【中秋の名月の軌道?】太陽の軌道は夏は高く、冬は低い。月の軌道はわかる?
見出し画像

【中秋の名月の軌道?】太陽の軌道は夏は高く、冬は低い。月の軌道はわかる?

コスモ女子ライターのアンです。

夏が終わり、本格的に秋になってきましたね。
真夏!という肌に対して攻撃的な日差しがだんだん弱くなり、過ごしやすい日が増えてきたので、ふと秋の訪れを感じました。

さて、今回のテーマは秋についてではなく、「月の軌道」についてです。

みなさん、月の軌道について、意識したことありますか?(たぶんほとんどないと思います笑)

「冬の月は高い」なんて言葉がありますが、いまの季節、月はどの辺を通っているのでしょう。

太陽の軌道は、なんとなくご存知の方も多いかな?

夏至に一番高い軌道を通り、冬至に一番低い軌道を通ります。
夏至と冬至の間の春分&秋分はその丁度真ん中です。

わたしの感覚では夏の太陽は真上まで上がる、という印象。
イメージ図はこちら!

画像2

出典:中学理科ポイントまとめと整理

図のような軌道を太陽は通り、すごくわかりやすいのですが、月の場合はそうは行きません。
太陽と同じように季節で変化する上に、満ち欠けの状態で変わります!

例えば、夏至と冬至の日を比べてみましょう。

■夏至
満月→一番低い軌道(冬至の太陽と同じ)※青い線の部分
新月→一番高い軌道(夏至の太陽と同じ)※赤い線の部分
半月→真ん中(春分&秋分の太陽と同じ)

■冬至
満月→一番高い軌道(夏至の太陽と同じ、「冬の月は高い」状態!)※赤い線の部分
新月→一番低い軌道(冬至の太陽と同じ)※青い線の部分
半月→真ん中(春分&秋分の太陽と同じ)

夏の満月は、実は軌道が低く、見える時間も短いんですね。
月の軌道を覚える最初のポイントは、

満月:太陽と逆の動き方をする
新月:太陽と同じ動き方をする

ということ!

春分と秋分の動きも追加して、表にまとめてみました。
(満月/新月の動きに注目です!)

画像3

月は同じ季節でも満ち欠けの状態によって、軌道が違います!

余談ですが、リスト内の
左半月=下弦の月
右半月=上弦の月
なのですが、漫画『鬼滅の刃』(集英社)のおかげで上弦/下弦は有名になりましたね。

簡単に、月の動きについておさらいしますと、

月は約1ヶ月(29.53日)周期で
→満月 →左半月(下弦の月) →新月 →右半月(上弦の月) →満月
と変わっていきます。

イメージ図はこちら。

画像4

出典:中学理科のまとめ

■月の満ち欠け(=月の公転)
■地球の公転
■地球の自転
■地軸の傾き

を頭の中で整理して、立体で想像できると月の軌道についての「あぁ、なるほど!!!」と、アハ体験ができるのですが、それがいきなりできる人は超天才ですね。

わたしは、ガチャガチャのカプセルを月と地球に見立てて、「夏は地球の位置はここで、上弦の月だとこへんかな」みたいに、あーでもないこーでもないと試行錯誤を繰り返して、やっとイメージができてきました。

自由研究にピッタリの課題と思いますので、ネタにお悩みの方はぜひお試しください。

というわけで、中秋の名月と言われる9-10月あたりの満月は、3-4月の太陽と同じ軌道になるので、丁度春分の太陽くらいの軌道ですね。

つまり、中秋の名月は(高くもなく低くもない、丁度)真ん中くらいを通るということです。


【まとめ】

■月は季節と満ち欠けによって、軌道が違う・新月:太陽と同じ軌道 を通る
・満月:太陽の反対の季節の軌道(冬至の満月は、夏至の太陽と同じ)を通る
■中秋の名月は春分/秋分の太陽と近い軌道を通る

今日は、季節と満ち欠けの状態を考えながら月を見てみたいと思います。

画像5


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!コスモ女子は、毎月イベントや勉強会を開催中!
コスモ女子公式アカウントです。 『宇宙業界へのキャリアを身近にすること』をテーマに立ち上げた女性コミュニティ。毎月開催しているイベントや勉強会の様子や宇宙のコラムなどを発信していきます。 【\世界初!/女性中心のチームでの衛星打ち上げPJを発足中!(2022年度中打ち上げ予定)】