見出し画像

「箔押しの匠 佐藤勇 旅立ちました」

2019年11月2日(土)、箔押しの匠 佐藤勇 が天国へと旅立ちました。
73歳でした。

画像1

皆さんには感謝しかございません。

皆さんが佐藤を「箔押しの匠」として親しみ、仕事を任せて下さったこと、本当に感謝しております。時には、匠が大好きなウイスキーなどを手土産に会いに来てくださるお客様もいらっしゃいました。

画像2


皆さんからいただいた言葉や、優しさ、ものづくりに対する姿勢。
佐藤は本当に良いお客様・頼ってきて下さる方に恵まれておりました。

いつも匠の周りは、たくさんの笑顔が溢れていました。

画像13

佐藤のものづくり魂に火を付けたのは皆さんである、
と確実に言い切ることが出来ます。

匠が現場を離れてしばらく経ちますが、箔押し機の前に座り、繁忙期には休む間も惜しんで「お客様のために」と、一枚一枚に真摯に向き合っていた姿が今でも目に浮かびます。


僕(青木)がコスモテックの門を叩いた時、かれこれ15年以上前までさかのぼりますが、入社面接のために僕を迎え入れてくれたのが、佐藤でした。それから、良い時も悪い時も二人三脚で走り続け、今のコスモテックに至ります。

画像7

メンバーも増え、安全性の高い新台の箔押し機も皆さんのおかげで導入することができました。振り返れば、沢山のことが溢れてきます。


10年程前、匠は加工中の事故で左手の指3本を失いました。


しかし、一切弱音を吐かず、僕が投げかける無理難題に毎日毎日箔押しで応えてくれました。その仕事人としての真っすぐな姿勢は本当に美しく、誇らしかったです。

画像5

仕事に、箔押しに、熱狂している佐藤がそこにはいました。
晩年に近づくにつれ、その輝きはより一層強く感じられるように思えました。

佐藤が正式に現場を退いたのは、2019年4月。


画像4


ちょうどその1年程前から、匠は健康上深刻な問題を抱え、入退院を繰り返していました。治療は年齢を考えても、体力的にも精神的にもきつかっただろうと思います。

それでも佐藤は、まだ現場に立ちたい、現場に戻ってくるんだ、お客様に会いたい、箔押しをしたい一心の強い志を持っていました。

画像8


「お客様を愛し、箔押しを愛し、仕事を愛す。」
「自分のやっていることに自信を持ちながらも、柔軟に軌道修正する。」

佐藤は口に出しては語りませんでしたが、ずっと間近でその背中を見てきた僕は、佐藤の形無き言葉を受け取りました。

画像6


コスモテックのブログを立ち上げたのが2005年


立ち上げ当時は箔押しの匠 佐藤勇がいなくなってしまうことなど考えたこともありませんでした。いつかこの日が来るのだろうなと、認めざるを得なくなったのは、割と最近のことです。

画像9

ブログを立ち上げて、時には大変なこともあったけれど、僕も佐藤も本当に救われました。


たくさんの方が箔押しの匠 佐藤勇を知って下さったこと、匠に会いに来て下さったこと、コスモテックを知って下さったこと。

画像14


ブログ開設当時から今も、この先も続く、
小さな箔押し加工屋のドラマであり、夢のような話。

大雪が降る中立ち合いに来て下さったり、学生の時に出会い、プロのデザイナーになってもコスモテックを頼って下さったり、展示会の作品づくりのため、朝から晩まで加工したり、お客様対コスモテック、箔押しの匠 佐藤勇のストーリーはコスモテックに関わってくださった一人一人の中に確かに存在しております。

画像10


佐藤さん、今まで本当にありがとうございました。
くしゃくしゃの笑顔や、僕を叱って下さったことも、一つ一つが僕の胸に、心に刻み込まれています。

もうこの先一緒に走り続けられないなんて、本当にさびしいです。今も僕やお客様・仲間たちの中に、あなたはしっかり生きています。

本当に大好きでした。

箔押しの匠 佐藤勇を慕って下さった皆さん、
佐藤を最後の最後まで仕事一筋で燃え上がらせてくださり、本当にありがとうございました。匠は職人道を成就することが出来たと思いますし、何よりも幸せだったと思います。

画像11


「青木、お客さんや仲間たちが仕事をまた頼って下さったのだから、どうやって返すのかちゃんと考えろ」
「ちゃんと恩返ししなきゃね」
「仕事を終えた後の酒がうまいんだな」

そんな毎日の何気ないやり取りが、今懐かしくてなりません。

僕は今、一日一日、一瞬一瞬の大切さを突き付けられている気がします。もっともっと会話しておけば良かった、もっともっと色々な場所に一緒に行きたかった。

画像12


お客様と仲間たちと、箔押しの匠 佐藤勇と共に駆け抜けた一時代。
皆さん、最高の時間をありがとうございました。

いつか匠にかけられた「青木、外見て仕事しろ。ほれ、お前を慕ってくれる仲間たちがいっぱいいるじゃないか。」という言葉が、今も深く心に残っています。

画像13

【 文章 】
有限会社コスモテック 営業 青木 政憲
〒174-0041 東京都板橋区舟渡2-3-9
TEL:03-5916-8360 / FAX:03-5916-8362
Blog:http://blog.livedoor.jp/cosmotech_no1/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

245
有限会社コスモテック / 開設から15年超! ブログ 行列の出来る『 箔押し印刷工房 』⇒ https://goo.gl/A5iuwi / コスモテックサンプル直売所 ⇒ https://gyogyogyogyogyo.stores.jp/ / 印刷加工連 一員
コメント (1)
謹んでご冥福をお祈り致します。
今まで本当にお疲れ様でした。
後に継がれてゆくものつくり、ただただ頭が下がるばかりです。
実際お会いしたことはございません。
でも、お写真拝見していたら涙が出てきて止まらなくなってきました。
どうぞ、真っ直ぐ天上に昇っていってください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。