ゲームの王国(下):小川哲:ゲームのルールを決めるということ

ゲームの王国(下):小川哲:ゲームのルールを決めるということ

白髪GG

年間、文庫本で、小説ばかり、約150冊を読み続けているGGが、今年は読んだ本の読書感想文を書いていこうかと

==

「ゲームの王国(下)」(003/2020年)

来たぜ、下巻!

時代は一気に近未来に。少年・少女は成長し、片や教授に、片や大統領を狙う政治家に成長している。そして、本当のゲーム、テレビゲームの進化系といえる、まさに近未来的なプレイスタイルのゲームが登場するのだ。

彼の作った未来系テレビゲームは、目的のためにルールが決められていく。政治、国家運営というゲームも同じだ。ルールは目的のためにある。

解説で橋本輝幸が言及しているように、近未来が舞台になっているからSFというわけではない。本作品、山本周五郎賞も受賞していることから分かるように、様々なアプローチで楽しめるし、悩まされる。

懐の深い作品に浸る愉しみ、是非。



この記事が参加している募集

読書感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
わざわざありがとうございます。
白髪GG
1か月間で文庫本12冊読了がノルマ。毎年約2,000km以上走ってます。演劇も好きで年間30~50作品観劇。好きな音楽は20世紀アイドル/泡沫アイドル/安室奈美恵/X/ROXYMUSIC/水谷麻里/南野陽子/田中陽子/マルシア。 twitter:@dj_silverhair