見出し画像

息子を泣かしてしまった

ちょっとした悪ふざけのつもりだった。

「なーんだよー」なんて、ちょっと笑いあえるような時間を設けたいと思っただけで、そんなに追い詰めるつもりもなかった。

ぼくは長男を泣かしたが、初めてではない。ふざけすぎてしまった長男を叱ることもあるし、ちょっと怖い話を本格的に演じすぎたために、本気で怖がらせすぎた結果、泣かせてしまったことも一度ではない。

初めてではないのだけれど、今回のケースは大いに反省することがあった。

そうだ。ちょっと話が変わる。

ぼくは「叱る」ことを良いことだとはまったく思えていない。

大人だって「叱る」ことと「怒る」ことの区別なんて出来ていないし、その瞬間に感情的になって声を荒げることがほとんどだ。

ちょっと自分が目の前にいる子どもに対して年齢が上で、体格も大きくて、経験していることも多いから、それに胡座(あぐら)をかき、マウンティングしているだけだな場合も少なくないのではないか。

長男が5歳になり、さまざまなことを感じ、言葉にすることができるようになってきたからこそ、そんなことを強く、深く、受け止めざるを得ないし、痛感している。

つまり、ぼくたち(ぼくと妻)は工夫をしなければならない。

声を荒げるのではなく、感情に任せるでもなく、ただひたすらに、息子という人格と、起こした行動や行為に対して、平穏な気持ちで向き合うことが必要なのだ。

難しいのはわかっている。

状況的に子どもが複数名いれば、その分だけ割かなければならない大人の目の数が少ない以上、フル回転させ、同時に家事タスクを並行処理しなければならない。

その中で予測不可能な動きをされることや、想定以下の行動や行為を取られることが辛くなってしまうことは往々にしてある。そう、確かにある。

けど、悪気があってするのではないことも、仕組みを構築できていない大人たちのせいであることも、その瞬間に吹き飛んでしまう事も、ぼくは理解できるし、気持ちは良くわかる。

わかるのだけれど、それだけでは関係を構築するには足りない。

大人だって、いつでも感情の起伏だけで自分以外の他人を動かそうとしてしまう人に、あまり近づきたくはないと感じることと一緒ではないか。

「親だから」とか「家族だから」という理由で子どもに甘えるのにも限度がある。そう、それは大人が子どもに甘えていることの証左だ。それに自覚を持てないのであれば、それは親でも何でもない。むしろ子どもだ。

それを自覚する必要があるし、「叱る」という行為を自然とできてしまうような人間でいたくはない。

そんな前提のもと、以下、今回の主題に入ろう。

泣かした経緯はこうだ。

ぼくが帰宅するなり、キチンと向き合って話をする際に取るのと同じ態度で、長男と次男を呼び、面前に座ってもらった。

ジッとぼくの目を見る長男と、そっちこっち見ながらも、たまにぼくと目を合わせる次男。

「何をいわれるのだろう」「どんな話だろう」そんな少しだけ緊張している様子が伺える。

ぼく「今日でお別れなんだ。」

長男「えっ、なんで!?」
次男「なんで~(ニコッ)」

長男「ママ~!!今日でお別れだって!なんで!?どうして!?」

そんな風に慌てふためきはじめ、母親の元へ行き、説明を求めるものの、父親に聞けと返された長男。次の瞬間には、すぐそばに来て目に涙を浮かべながら、彼はこう切り出した。

長男「どうして?どうして今日でお別れなの?お別れしなきゃならないのはイヤだ。だから、なんで?」

これはちょっとダメージが大きすぎたようだ。もう切り上げてあげないと引きずりそうだと判断し、早々に理由を述べる。

理由はない。ただ、2月が終わるから2月のぼく(父親)とはお別れで、寝ておきたら3月だから新しいぼくになるんだ、という設定。

もう5歳になっていたし、ある程度母親とカレンダーをみながら日程についてあーでもないこーでもないとやっていたのをみていたこともあり、そんなことを思いついたのだ。

ぼく「今日で2月が終わりだから、お別れなんだよ。けどね、寝ておきたら、3月がはじまるから、そこからまた一緒だよ~!」

テキストにしてみると情けないぐらいに、どうしようもない内容でイヤになるが、仕方ない。事実だ。

ネタばらしをしたから、これで長男も安心してくれるだろう。

甘かった。

そこから夕飯を共にしたのだが、隣に座ってビタッと離れない。

なぜか、笑顔を、そう、ひたすら笑顔でいようとする。

そして彼はこういった。

長男「一緒にさ、映画観に行ったの、うれしかったよ!」

ぼく「そうだね、たのしかったね!あの映画はおもしろかったね!」

長男「でさ、一緒にパンケーキつくったのもさ、うれしかったんだよ!」

ぼく「そうだね、一緒につくったね。上手にできてたよねぇ。」

長男「でさ、でさ...$%&’)’(&’(~~~~~!!!!!」

もう、言葉にならない言葉を泣きじゃくりながらも何とか紡ぎ出しつつ、ぼくに向かって楽しかった思い出をひたすらぶつけてくる。

先ほど説明した「設定」など、彼の中にはまったく入っておらず、彼の中には「父親といれるのは今日が最後」だという認識だけになっていた。

彼は親のぼくがいうのもなんだけど、やさしく、いわゆる正義感みたいなものが強い。このままで行くのであれば、恐らく、ちょっと悪知恵が働く人間との間に軋轢が生じるだろうという想像が難くないぐらいにまっすぐだ。

そのまっすぐ度合いを知っていたはずなのに、見誤った。完全にぼくのミスだし、本当にくだらないことで彼のことを傷つけてしまったコトを深く反省した。

その様子を見ていた、純粋な息子を弄(もてあそ)ばれた母親(妻)が述べた一言で締めよう。

許さないからな

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。 お読みいただき、それについてコメントつきで各SNSへ投稿していただけたら即座に反応の上でお礼を申し上げます!

あなたの「スキ」で報われます。ありがとうございます。
193
株式会社シーエスレポーターズ(広報・WEB/SNSマーケター)/ オフィスえんどう(個人事業)/ #スポみら のクラウドファンディングは3サイト募集し140%達成/ 妄想『新潟を前向きで許容度の高いエリアに!』/ #えんどうnote 毎日更新中 / #オールユアーズ公認共犯者

コメント13件

何一つ面白くないし、ただただ最低だなと思いました。
意図的に人を傷つけることを悪ふざけと言えるなんて趣味が悪い。ましてやそれをまだ幼い子どもに向けてやるなんて。すごく心が痛みました。
私も小さい頃よく父親に「今日はお母さん帰ってこないよ」「お兄ちゃんは木の周りぐるぐる回って溶けちゃったよ」と言われよく泣いていました。今思えば他愛もない冗談ですし当時の自分も「さすがに冗談だろう」と分かってはいましたが【本当だったらどうしよう】という恐怖からは逃れられませんでした。なぜ父親がそんな事を言ったのか見当もつきませんでしたが当記事で笑いあえる時間を設けたかったとしる事が出来、少しは救われた気持ちになりました。ありがとうございます。
文章からお子様をとても大切になさっている事が伝わってきました。素敵な御家族なんだなと思いました。
ですから、これは既にご存知の事と思いますが。
このような悪ふざけが積み重なると、子供は親に不信感を抱きます(成長して何をされたか覚えていなくても不信感は残ります)(また、幼少期に親への信頼を十分に形成できないと、親以外の大人も信頼しづらくなり自己肯定感も育みにくくなる等します)。
思い出を振り返りながら笑顔で居ようとする程繊細で優しいお子様なら、他の同世代の子より傷つきやすいと思われます。
どうか、親が思っている以上に親の言葉は子供に影響を与えるという事を改めて頭に入れておいてくださいませ。
普段素敵なお父様が犯したたった一度のミスだけを見て説教をするような形になって申し訳ございません。お子様に多幸あらん事を。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。