見出し画像

うきくさのように始まり-023

 隻身來到堡台,陌生的繁華榮景總讓她思鄉深切,因為她再也無法回到她的故鄉,那些喚不回的親友、變了調的過去,無法再做任何修補了!

 まひなは一人でここに来た。この賑やかって馴染まない街にあって、彼女はいつも前所を懐かしく思う。あの戻らない故郷、亡くなった親友たち、そしてめちゃくちゃになった過去は、もうやり直しができない。


 她無力地癱靠在椅背上,雙目沒有焦點地在往來人潮身上隨意沾覽:像他們一樣,什麼都不知道該有多好?無知,何嘗不是一種幸福?

 まひなは、全身から力が抜けたように椅子の背凭れにもたれたて、ぼうっと行き交う人を眺めている:その人たちのように、何も知らないでよかったじゃない?無知でいることこそ、幸せではありませんか?


 無奈嘆息,左瀏海再次拿起無智通,上面有禮青持續傳來的訊息:「如果妳覺得自己孤單、難熬,我建議妳去找他們……芸霖大道六二九巷四○號。」

 仕方なくため息をついて、まひなは携帯を手に持って、メッセージを調べている。スクリーンには、「寂しくて、辛かったら、彼らに連絡してみませんか......ながめ通り、六二九巷四十号......」と、礼青からのメッセージが次々と届きている。


「他們是誰?」左瀏海問。
「和妳一樣,都是在等待那天來臨的人。」
「為什麼現在才告訴我?」
「我認為妳並不想和他們建立交流關係。」禮青回應。
「他們都曾是辰封的滯留者,妳之前並不願意和大家有所往來……我提出這個建議,基本上也是賭賭看……」

「彼らは誰?」と、まひな礼青に問いかけた。
「君と同じ、その日を待っている人たちです。」
「なぜ?いまさら……」
「君は、彼らと関係を築きたくないと思います。」と、礼青が答えた。
「彼らも一度さだとじの滞留者でした……あの時、君は、皆と交流することをほとんど避けてした……今の提案は、ワタシの賭けだけだ……」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

近く図書館に行って、私を探せ~♫

今後ともよろしくお願いします~☆
7
あの不思議の国の中で、「私を飲んで」という紙が貼られてしまった奴です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。