︎ ローレンス さんの Twitter

皆さんのお話を聞かせてください!

皆さんのお話を聞かせてください!

この「dripユーザーの愛用品」では今後も、drip 製品を使っていただいている皆さんのお話を伺いたいと考えています。

製品のハッシュタグをつけて Twitter や instagram などで投稿していただいた方のほか、下の応募フォームからご応募いただいた方の中からも、お話を伺いたいと思った方にお声掛けさせていただきます!

ぜひ、皆さんの生活と drip 製品、そしてお気に入りのモノたちを教えてくださいね。


▼これまでのdripユーザーのモノ選びはこちら!

画像13







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
drip / 株式会社ドリップ

このnoteが良いなと思っていただけましたら、アカウントのフォローをぜひよろしくお願いします!

また読んでいただけると嬉しいです…!
「今の時代にぼくらが本当に欲しいもの」をコンセプトに、ものづくりを行うdripが運営するnote。 “キャッシュレス時代の理想の財布” PRESSo / “最小の小銭入れ” CHIP / ”引き出しをなくすハンガー” onegerなど、時代に即した新しい雑貨小物を開発しています。