見出し画像

就活ゆる日記〜【番外編】新卒紹介体験レポ

もちろん広告宣伝とかでは一切ない、ただの体験談。 
---------------------

志望業界も受け尽くし、会社探しにも疲れていた頃に出会ったのが、「新卒紹介」。

それまで就活情報サイトから応募するだけだった私は、新卒紹介がどんなサービスかも知らないまま、
藁にもすがる思いで面談へ。

会場は、新宿にあるビルのワンフロア。
そこには同じような人がちらほらいて、待っていると奥から現れた女性に呼ばれた。

通されたのは、小さめの会議室。挨拶を済ませるとはじめに、簡単に志望業界や進捗状況を聞かれた。
「じゃあガクチカとか聞かせてもらえる?」
何も準備せず来てしまった私は、慌てながらもなんとか面接のような内容を話した。
にこやかに聞いてもらいながら話し終えると、改善点などのアドバイスをいただく。
強みや志望動機(受けた会社)も同じように話し、指摘されたのは、ポイントを絞ること。(大切だ!)

薄々気づいていたものの、それでも数打ち当たれば何かしらアピールできると思っていた。
長所ひとつ言うために、バイトやら部活やらエピソード盛り沢山の私には、耳のいたい話。

しかしここまでは前置きで、本題はこれから。

新卒紹介」は、就活生の希望業界・職種に応じて企業を紹介するというサービスらしい。
就職を結婚に例えるなら、 ”結婚相談所” といったところだろう。

そんな結婚相談所では(ちがう)、私のような就活難民にも色々な企業を提案してくれる。
求人票とよばれる、企業概要から募集人数、仕事内容や福利厚生などの情報が記載された用紙をいくつか並べてもらった。

大手グループ会社や老舗企業、提供しているサービスに将来性があったりと正直、想像以上に魅力的な提案でびっくり。

時期的にも絞って受けた方がいいだろう、ということで3社ほどに応募を決めた。
新卒紹介には独自のルートがあるらしく、アドバイザーを通して企業の説明会や面接を受けていった。

残念ながらお祈りされたり辞退したりの結果、内定までたどり着くことはなかった。
それでも、私にとっては大きな収穫。

紹介していただいた企業には、決して自力ではたどり着けなかったし、それ以上に就活への意識が変わった。

そしてなにより、面接の通過率がぐんとあがった!
それはガクチカや強みを修正してもらったおかげで、内容だけではなくて自信にもつながったのだと思う。

苦戦したからこそ、たどり着いた場所。
そこで私は希望をもらったおかけで就活を乗り切ることをできたと思っている。

客観的な意見を聞くって大切だなぁ、と実感した日の話でした。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しい♪
5
堕落した女子大生が突然、出版社を志望して就活に苦戦した話。スキ&フォローいただけると嬉しいです🌱
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。