見出し画像

五行易改善マニュアル

2019.7.4 更新
質疑応答
巻末に「用神が回頭剋の場合にはどう改善したら良いか?」を追加しました。
2019.7.6 更新
巻末に「改善結果報告例1」を追加しました。
2020.1.3 更新
改善例6の雷風恒から沢天夬に変わる卦→世爻、応爻の位置が間違っていましたので修正しました。



はじめに

五行易で占うと、ほとんどが良くない卦であり、長期間やっていると気分も暗くなって来ます・・
この世は陽(吉)より、陰(凶)のほうが多いので、当たり前かもしれません。

四柱推命なんかもそうですが、陰陽五行思想を使う占いは非常にシビアです。
例えば、「結婚出来るか?」「金持ちになれるか?」など人間にはいろんな欲望がありますが、その欲望が叶うかどうかの結果がハッキリ出ます。

それも90パーセント以上にです(汗)

これはかなりキツイです。

私も何度もいろんな事を占い、欲望を諦めて来ました。

クライアントさんも五行易で占い、シビアな結果が出ると泣かれる方もいらっしゃいます。

でも、運気は非情なモノですから、いくら泣いても嘆いても結果は結果です。


中国系の占いは血も涙もないです(泣)


だって、吉凶を決める五行自体は見えないにも関わらず、この世のあらゆるモノの吉凶を法則に寄って決めているからです。

五行易は誰でも練習すれば、比較的簡単に吉凶が判断することが出来ます。

基本的には月のエネルギーと日のエネルギーに助けられれば強くて吉、助けてくれなければ凶です。

確かに吉凶がハッキリ出ることは、夢が無くなる可能性が高いので、残念だったり、悲しむことが多いでしょう。


しかし、未来が分かるのは非常にデカイことです。


なぜなら、準備したり対策を立てて備えることが出来るからです。
だから、むやみに悲観することはありません。

五行易の最大の利点は運気を改善することが出来るのです。
これを使わない手は無いでしょう。

宿命はある程度決まっています。
例えば、貧乏人の宿命を持った人が、大金持ちになることは出来ません。

でも、五行易を使った改善法を使った上で努力すれば、貧乏人が普通程度に、普通が小金持ちに、小金持ちが大金持ちになることぐらいは出来ます。

異性運でも、まったく縁がない相手には改善は効きませんが、少しでも縁があれば友人に、もうすでに友人であれば恋人に、すでに恋人であれば夫婦になることは出来る可能性はあります。


※注意!!
『五行易基礎 完全版』『五行易実践編①』『五行易実践編②』をよく読んで、ある程度理解していないと、このテキストの方法をうまく使えません。


改善法を使う前に

まず、改善法を使う準備として、陰陽五行、十二支、八卦に対する意味を覚えることが必須です。
ある程度理解していないと、卦から改善策を導き出すのが困難になりますので、説明していきたいと思います。


五行の意味を知る

画像1

水:水、豆、塩、雨水、雪、露、氷、黒色など
木:草、花、樹木、丸太、竹細工、木製、木製家具、青や緑色など
火:火、ロウソク、マッチ、ライター、赤やピンク色など
土:土、黄土、ツバメの巣、黄や茶色など
金:金属製品、鉱石、宝石、釘、針、骨、白や銀色など

これらは、五行のエネルギーを持った具体的な物質になり、実際の改善にも使います。
例えば、用神が水で弱い場合、忌神である土が強かったり、発動していた場合にはには、金の意味である金属製品を使えば、金は水を生じる五行(原神)ですから、弱い水を強くすることが出来ます。

基本的には、

用神が水の場合→金と水の五行
用神が木の場合→水と木の五行
用神が火の場合→木と火の五行
用神が土の場合→火と土の五行
用神が金の場合→土と金の五行

を使っていくのが、基本になります。

画像2

もし、用神が空亡や月破の場合には、用神自体の五行を使った方が良いです。

※月日や忌神に剋されている場合には、原神の五行を使うことが多いです。
何故なら、用神が空亡や月破の場合には、エネルギーが無い、傷ついた状態であるからです。
実際の人間でも怪我をすれば手当てをしますし、病気になれば薬を飲んだりしますよね?
つまり、弱ったり、傷ついている用神の五行を、上記の五行のエネルギーを持った物質を使って治療して行くと考えてもらえば分かりやすいかと思います。


八卦の意味を知る

画像3

五行易では八卦では吉凶を表しませんが、具体的な象意や性質や方角を読み取る時に使います。

この続きをみるには

この続き:37,031文字/画像36枚

五行易改善マニュアル

大黒天@五行易

10,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

12
『現役占い師の気分を良くするブログ』を運営している占い師の大黒天です。専門にしている五行易や占いなどについての情報を発信をしていきたいと思います。

コメント13件

改善例6の世・応の位置がずれているようです。
ご指摘ありがとうございます
度々失礼しますが、丑土が最後の十二支だとすると、丑→辰が進神になるのが理解できなくなりますね。また混乱してきました(^^;
土の十二支を改善する場合には、ほとんど進神は使いませんので、あまり拘らなくても大丈夫です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。