dott浅井

猫と暮らしながら(株)dottという会社で社長をやってます。2020年は会社のことを結構たくさん書くつもりです。会社のWEBサイト→https://thedott.io

dott浅井

猫と暮らしながら(株)dottという会社で社長をやってます。2020年は会社のことを結構たくさん書くつもりです。会社のWEBサイト→https://thedott.io

    最近の記事

    勉強会への参加を支援しちゃう制度を用意した理由とか地域間の勉強会格差の話

    普段働いていると福利厚生や社内の制度ってあって当たり前のものになっていると思います。 それは制度が文化として馴染んだということなので、制度を作る側としては非常に嬉しい状態です。 ただ、一つ一つの制度にはその裏に結構いろんな思いがあったりするので、その辺を社内制度の話として書いていこうと思います。 今回は第3回。前回は英語学習支援制度について書いたのでよかったら、そちらもどうぞ。 勉強会支援制度の概要 さて、なんとなくはわかると思いますが、まずは制度の概要を。 例の如

      • エンジニアメインの会社が英語の学習を支援する理由

        普段働いていると福利厚生や社内の制度ってあって当たり前のものになっていると思います。 それは制度が文化として馴染んだということなので、制度を作る側としては非常に嬉しい状態です。 ただ、一つ一つの制度にはその裏に結構いろんな思いがあったりするので、その辺を社内制度の話として書いていこうと思います。 今回は第2回。前回は書籍購入制度について書いたのでよかったら、そちらもどうぞ。 英語学習支援制度の概要 この制度、なんとなく内容は想像出来ますよね。 dottのサイトに記載

        • 社内制度の話「書籍購入制度」

          普段働いていると福利厚生や社内の制度ってあって当たり前のものになっていると思います。 それは制度が文化として馴染んだということなので、制度を作る側としては非常に嬉しい状態です。 ただ、一つ一つの制度にはその裏に結構いろんな思いがあったりするので、その辺を社内制度の話として書いていこうと思います。 書籍購入制度の概要この記事で語るのは、よくある制度の書籍購入制度。 こんなよくある制度一つにも割と考えてるんだよ?ってことをお伝えしたく、一発目のテーマにしました。 dot

          • ウラジオストクに行く人はコレくらいは準備しておいた方が楽しいよって話。

            2020年1月にウラジオストクに行ってきました。 ANAもJALも相次いで就航を決めるウラジオストク、めちゃくちゃ楽しかったのですが、冬のウラジオストクの場合、流石にちょっとは準備して行った方が楽しめるので、最低限度の準備をお伝えします。 ウラジオストクの平均気温 上のグラフはウラジオストクの平均気温ですが、今回は1月に注目してください。 最高気温はマイナス7度、最低気温はマイナス15度です。 ノープランで行っちゃった自分アピールをしたいなら別に構いませんが、普通に

            5G入門(1) 5Gは早い4Gじゃない

            5G元年と呼ばれた2019年が終わりました。 2020年からはいよいよ5Gで夢のような世界が!と言いたいところですが、ガートナージャパンからは2020年は5Gの幻滅期(*1)に入るとの予測が出ています。 *1 幻滅期:ガートナー社が提唱する技術の成熟度を表すハイプサイクル内の一つ。ハイプサイクルについてはググってみてください。 和訳が幻滅期なので、かなり悪い印象を覚えると思いますが、ここは前向きに5Gについて基本に立ち返る時期と考え、何回かに分けて改めて5Gについて考え

            [未来日記]DevFest東北2019in郡山に参加してきた

            ※この記事は2019年11月17日に開催予定のDevFest東北2019in郡山に参加したらどうなるだろうと予想した妄想記事です。  記事を読んで「何となく興味ある」ってなった人は確実にこんな嘘記事以上の学びとかがあるんで、こちらからすぐに申し込んだ方が良いよ! 準備をしているGDG Tohokuのメンバーをみて。2019年11月17日、郡山の国際情報工科自動車大学校(通称wiz)で開催されたDevFest東北に参加してきました! 僕自身はGDG Tohoku(Fukus

            愛すべき石巻ハッカソン

            石巻ハッカソン。 今や日本でも数多く開催されているハッカソンですが、その中でも僕が一番好きなハッカソンです。 その特徴は公式サイトから引用すると、 小〜大学生の若者と、現役のエンジニアやデザイナーが一緒にチームを組むところ。若者はプロのものづくりを間近で体験し、大人は希望溢れる若者から初心を思い出します。 若者と大人が互いに触発し合う場、それが石巻ハッカソンです。 とのこと。もしかしたら、日本で一番ファンになる確率が高いハッカソンなんじゃないかな、って思います。 多