新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

建設事業者向け業務効率化セミナー 開催

ConTech  LAB

はじめに

建設業界のデジタル化とオープンイノベーションを推進するコミュニティ「ConTech LAB」は、2022年7月12日、建築現場で活用できるデジタルソリューションと題しました建設DXに関するオンラインイベントを開催しました。

新型コロナウイルスの感染拡大により、様々な業界のDX化が進んでいます。建設業界も例外ではなく、デジタル化の急速な発展に伴い、業界構造や仕組みが変化しつつあります。

今回は、建築現場で活用できるDXツールについてどのようなサービスがあるのか、サービス導入のコツは何か、などについて登壇者の皆様よりご紹介いただきました。

イベント概要

0712イベントアイキャッチ_v2

日時:2022年7月12日(火) 13:00開始 15:00終了
場所:オンライン(Zoomにて開催)

12:45 開場
13:00 イベント案内
13:05 開会挨拶
13:15 取組み紹介① 株式会社助太刀
13:30 取組み紹介② 株式会社エス・ビルドシステム
13:45 取組み紹介③ 株式会社フォトラクション
14:00 取組み紹介④ 株式会社エー・エス・ディ
14:30 ソリューションQ&A「建設DX導入のコツと効果」
15:00 終了

<開会挨拶>
・角田 瞳
 ▷ConTechLAB事務局/ 株式会社桐井製作所 東京支店 イノベーショングループ 
<パネリスト>
・藤原 宏充
 ▷株式会社助太刀 オフラインマーケチーム セミナー担当
・今津 裕司
 ▷株式会社エス・ビルドシステム 営業部 部長
・宮藤 仁志
 ▷株式会社フォトラクション ビジネス推進部 セールスチーム リーダー
・内山 岳彦
 ▷株式会社エー・エス・ディー 代表取締役
<モデレーター>
・山下 幹晴

 ▷ConTech LAB 事務局/ 株式会社桐井製作所 東京支店 東京第二営業所 主任

ConTechLABからのご挨拶

スクリーンショット 2022-07-12 13.03.36

まずは、ConTechLAB 運営メンバー 株式会社桐井製作所 角田 瞳 氏 より、ラボの取り組み及び桐井製作所ついてご紹介をいたしました。

建設DXに取り組み4社からの事業紹介

登壇企業① 【株式会社助太刀】

スクリーンショット 2022-07-12 13.20.31

登壇セッション冒頭には、株式会社助太刀より藤原氏に建設業におけるマッチングサービス「助太刀」についてご紹介いただきました。現場で抱えられる課題に対して、助太刀にはどのような強みがあり、また導入に向けて実際の事例なども取り上げていただきました。

登壇企業② 【株式会社エス・ビルドシステム】

スクリーンショット 2022-07-12 13.26.41

続いて、株式会社エス・ビルドシステムの今津氏より積算ソフト「建築の電卓」についてご説明頂きました。実際の操作画面を用いた使用感の紹介により、参加者の方から導入に向けてイメージが掴みやすいとのお声がございました。

登壇企業③ 【株式会社フォトラクション】

スクリーンショット 2022-07-12 13.41.38

続いて、株式会社フォトラクションの宮藤仁志氏より、図面や写真など建設現場で使われる情報を一元管理できるクラウドサービス「photoruction」のご紹介をいただきました。
サービス概要だけでなく、その場にて写真アップロードをデモンストレーションいただき、便利な操作性を体感することができました。

登壇企業④ 【株式会社エー・エス・ディー】

スクリーンショット 2022-07-12 13.57.20

登壇セッションの締めは株式会社エー・エス・ディーの内山氏より、「目視録」「点検録」を含む複数のサービスについてご紹介いただきました。
現場で活用できるサービス紹介だけでなく、経営に関する支援サービスのご説明もいただき、経営者の皆様にとって一層魅力的なお話となりました。

ソリューションQ&A「建設DX導入のコツと効果」

スクリーンショット 2022-07-12 14.59.12

最後に、登壇頂いた皆様に加えて、ContechLABメンバー 山下幹晴氏がモデレーターとして加わり、「建設DX導入のコツと効果」についてソリューションQ&Aを実施しました。

30分ほどのセクションでしたが、各社サービス導入にあたっての障壁や、実際の導入事例に関してどのような意見が届いているのかなど、4社の皆様のご意見を伺うことができました。

また、参加者からのチャットを通した質問として頂いた、導入にあたっての費用感についても皆様よりご回答いただくことができ、サービスの導入に向けて一歩近づいたのではないでしょうか。

終了後には、個別にお問合せも頂いており、複数のプロジェクトが立ち上がり始めています。今後も建設DXを切り口に様々なテーマ、エリアでイベントを開催します。登壇やコラボレーションをご希望の方はお気軽にお問合せください。

終わりに

今後もオンラインイベントの開催を通じて、建設業界のデジタル化・オープンイノベーションに関心のある方向けのネットワーキングを実施します。近日詳細を発表しますので、ConTech LABのウェブサイトか公式SNSアカウントをご覧頂けますと幸いです。さらに、国内外の建設テック動向の調査、とりまとめや、建設関連事業者とスタートアップの協業支援、マッチングも実施していきます。

ConTech LABとは
ConTech LABは、株式会社桐井製作所が運営する建設業界のデジタル化とオープンイノベーションをサポートするプラットフォームです。「建設業界のイノベーションに関わる人々のエコシステムを創る」をミッションに掲げ、定期的なMeetupイベントの開催や業界の業務効率化、建設事業者とスタートアップの協業支援など幅広く実施します。

桐井製作所とは
1964年会社設立。建築用金属製品の製造販売会社。内装建材のメーカー、商社としての機能をもち、顧客数は全国で5,000社を超える。
建物の天井、壁など内装仕上げに使用されている鋼製下地材で国内約40%のシェアをもつ業界トップ企業。
2005年の8・16宮城地震を機に耐震天井の研究開発を本格化させ、それまで認識されていなかった天井の耐震化という概念をつくり出して設計提案などを手がける一方、地方自治体や民間デベロッパーなどの施主に対して天井の耐震化の助言を行う。
耐震天井の施工品質向上のため日本耐震天井施工協同組合の創設にも協力し、メーカー、施工業者、設計者が一体となった耐震天井の導入、普及活動に注力している。

ConTech LAB WEBサイト・SNS一覧
ConTeach LAB WEBサイト
https://www.contechlab.jp/  

Facebook
https://www.facebook.com/ConTechLAB2020

Twitter
https://twitter.com/ConTechLAB2020

Instagram
https://www.instagram.com/contechlab2020

メール(担当:ConTech LAB 下尾)
info@contechlab.jp

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ConTech  LAB
建設業界のデジタル化とオープンイノベーションをサポートする、日本初の建設テックコミュニティです。 The first ConTech community in Japan to accelerate innovation and digital transformation.