マガジンのカバー画像

夢を叶えるちからUPコーチ若林のワクワク&感動note

75
夢の木Lab.代表であるプロコーチ若林かおりの オンラインスクール「学ぶちから塾」 自ら考え行動する子を育てる SDGs×探究 教室 運営日記 コーチング的対話を使ってお子さま… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

子どもの思考を深める対話。キーワードはモヤモヤ

こんにちは 若林かおりです。 近頃、我が家の長男くん(小4)は、気になって仕方ないことがあります。 それは、【地球温暖化】 学校の何かの授業で知ったそうです。 「どうしたら止められるの?」 「だって、オカシイじゃん。温暖化なのに何もしないなんて」 なんて、怒ったりしてる。 そして、 「まずさ、車を使わないようにしたらいいんだよ!」 「もう車つくらないでほしい!」 なんて言ったり。 私は、子ども達のこういう学びのシェアが大好き。 引き出してやろうとか 彼の学びにな

スキ
6

こんな仕事をしたくないから勉強する!…ではなくて

「将来のリーダーになるだろう子たちだからこそ、 エッセンシャルワークを体験した方のがいいのではないだろうか」 この言葉がずっと引っかかっていて、 先日、カチッ と、私(夢の木Lab.)の願いとつながりました。 少しいきさつを。 (4連休中 熊野古道を歩いてきました。エネルギーの高い場所でした^^) 10月から高校にキャリア教育を推進するものとして配属されます。 その研修が8月末にあり、そこで出た課題が 【配属先の学校に合う「職場体験先」を提案する】でした。 私は、

スキ
3

私たちが「学校の未来」を考える意味

こんにちは 夢の木Lab.若林かおりです。 もう、8月も今日で終わりという今日。 先日、娘の個人面談がありました。 先日って、もう、いつの話だよ… という感じですが…ww 個人面談と言えば、私は、5分程度で終わってしまうタイプ。 ↑↑こんな記事も書いてました しかし、今回は、私、時間いっぱいよく話しました! が、娘の話ではない。 学校教育についてww 娘が通う中学校は、教育委員会の管轄にありません。 ゆえに、コロナ休校の時は、いち早くZoomを使った双方向のオ

スキ
5

コロナについて、人の弱さについて対話する大切さ

こんにちは 夢の木Lab.若林かおりです。 『差別は許しません!』 『思いやりを!』 と、そんなあたりまえことを国が指針を出さねばならぬほどこの国の大人は意識の成長レベルが低いのか、と情けない気持ちもありつつも、 恐怖に心を支配されたときには、心の弱い私たちは、暴走しがち。 「思い出して! 優しい心を!」 と、目を覚まさせるのは必要なのかもしれません。 何の話かというと… 文部科学大臣からのメッセージのお話です。 正式な書類はこちらにあります↓ 世の中の動きを見て

スキ
5

助けてくれる人はちゃんといる。それは迷惑なんかじゃない

こんにちは 夢の木Lab.若林かおりです。 セミの鳴き声が減り、秋の気配がしてきました。 このまま秋に向かっていってほしいです… さてさて、なかなかnoteを書く時間が取れませんでしたが、今週はたまっている記事をたくさんアップしますよー! これは、お盆前のお話…… ***** 夢の木Lab.は、 『だれもが自分の夢を見つけ、その夢を叶えるチャレンジができる世界に。 そして、お互いの夢を応援し合う世界に。』 を理念に、 子どもたちの学ぶちからアップと、 その子が生ま

スキ
5

学校の宿題、いる? いらない?

こんにちは 夢の木Lab.若林かおりです。 今年は短い夏休み。 終業式の日、午後、息子(小4)のお友達が我が家に集まって、 夏休みの宿題をやっていました。 さっさと終わらせてめいっぱい遊ぶんですって^^ そんな彼らの姿に、宿題の持つ大変さというイメージをは逆に「夏休み」のワクワクを感じました。 しかしながら、宿題というのは教育を語られるうえで「本当に必要なの?」と言われるものの一つ。 今回は、その宿題についての新聞記事を読んで。 その新聞記事のタイトルは… 「学

スキ
5

「コントロール」を手放せ!失敗させる勇気を持て!

自分を含めての話ですが… 子どもたちを育てる私たちに必要な勇気は、 「失敗させる勇気」だと思うのです。 ***** 夢の木Lab.は、 『だれもが自分の夢を見つけ、その夢を叶えるチャレンジができる世界に。 そして、お互いの夢を応援し合う世界に。』 を理念に、 子どもたちの学ぶちからアップと、 その子が生まれ持ったギフトを磨き、輝かせるコンテンツを開発、提供しています。 子どもたちの幸せを願い、 子どもたちに、満たされた豊かな人生を生きるための「生きる力」を届けたい方に

スキ
3

学校という場所が育む「感度/センス」

こんにちは 夢の木Lab. 若林かおりです。 「52ヘルツのクジラたち(町田そのこ)」 を読みました。 以下、引用 52ヘルツのクジラとは―他の鯨が聞き取れない高い周波数で鳴く、世界で一頭だけのクジラ。 たくさんの仲間がいるはずなのに何も届かない、何も届けられない。そのため、世界で一番孤独だと言われている。 自分の人生を家族に搾取されてきた女性・貴瑚と、母に虐待され「ムシ」と呼ばれていた少年。孤独ゆえ愛を欲し、裏切られてきた彼らが出会い、新たな魂の物語が生まれる― 物

スキ
3

子どもの異能発掘! 一緒に夏の挑戦、しませんか?

こんにちは 夢の木Lab. 若林かおりです。 今日の今頃……本当ならば宮古島にいるはずだった私。 うぅ…青い海、青い空、満点の星空(満月近いからあまり見られないか)…… 今年の夏は、お預けです……。 私だけではなく、きっと皆さんも今年の夏は例年とは違いますね。 我が子たちも、夏休みはもうちょっと先。 皆さんのところはどうですか? そして、 夏の風物詩ともいえる「自由研究」や「作文」「絵画」などの夏休みの宿題も今年は自由。 自由なので、きっと小4の我が子はやる気など

スキ
4

塾の子どもたちに教えてもらっていること

んにちは 夢の木Lab.若林かおりです。 先日、もくもく自習室にて 「テストが悪く、追試があるので、その勉強をします」 と言ってくれた子がいます。 「次は何点にしたいの?」 と聞いてみたら、即答 「満点!」 そして、終わりには「完璧!」と笑顔を見せてくれました。 これぞ「学んでるー!!」 という感じではないですか! *もくもく自習室とは、「学ぶちから塾」のサービスのひとつ 子どもたちがオンラインで集まって、やることを決めて集中する時間です。 ***** 夢の木La

スキ
7

嬉しい報告♪ 子どもを伸ばすカギは…

こんにちは 夢の木Lab.若林かおりです。 夢の木Lab.では、家庭学習を習慣化する専門オンライン塾「学ぶちから塾」を運営しています。 参加の保護者さまから嬉しい連絡がありました。 小学生中学年の子。 1学期のまとめのテストで、算数国語、どちらも満点近くだったとのこと。 よく頑張ったねー!! と、心の中で叫びました^^ がんばったことが、結果として出るのは嬉しいことですね♪ 結果も嬉しい報告でしたが、 もっと嬉しかったのは、頑張り方の変化。 これまでのテストは、

スキ
7

定期テスト6日前。娘から衝撃の告白。

こんにちは 夢の木Lab.若林かおりです。 中学1年生の娘。 来週は初の定期テストです(9教科!) 絶対いい点数取りたい! と言っている割に、ダラダラ勉強しているので、大丈夫かな~? と思っていましたが…… 全然大丈夫じゃありませんでしたww 「英語、全然わかんない」と娘。 「中1くらいなら教えてあげられるよー」と、昨晩娘の勉強を見てみたら、本当にできていないww (ThatもThisも、Thoseとかmineとかもうめちゃくちゃww かなりの混乱具合!) テスト

スキ
2

ビジョンはある。問題はそこになぜ行けないか。

こんにちは 夢の木Lab.若林かおりです。 おとなの探究ゼミ開催中につき、探究で忙しくて忙しくてnoteが書けません!! なーんて言いながら、今日は、桃パフェを食べてきましたよ。(ひとりで!) 頭を使って疲れたのでww 美味しいものを食べて、いっぱい満たされたので、note書きます。 さてさて、今回の探究 「学校の未来を描こう!」というテーマ。 https://peraichi.com/landing_pages/view/gakkoumiraizemi これは、

スキ
7

学校の勉強は役に立たない?

こんにちは 夢の木Lab.若林かおりです。 先日見たインターネットニュースで、とある小学生かな? 教育委員会(?)に提言だったか質問をしていたんです。 (いろいろうろ覚えで申し訳ない…) そのいくつかの中のひとつが、 「なぜ、今このコロナがあるのに、それを絡めて授業をしないんですか」 という質問がありました。 なるほどなーと思いました。 今、まさに政治というリアルなものを学べるときであり、 今、まさにウイルスとは何なのかという理科を学べるときであり、 今、情報(そ

スキ
7