見出し画像

「バルキーボール+3段エンボス加工」

こんにちは、現場の前田です。
今回は、大和板紙株式会社さまからのご依頼で、大和板紙さまの新製品である 「 バルキーボール 」 の見本帳箱のエンボス加工をお手伝いさせていただきました。

画像7

デザインはコスモテックのブログ等でもお馴染みの BULLET Inc. の小玉文さまによるものです。

驚異の3段エンボス加工!

原料を8層重ねて抄くという 「 バルキーボール 」 の製法から着想されたデザインは、紙が積層されているようにも、等高線を立体化したようにも見えます。今回はこの積層を表現するために 『 エンボス加工を3段階に押し分ける 』 という、まさに良い意味で変態的な仕様での加工になります。

画像6

画像4

= 下記、小玉文さまよりコメント =
[ BULKY ] とは [ 嵩張る ] という意味。
バルキーボールはその名の通り、ふかっとやわらかい嵩高な板紙です。

原料を8層重ねて抄き、表層には長繊維古紙を使用することで、密度が低くやわらかい、独特の風合いが生まれています。 ふかっとやわらかく嵩高な板紙…… ということは、バルキーボールには [ 空押し加工 ] が、とても効果的に入るはず。

バルキーボールの魅力を視覚と触覚で体感できるサンプルを作りたいと考えて、今回の紙見本のケースには、空押し加工を生かしたデザインを考案しました。

画像5

まるで紙が積層されているように見えるこのデザインはバルキーボールの 「 原料を8層重ねている 」 という製造プロセスから着想したもの。

"B u l k y B a l l" の文字を、空押しの形に合わせて部分的に隠すことで一瞬、本当に積層されているの!? と見まごう仕上がりになりました。 バルキーボールでならではのふかっとした擬似積層の手触りを、ぜひ現物でお楽しみいただきたいと思います。 

「 バルキーボール 」 は今まであまりなかった低密度でやわらかい嵩高な板紙で白・青・灰の3色展開されています。今回使用したのは 『 バルキーボール(青)の 270g/㎡ を2枚合紙( 貼り合わせた紙 )したもの 』 です。

版にもコダワリが!

3段階のエンボス加工ということで、 「 エンボスの盛り上がり具合を弱・中・強と押し分けなけらばならない 」 高度な仕様。 そのため、いつも版の製作でお世話になっている版屋さんにご協力いただき、しっかりとエンボスが盛り上がるようエンボス版自体にも工夫をこらしています。

画像5

紙質活かしたメリハリある表現

加工では、あまり圧を強くかけすぎてしまうと紙にシワができてしまうため、シワができないようにするための工夫や、3段階それぞれのエンボスの盛り上がりを際立たせながらも強弱をつける調整、そしてエンボスの見当合わせ( 位置の合わせ )の調整が、今回の加工で非常に難しい部分でした。

画像5


難易度の高い加工でしたが、完成した見本帳箱は 「 バルキーボール 」 のやわらかい紙質を生かしたメリハリのある盛り上がりがバッチリ表現できました。3段階のエンボスが箱の表面に奥行きと立体感をつくり、なんとも不思議な装い。

画像5


小玉さまのコメントにもあるように 「 バルキーボール 」 の特徴を視覚と触覚で楽しめる見本帳箱です。エンボスの他にも箔押しや活版印刷なども映える 「 バルキーボール 」 、是非とも見本帳箱でその良さを体感していただきたい!

画像8

大和板紙株式会社さま、小玉さまこの度はお声がけいただきありがとうございました! また、ご助力くださいました皆さまに感謝申し上げます。

- Credit -
デザイン : 小玉 文 + BULLET Inc.
クライアント : 大和板紙株式会社
印刷 : 藤原印刷株式会社
加工 : コスモテック

【 箔押し加工 】
有限会社コスモテック 現場リーダー 前田瑠璃
〒174-0041 東京都板橋区舟渡2-3-9
TEL:03-5916-8360 / FAX:03-5916-8362


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
62
有限会社コスモテック / 開設から15年超! ブログ 行列の出来る『 箔押し印刷工房 』⇒ https://goo.gl/A5iuwi / コスモテックサンプル直売所 ⇒ https://gyogyogyogyogyo.stores.jp/ / 印刷加工連 一員

こちらでもピックアップされています

箔押し加工所コスモテック 現場リーダー 前田瑠璃
箔押し加工所コスモテック 現場リーダー 前田瑠璃
  • 59本

女子美術大学卒業。ものづくりへの熱い思いを抱いてコスモテックに入社。箔押しの匠 佐藤勇のもとで箔押しを1から学び、2019年4月コスモテックの現場リーダーに就任。 加工のお手伝いをさせて頂いた代表作は、クラムボン20周年武道館限定CD『Slight Slight』また、『モメント e.p.』シリーズのCDジャケットなど。 企業・デザイナー・同人作家含め、幅広く多くの箔押し加工を手掛けさせて頂いている。

コメント (1)
こちらもおすすめを適当に読んでったら辿り着きました。まず自力では辿りつけなかったこの巡り合わせがすごいと思います。専門外なのでわからないですが、何やらすごそうな感じは伝わってきます。等高線のようなタイトル画像がカッコいいと思いました。最後の機械に真剣に向き合う人の姿に、職人の熱意を見せてもらったような感じがします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。