見出し画像

東京汐留フィスの紹介 ~働き方を選択できるオフィス~

こんにちは、CX推進室です。
D2C IDが所属する、D2Cグループは、2021年8月に汐留にオフィスを移転。
「D2C ブレンド」をコンセプトにしたオフィスは、生産性の向上だけでなく、オフラインでのコミュニケーションを活発にする工夫も随所に施されています。

本日は、そんな東京オフィスの様子をご紹介します!


オフィスへのアクセス

アクセス方法はこちら

都営大江戸線 汐留駅 9番出口より徒歩1分
ゆりかもめ 汐留駅 東出口より徒歩1分
東京メトロ銀座線/都営大江戸線 新橋駅 A2出口より徒歩7分
JR線 新橋駅 汐留口より徒歩7分

汐留駅からは直結ですが、新橋駅からは少し距離がありますので時間に余裕を持ってお越しいただけると安心かと思います。

14階コワーキングスペースとラウンジスペース

「東京汐留ビルディング」のオフィス用エレベーターにて14階までお越しいただくと、D2Cグループのエントランスに到着します。

こちらのエントランスには、天候や時刻によって変化するプロジェクション、複数のドットで構成され音と視覚効果を作り出すディスプレイ「FLIP-DOTS」と、遮光と透過の二つのふるまいをもつ「KAXEL」など、D2C IDのデジタルクリエーションが展示されています。

14階はコワーキングスペースとラウンジスペースが一体となったつくりになっています。

こちらのラウンジスペースはとても開放感があり、天気がいい日はフロア全体も明るくなるのですがすがしい気持ちで仕事ができます。窓からは浜離宮恩賜庭園が一望でき、とっても景色がいいです!

コーヒー豆やペストリーも販売しています!

ラウンジスペースには社内カフェ「D2 COFFEE」があります。国内の人気ロースターから月替わりで仕入れたこだわりのシングルオリジンとオリジナルの「D2Cブレンド」を、1杯ずつハンドドリップで提供しています!

他にも、お客様をご案内できる個室の会議室や、
2台の120インチプロジェクターとライブ配信カメラを完備した最大251名収容可能なセミナールームもあります!


14階はお客様との打ち合わせだけでなく、セミナーやイベントの開催・撮影など様々なニーズに合わせて使用できる空間が設けられています。

スタジオ設備

合成配信用のグリーンバックを完備!

東京オフィスには、撮影スタジオも完備しています。スチール・動画・ライブ配信などの基本設備に加えクロマキーが標準装備された多用途なスタジオ空間です。

とある撮影の様子。白ホリを使ってライティングにこだわった撮影をするケースも。


13階ワーキングエリア(執務エリア)

続いて、ワーキングエリアをご紹介します。全席フリーアドレスで、自席を持たずD2Cグループ社員が様々な形で連携しやすく、これまで以上に生産性を高められるよう設計されています。

ワーキングエリアには十数種類の用途に応じた様々なタイプのデスクと椅子があり、その時の業務内容や気分に応じて選ぶことができます。

一人で集中したい時は、このように半個室を感じられる席や、

外の風景を見ながら集中して仕事ができる席もあります。

メンバーとコミュニケーションをとりながら仕事をしたいときや、打ち合わせをしたいときはこのような長テーブルやボックス席で仕事をすることもできます。

他にもワーキングエリアには、個室の立ち会議室もあり、オンラインミーティングやちょっとした会議などに使われています。


最後に

いかがでしたでしょうか?
D2C IDでは、オフィスでの業務と在宅業務のハイブリッドワークを実施していますが、在宅ワークでは不足しがちな何気ないコミュニケーションが生まれるオフィスでの業務も大切にしています。

ちなみに、D2C IDは沖縄にもオフィスがあります。
そちらの様子はこちらから。



D2C IDではクリエイティブとマーケティングの両輪で、CXの課題を解決するお手伝いをしております。
お気軽にご相談ください。


この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?