見出し画像

立春に朝から3回も夫婦喧嘩した話

我が家は夫婦になってから干支が一回り以上しているわけなのですが…!!12年間ずっと、割といつも同じネタで喧嘩している気がする笑 いい加減、成長しないものなのだろうか。。。先日も、立春に朝から3回も夫婦喧嘩を繰り広げた。

「もっと家庭に向き合って!!」と私が叫び、「やってるがな!!音楽時間削ってまで家事育児しとるわ!!」と夫が反論し、「ちゃうねん!!何で音楽と家事育児が二項対立になるの??そうやって音楽時間奪ってる悪者扱いされるの悲しい。。。ぴえん。。。」と私が泣きじゃくったと思ったら、更に続けて逆ギレし出すのが私である。

「というか、その発想をいい加減に捨てられないの?音楽と家庭、両取りしたらいいじゃん。別に私は家事育児の分量増やせとか言いたいんじゃないの。ただ、自分ごととして向き合って欲しいの。“小夏が怒るから”、って、私の顔色伺いながら家事育児やられても嬉しくないのー!!こうやって不毛な夫婦喧嘩が始まっても、いいことないじゃん。そしたら、結局、音楽時間も削られるだけでしょ?自分のために、自分ごととして、“主体的に”家事育児と向き合って欲しいの。それができたら、結果として音楽時間だって増えるはずなのに!!」

と、マシンガンの如く、言葉の銃弾を夫に浴びせかけるのである。ちーん。。。

我ながらもう少し可愛く、テヘペロ♪って言えないものなのか…どうして優しく伝えられないのか…と、海よりも深く反省しているのだけど…、そして昔より頻度は減っているのだけど!!でもやっぱり!!銃弾を夫に喰らわせないと気が済まない時があるのだ。

いや、私の方が「思い立ったら即行動!」みたいな性格で、どんどん動きながら考える派なのに対し、夫は「ある程度、考えてから動く派」なので、夫が主体的に動く前に、私が先に動いていることの方が多いのは仕方ない。それは性格の違いである。だから、私が動き出したことを、「続きはよろしく!」ってバトンタッチしたり、やりきれない部分を助けてもらったり、で、ある程度、我が家はまぁまぁ回ってはいる。

だが、しかし!!音楽になると、夫は自ら動くのだ。時短勤務になって本気で夫が音楽をやり始めた今日この頃、びっくりするくらい夫が主体的にどんどん動いていて、私は驚きが隠せずにいる。そりゃ、彼が本気でやりたいことだし、彼が動かないと全ての音楽プロジェクトは始まらないのだから、先に動き始める私がいる家庭とは比較しても意味がない。そんなことは、私だって、わかっている。わかっているんだけど…!!「なんだよ!!自分ごと=音楽なら主体的に動くじゃないか!!」と、その動きを、家庭に対してやってくれないのを、ふとした瞬間に、切なく感じてしまったのである。もうさ、音楽に嫉妬して、しょぼん…となっている私、可愛い過ぎん?笑

で!!実はこれ、夫に対する私の嫉妬でもあるのだよね。それだけ夢中になれるものがある夫が羨ましいという、未熟な私の嫉妬が紛れ込んでいる。ここに関しては、絵を描き始めてから、かなり、吹っ切れているんだけど、それでもさ、私がもっと稼いでたら、夫の仕事時間をもう少し減らせてあげられる(=音楽時間が増える)のに、まだまだそこまで、到達できていない自分自身への歯痒さとか、自己嫌悪と共に、夫への嫉妬が大きく膨れ上がって、ギャーっと八つ当たりしてしまう瞬間があるのだ。こんなもん、自分ももっと夢中で絵を描いたらいいだけなんだよ!!自分で解決せいや!!と言う話である。こんな夫婦喧嘩を12年間いつも繰り返している。

そのせいか?どうやら、夫は「音楽やると小夏に邪魔される」という謎の思い込みに囚われていて過剰反応してしまうらしい。その呪縛を上手く解けなくて、私もギャーギャー言ってしまって、その思い込みを強めてしまっている。なんて、悪循環なんだ!!これは、確かに私が悪い。私がギャーギャー言うから、夫が「小夏に怒られる」って萎縮するわけだし、私ももっと優しく言えたらいい。そう思って、試行錯誤を繰り返した結果、ギャーギャー言う頻度は12年前より65%くらいは減っている(はず)。でも、やっぱり夫の「音楽やり始めると小夏が邪魔する」と言う謎の思い込みが消えないようである。

でもさ!!夫の音楽の邪魔しようとしたのなんて、人生の中でたったの2回だよ?しかも、ライブイベントとかじゃなくて、会社の忘年会だよ?つまりは飲み会だよ?私が人生で一番しんどかった時と、熱出しながら1歳の娘を見ていた時の2回、今日は側にいて欲しいって訴えただけなのに!!(もちろん、夫は振り切って忘年会行ったから、正確には邪魔してない笑)

と言いたいところだけど、、、そのたった2回でも夫にとっては「自分のステージを邪魔された」と強烈に印象を残すくらい、彼にとってライブは聖域なのだろう。そこまで情熱を傾けるものがあるのは、もはや称賛に値する。だったら、邪魔しないで済む状態を作ればいいだけじゃないか!!

今までだって、「いやいや、そんなに音楽やりたいなら、忘年会でお茶を濁してないで、ちゃんと本気で音楽やる仲間とバンドでもしたら?」と提案&会場探しして、ビルボードで結婚披露宴ライブパーティー開いたり、とか、私はちゃんとしてきているのである。邪魔するどころか、むしろ、音楽をめっちゃ応援してるのだ。今回も何かしら、良い方向へ向かう案があるはず!!

そして、我が家の夫婦喧嘩では、どちらかが一方的に悪いってことは絶対にないのだ。嫉妬の気持ちを差し引いて、そのエネルギーを私が自分の制作に向けても、それでもやっぱり!!もう少しだけでいいから、「音楽やりたい!」って気持ちと同じ熱量で、家庭に対して何か行動してくれたら、嬉しいなーと、思うのだ。そしたらさ、私がギャーギャー言って不毛な夫婦喧嘩する時間が減る分、夫の音楽時間も間違いなく増えるはずだし、みんなハッピーになるはずなのだ、たぶん!

と言うわけで、「あなたが音楽をやればやるほど家族がハッピーになる状態を目指したらいんじゃない?」と理想の姿(どうやって達成するのまだわからんけど笑)を提案しつつ、「そんなに音楽やりたいなら1週間くらい仕事休んで一人音楽合宿してきたら?それくらい、私たち別に平気だよ?」と娘と共に、1週間くらい家を空けていいよーと、現状の打開策を見出したりしている私(と娘)、なのであった。こうして、ちょっとずつ、二人とも変化しながら私たち夫婦は12年間、どうにかこうにか、共に生きている。

(余談だけど、最近は9歳の娘が夫婦喧嘩を良い方向へ収束させる舵を、一緒に取ってくれてる。そして、それは自分が結婚した時のための練習らしい笑)

そんなこんなで!!こんな葛藤の中、生まれた夫のミニアルバム、是非ともみなさん聴いてくださいねー!!

この記事が面白かった!という方はitunesからこちらのアルバムを投げ銭購入して頂けたら、泣いて喜びます♪


この記事が参加している募集

この経験に学べ

3-5年後に家族で世界に飛び出します、たぶん◎