見出し画像

デジタル化する前に整理すること

「デジタル化する必要があるのは分かるけど、何からやっていいか分からないんですよね」

「上司からDX進めろと言われたので、とりあえず何かやらないと」


こんな声を聴くことがあります。


何から手を付けてよいか分からない状態です。


このような状態の場合、まずは現状の棚卸をすべきです。

この場合の棚卸とは以下のことを指します。

・現在の業務の流れを把握する

・流れの中でどの部署(もしくは誰)が何を使って業務しているか

・ボトルネックになっていることや無駄なことがないか


これらを整理することで、今まで意識していなかった気付きが得られることが多いです。いつもやっていることでも改めて整理すると見えてくることも多くあります。


「あるべき姿」を示すことは重要ですが、いきなりスタートせずに、その姿に近づけるために「何が不足しているか」という現状を知る行為が必要です。

現在地や手荷物を確認せずに旅に出る人はいませんよね?

IT導入でも同じように必要なことを着実にやっていくことが重要です。

尚、業務フローの整理方法が分からないという方はコメント頂ければ、有料記事ででも書こうと思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
DIGIPRO@DXコンサルタント | デジタルによるビジネス革新のプロフェッショナル
ITはビジネスを加速させるツール 🧑‍💻 ビジネスは世の中を豊かにする手段👍 ビジネスの課題を見える化する事で、デジタルの導入、活用の道筋が見える🌈 digipro 代表 松葉慎弥|中小企業診断士|ITアーキテクト|プロジェクトマネージャ|DBスペシャリスト