仙石さん1

仙石一大

NCL西条

雪が降る山・雪の降らない平地・海・川この4つの条件がそろう地を探し、西条にたどり着いた仙石さん。それも生産商品を作る企業と製品テストの出来る自然環境が整っている条件をすべてクリアした魅力的な環境だったという。

現在はクライミング用品の生産販売を行うアパレルブランド「INFINITY PEAKS」を運営している。現在は主にクライミングソックスを生産しており、一般的なクライミングソックスは2ヶ月使えば破れてしまうものだったが、INFINITY PEAKSのクライミングソックスは長ければ年単位での使用が期待されるほどの強度を持つという。このクライミングソックスを持ってクラウドファンディングで過去2回の資金集めを実施。第1回目は目標の約70%達成。その結果、そこからアウトドア用品店とのつながりも増え、少しずつ知名度を広げていったそう。満を持して挑んだ2回目のクラウドファンディングでは第1回目の2倍もの反響で成功をおさめた。そして第3回目は今月チャレンジ予定。第4回目も12月にチャレンジ予定で準備を進めている。同時並行で、県内繊維会社が開発したかなりの強度を持つ特殊繊維を使ったクライミングソックスも企画中だそう。

そんなINFINITY PEAKSも西条に来て少しずつカタチを変えはじめている。もう一つの活動がクライミングの指導者や外岩開拓をしているクライマーのサポートだ。現在西条市内のクライミング指導者は完全ボランティア。なんと道具も指導者が自己負担で揃えているそう。そんな環境では指導員や指導者を長く続けることは難しいと愛媛さんさん物語の一環で外岩でのボルダリング体験会を実施。

仙石さん2

これは西条市内の山の中にある外岩と呼ばれる自然にできた大きな岩を登るクライミングを体験するイベントだ。外岩は自然物だからこそ身体で感じ、考えて、動かすことが必要になる。自然物だからこそ安全配慮が最も重要と語る仙石さん。自然スポーツとして、安全意識と怖さをクリアさせるメンタルコントロールを教えているそう。
「例えると施設内でのクライミングは体育館での練習。外岩でのクライミングが本番。」が本来のあり方だと語る仙石さん。外岩はまさに思考力と体力を同時に培う、健全な子どもが育つ環境とも言えるだろう。

西条はクライミングパークと外岩までの距離が近く、非常に恵まれている環境だそう。今後はこの環境を活かしてクライミング選手を育成するとともに、INFINITY PEAKSの商品を広めていきたいと語る。
シャイで顔を出さない仙石さん。覆面Youtuberとして西条の自然の魅力がギュッとつまったINFINITY PEAKSの活動動画をYoutubeで発信中。ぜひチャンネル登録を♪

<INFINITY PEAKS チャンネル>
https://www.youtube.com/channel/UCR2EywgdBp7tTT7KUDFcbJA

written by YASUKO KATO http://yasu-k.com/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!