見出し画像

Oversoul - 苦しかった祈りの記憶

思い返せば本当に、あの時期は辛かった。勿論私自身も被災したと思ったし、日に何度も何度も鳴り響く警報音に何度も心臓が止まりそうになったし、TV等で放映される震源と言われる東北の映像は言葉にならない程悲惨であり、TVをつけている限り悲しみも永遠に続くのではないかと感じた程だった。

当時は今よりも若干、いわゆる精神世界系とかスピリチュアル界隈が少しざわついていた時期とも重なっていた。その為多くの霊能者やあくまで自称の域を出ないチャネラーたちが、「浄霊」等と称して実際に東北地方巡りをしたとも聞いていたが、私が思う限りではその多くが思い込みの浄霊のような動作であり、多くの霊魂が海底や海岸、或いは住み慣れた家や街を彷徨い続けている、そんな状況だった。

この続きをみるには

この続き:2,112文字/画像2枚

Oversoul - 苦しかった祈りの記憶

Didier Merah(ディディエ・メラ)

600円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

記事を気に入って下さった暁には是非、サポート応援を宜しくお願い致します。

記事を好きで居て下さるあなたを、もっと好きになりたいです✨
5
芸術家・作曲家。ブログ https://blog.didier-merah.jp/ と並行して、有料記事のみ執筆を再開しました。 ※ファンレター、お問い合わせはTwitterないしはFacebookの個人アカウント迄。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。